DASH(ダッシュ)価格の高騰の理由とは!中国の取引所Huobiに上場により急騰!

▼【国内トップクラス!】低リスクで安定的に資産を増やしたい方におすすめ!全自動で世界水準の資産運用を実現するロボアドバイザー!

【登録無料!】Wealthnavi(ウェルスナビ)

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】bitbank(ビットバンク ) 高セキュリティの仮想通貨取引所だから安心!

▼【登録無料】土日・即日入金したいなら住信SBIネット銀行に登録しましょう!

住信SBIネット銀行の申込はこちら!

 

ダッシュ(DASH)価格の高騰の理由とは!

ビットコイン・ビットコインキャッシュの話題で持ち切りだった仮想通貨市場ですが、今度は仮想通貨(暗号通貨)である、DASH(ダッシュ)が、中国取引所Huobiに上場したことを理由に、価格を3万円台から5万円台まで価格を高騰させています。

今回は、ダッシュの高騰要因の詳細などを詳しく解説していきますので、ぜひ参考にして見てください!

時間がなく全文の記事が読めないけどDASH(ダッシュ)を今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所で、一番手数料が安い「Coincheck(コインチェック)」で購入しましょう!(オススメ!)

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト

DASH(ダッシュ)とは

 

DASH(ダッシュ)は2015年3月に「Darkcoin(ダークコイン)から「DASH(ダッシュ)」という名称に変更された「匿名性の高いトランザクション形式」を採用した仮想通貨で、以下の特徴があります。

  • 「プライバシー保護」
  • 「セキュリティ」
  • 「リアルタイム取引」
  • 「ほぼゼロに近い手数料で送金できる」

①匿名性の高いトランザクション形式とは?

ダッシュの特徴は、CoinJoin(コインジョイン)という「取引のプール」の考えを利用し、Darksend(ダークセンド)と呼ばれる匿名性の高いトランザクション形式(コインミキシング)を採用しており、第三者に追跡される恐れのない仮想通貨です!

例えば、

  1. A→Bに5DRK
  2. A→Cに5DRK
  3. D→Eに5DRK

という取引があった場合、送信された15DRKは、いったんプールFに貯められ、B,C,D,Eに5DRKがそれぞれ送信されます。

上記の形式を利用すると、ブロックチェーンを参照しても送信元がどこなのか不明瞭になり、匿名性を高めらるため、ビットコインは取引が公開されますが、「ダッシュは送金の追跡が不可能」となります。

②セキュリティの高さ

セキュリティにも優れており、「X11」と呼ばれる11種類のハッシュ関数(blake,bmw,groestl,jh,keccak,skein,luffa,cubehash,shavite,simd,echo)を組み合わせたハッシュアルゴリズムを採用しており、複数のハッシュ関数を利用することでセキュリティ的にも優れており、消費電力も少なく抑えられます。

③決済のスピードの速さ

決済においては、ダッシュの改名の理由となった「instantX」と呼ばれる決済手段を利用しており、ビットコインの10倍の速さで取引を承認が完了するため、その作業時間は約4秒と言われています。そのため、今まで導入が難しかった店舗決済・入金が可能になっています。

※ダークセンド・・・ビットコイン用にグレゴリー・マクスウェル(GregoryMaxwell氏が開発したコインジョイン(CoinJoin)という取引の方法をもとに作られています。

DASH(ダッシュ)の概要

名称:DASH(旧Darkcoin)、通貨単位は「DASH」
開始:2015年3月
供給量の上限: 2200万枚
アルゴリズム:Proo fo fwork

DASH(ダッシュ)の高騰理由とは?

今回のDASH(ダッシュ)の高騰要因は、中国の大手取引所Huobiに上場をツイッターで発表したことがきっかけになっています。現在国内取引所では、コインチェックのみが取扱いしていますが、今後のWirexとSBIホールディングスの間の戦略的パートナーシップにより、日本での取扱いが増えることが期待されます。

https://twitter.com/HUOBI_Pro/status/928444894753931264

DASH(ダッシュ)の今後の将来性

先程も述べましたが、今後のWirexとSBIホールディングスの間の戦略的パートナーシップにより、日本での取扱いが増えることが期待されいるため、コインチェックだけでなく、ビットフライヤー、ザイフなどが取扱いする可能性もあるでしょう。

世界的にも、日本の仮想通貨取引量はトップであるため、国内取引所の取扱いが増えれば価格は高騰するでしょう。

DASH(ダッシュ)を購入するならコインチェック!

[top_exchange]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう