【仮想通貨】最も安くリップル(XRP)を購入できるおすすめ国内取引所・手数料比較ランキング/2018年2月更新

リップル(Ripple/XRP)とは?

▼【国内トップクラス!】低リスクで安定的に資産を増やしたい方におすすめ!全自動で世界水準の資産運用を実現するロボアドバイザー!

【登録無料!】Wealthnavi(ウェルスナビ)

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】bitbank(ビットバンク ) 高セキュリティの仮想通貨取引所だから安心!

▼【登録無料】土日・即日入金したいなら住信SBIネット銀行に登録しましょう!

住信SBIネット銀行の申込はこちら!

 

日本国内で最も安くリップル(XRP)を購入できるおすすめ取引所一覧

2017年、1年間で300倍以上高騰したリップルコイン(XRPは、世界で唯一の、法人向け国際送金ブロックチェーンネットワークで、通貨名称はリップル(XRP)と呼ばれています。ビットコインの致命的な問題であるスケーラビリティ・消費電力などの問題を解決し、ビットコインでは平均10分かかっていた決済・送金をリップルでは安い手数料で数秒で行うことで可能です!

リップル(Ripple)はグーグルが投資したことで有名ですが、その他Andreessen Horowitz, FF Angel IV, Lightspeed Venture Partners, Vast Ventures, Bitcoin Opportunity Fund, Fortress Investement co.など有名な投資会社も数多く出資している通貨です!

今回は、リップル(XRP)を購入するのにおすすめな取引所をご紹介いたします!

※時間がなく全文の記事が読めないけどリップルを今すぐ買いたい!という方は、「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト

リップル(XRP)国内取引所おすすめランキング【手数料比較】

現在、国内取引所でリップル(XRP)を取り扱いしている取引所は「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」「DMM bitcoin」「BitTrade」「QUOINEX」「Coincheck」など6社があります。

リップル(XRP)の取引(売買)手数料が安いGMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」の2社がおすすめ!

リップル(XRP)取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所取引(売買)手数料特徴公式
GMOコイン無料【GMOインターネット(東証一部上場)グループだから安心】レバレッジ取引5倍/全取り扱い通貨5種類!公式サイト
ビットバンク無料リップル含む全6種類/コールドウォレット・マルチシグ対応だからセキュリティ安心!公式サイト
DMM bitcoin (レバレッジ取引:建玉金額の0.04% / 日 ) リップル、ネムなどのレバレッジ取引5倍可能!F公式サイト
4位BitTrade 0.25%~0.45% 安心の国内MT4取扱業者/全取り扱い通貨5種類!公式サイト
5位QUOINEX0.25% 通貨ペア数14種類!人気の通貨ペアからマイナーな通貨ペア豊富!公式サイト
6位Coincheck 無料 日本No1仮想通貨取引所/全13種類取り扱い通貨/現在取引停止中 公式サイト

また、リップル(XRP)のレバレッジ取引(FX)をしたい方は、国内で唯一レバレッジ取引(最大5倍)が可能なDMM bitcoinに登録しましょう!

また、リップルを取引するには「販売所」と「取引所」の2種類があります。基本的に取引所を利用した方が安く購入できるため取引所を利用することをおすすめします!

販売所と取引所の違いとは

リップル(XRP)のスプレッドが小さい取引所

仮想通貨取引の「スプレッド」とは、買値(ASK)と売値(BID)の「価格差」のことですが、こちらは実質手数料と同じ扱いになります!こちらが最も小さいということは、リップル取引量が多く利益が出しやすくなります。

リップル(XRP)のスプレッドが小さいのは現在GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」の2社です!(こちらも複数登録しておきましょう

取引所参考スプレッド特徴公式
GMOコイン8円【GMOインターネット(東証一部上場)グループだから安心】レバレッジ取引5倍/全取り扱い通貨5種類!公式サイト
ビットバンク0.4円リップル含む全6種類/コールドウォレット・マルチシグ対応だからセキュリティ安心!公式サイト
DMM bitcoin 12円 リップル、ネムなどのレバレッジ取引5倍可能!(FXのみ)公式サイト
BitTrade 10円 安心の国内MT4取扱業者/全取り扱い通貨5種類!公式サイト
QUOINEX1円 【取引量なし】通貨ペア数14種類!人気の通貨ペアからマイナーな通貨ペア豊富!公式サイト
Coincheck6円 日本No1仮想通貨取引所/全13種類取り扱い通貨/現在取引停止中 公式サイト

リップル(XRP)を購入するのに安全な取引所

安全性の高い仮想通貨取引所を選ぶ時は以下の3つの点が重要です。特にコールドウォレット対応は必須です。

  • コールドウォレット:オフラインで仮想通貨を保管(ハッキングのリスクなし)
  • マルチシグ:送金可能条件を複雑化(ハッキングを困難にする)
  • 二段階承認:取引時・ログインパスワード必要(ログインセキュリティ強化)

現在セキュリティが高く安全だ取引所は、東証一部上場グループ「GMOコイン」や「ビットバンク(Bitbank)」、またDMM bitcoin」でしょう。

取引所コールドウォレットマルチシグ二段階認証公式
GMOコイン公式サイト
ビットバンク公式サイト
DMM bitcoin-公式サイト
BitTrade公式サイト
QUOINEX公式サイト
Coincheck◯(ビットコインのみ)◯(ビットコインのみ) 公式サイト

コールドウォレット(オフライン保存)

コールドウォレットとはインターネットと完全に切り離されたウォレットのことを指し、一般的にオフライン環境であってもスマートフォンやPCに秘密鍵を置いたものをコールドウォレットと呼ぶことはありません。

コールドウォレットを利用することで、ユーザーはバックドアなどの不正アクセスによって仮想通貨が盗まれることがなりハッキング対策として有効な手段です。

マルチシグ(マルチ・シグネチャ)

内部による不正を防止するため、「コールドストレージ」管理の内部統制を行なっております。「コールドストレージ」からの仮想通貨の送付には、技術的に複数部署の承認を必要とすることで、一部担当者の不正により秘密鍵が盗難されるリスクを防止する体制を整備しています。

二段階認証

二段階認証とはID/パスワードなどの確認に追加して、さらにセキュリティコードによる確認を行うことで、より安全にログインするための仕組みです。

通常アカウントの保護に使用されるセキュリティは 1 段階、つまりパスワードのみです。しかし、2 段階認証プロセスでは、パスワードが盗まれても、アカウントにアクセスするにはさらに携帯電話やセキュリティ キーが必要になります。主にログイン時などに利用されます。

リップル取引所で金融庁に許可されている安全な取引所

仮想通貨交換業とは、「仮想通貨と法定通貨または仮想通貨同士の交換(交換の媒介、取次等を含みます。)」や「交換に際して利用者の金銭・仮想通貨を管理する業務」を言いますが、金融庁・財務局の登録(認可・許可)を受けた事業者のみが、国内で仮想通貨交換業を行うことができる仕組みになっています。

取引所金融庁認可・許可(みなし業者は△)公式
GMOコイン公式サイト
ビットバンク公式サイト
DMM bitcoin公式サイト
BitTrade公式サイト
QUOINEX公式サイト
Coincheck 公式サイト

リップル(XRP)を購入できる海外取引所【手数料比較】

2017年12月時点で、全世界で50の海外取引所でリップルが購入できるようになりました。現在最も多く取引されてる取引所は中国最大の取引所である「Binance(バイナンス)」です。

以下は、リップル公式サイトなどで掲載されてる主要な海外取引所になります。

リップル海外取引所主要一覧

海外取引所取引(売買)手数料)特徴
Binance0.1~0.05%2017年7月に開設された中国の仮想通貨取引所です。日本語対応も開始しており、取引量も世界1位、取扱通貨も100種類以上と急成長してる仮想通貨取引所です!
 Poloniex0.1%poloniex(ポロニエックス)は、米国仮想通貨取引所。2014年1月に設立され、世界最大級の取引所である。
Bitstamp0.1%~0.25% ビットスタンプ(Bitstamp)は、、2011年設立のイギリス・欧州最大手の取引所。
Kraken0.00%2011年にサンフランシスコで創業したKrakenは出来高と流動性で世界一のユーロ市場を始め、カナダドル、米ドル、イギリスポンド、日本円で取引が可能なビットコイン取引所
Bittrex0.25%Bittrexは、世界最大取引所の1つ。アルトコイン取扱い銘柄数が多い。
HitBTC0.1%HitBTCはイギリス取引所でICO直後の仮想通貨取り扱いも多く現在500種類あります。取引量も世界10位につけています。
Bitfinex0.00%~0.2%Bitfinex(ビットフィネックス)は香港に拠点を持つドル建てビットコイン取引量世界一を誇る仮想通貨取引所。
HuobiPro0.2% SBIと提携を結んだ中国・香港・シンガポールに事業を展開する取引所。日本上陸予定。
OKEX -0.025%~0.075% 中国北京に拠点をおく中国三大取引所の1つ。
Bitso0.25%メキシコに事業を展開する取引所
Exmo0.2% ウクライナで事業を展開する取引所
Cexio0.00%~0.25%CEX.IOは、ロンドンの仮想通貨取引所ユーザー数は100万人以上
BTCMarkets 0.22%オーストラリアで事業を展開する取引所
Gateio- ベトナムで事業を展開する取引所
Abucoins0.00%~0.1% ポーランドで事業を展開する取引所

 

リップル(XRP)が安く購入できるおすすめ海外取引所ランキング

リップル(XRP)を取り扱う仮想通貨取引所、全世界で50以上まで拡大

スマートフォンアプリ対応国内取引所

忙しい方ならスマホアプリを利用して、空いた時間に取引したいと思いますよね。Coincheck」なら空いた時間で取引可能です。しかし、それ以外の取引所でスマホアプリで現物取引可能なのはQUOINEX」のみとなっています。

【リップル】IOS/Androidスマホアプリ対応取引所

取引所IOSAndroid
GMOコイン
ビットバンク
DMM bitcoin ◯
BitTrade
QUOINEX
Coincheck

リップル(XRP)を安く、安全に購入するならGMOコイン・Bitbank

手数料・スプレッド・安全性などを考慮すると「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」の2社が圧倒的におすすめです。ただし、仮想通貨取引所は常に盗難などのリスクが伴い、トラブルが発生することもあるため複数取引所に登録して、資産を分散させておくことをおすすめします!

リップルとは

リップル(Ripple)の特徴は以下のようなものがあります。

  • 国際送金が圧倒的に早い
  • スケーラビリティ
  • 安定性
  • 独自コンセンサス・アルゴリズムを採用

①国際送金が圧倒的に早い

ビットコイン、イーサリアムなどの場合、送金・決済にかかる時間は、ビットコインは最低10分、イーサリアムは2.5分です。しかし、リップルを利用すれば、送金など4秒で完了することができます。その上、送金手数料なども安く抑えることが可能です。

②スケーラビリティ

リップル(XRP)の1秒あたりのトランザクションは1500回です。その上、この処理を最大毎秒50,000回までスケールアップすることが可能です。これは、毎秒15回イーサリアム、毎秒3~6回のビットコインと比較しても圧倒的な数字になっています。

③運用の安定性

これはリップルの最大のメリットですが、リップルは他の仮想通貨とはことなり、リップル社が雇った世界トップクラスのエンジニアチームによって維持管理されています。その為システムは少しのエネルギー消費で動作し、創業以来、大きな問題もなく運用されています。

独自コンセンサス・アルゴリズムを採用

リップルでは、二重支払い防止のためPOW (Proof-of-Work)ではなく、独自のに開発したコンセンサス・アルゴリズムを採用しています。そのため、ビットコインの問題となっていたスケーラビリティ・手数料・消費電力などの問題を解決しています。

また、ビットコインなどと比較して高速決済が可能であり、現在のところセキュリティホールは発見されていませんRipple は、ビットコインのようにドルや円といった法定通貨に取って代わる電子マネーを生み出すことを目的とせず、リップルネットワーク上で金融機関が発行する『イシュアンス』と呼ばれる電子的な手形を交換することで国際送金を実現します。

通貨コード(シンボル)Ripple(XRP)
発行開始2004年
承認アルゴリズムRipple Ledger Consensus
発行上限100,000,000,000 XRP
現在の流通量10,066,908,392 TRX
ブロック認証サイクル
公式サイト公式サイトリンク
ソースコードhttps://github.com/ripple
ホワイトペーパーホワイトペーパー
ブロックチェーンExplorerブロックチェーンサイト
公式フォーラムフォーラム

XRP(リップル/エックスアールピー)とは

XRPはリップル・ネットワークのネイティブな通貨。XRPはドルやユーロとは違い、リップル内にのみ存在するデジタル通貨です。現在、1000億XRPがリップル・レジャー内にプログラムされており、リップル・プロトコルのルールでそれ以上は発行されることはありません。

リップル内の他の全ての通貨は残高として存在しており、これはゲートウェイ(法定通貨を仮想通貨であるリップルに交換するための取引所)の負債となります。

ゲートウェイの主な役割はIOUを発行することにあります。

なぜならXRPは負債ではなく資産であるため、ユーザーは第三者のカウンターパーティーリスクを負うことを承諾することなく、法定通貨(円・ドル)を送金する代わりにXRPで価値の交換を行うことが可能になります。

ゲートウェイ(取引所)

ゲートウェイは、法定通貨を仮想通貨であるリップルに交換するための取引所のことです。顧客から通貨の預金を引き受け、代わりにRippleネットワークの残高を発行するビジネスあり、銀行と同じような仕組みで動いています。

Rippleネットワーク上でXRP以外の通貨による残高を保有するにはゲートウェイに接続する必要があり、これを「トラストラインの確立」と呼びます。XRPには発行者が存在しないため、XRPの残高の場合はゲートウェイに接続する必要はありません。

IOU

IOUはゲートウェイが顧客から引き受けた預金に対して発行される借用証書です。語源は英語のI owe you(私はあなたに貸りがある)。

ゲートウェイからユーザーに発行されるIOUの残高は、基本的に顧客から引き受けた預金の残高に基づきます。

リップルのユーザー同士は、ゲートウェイから発行されたIOUで支払いを行うことが可能です。

この場合に必要なのは、IOUを保持するために支払いを行うユーザーが互いに共通のゲートウェイをトラストすることだけで、直接お互いを信頼する必要はありません。また、Gold Bullion Internationalが発行するXAUのように、IOUは通貨以外の資産の価値記録にも利用することができます。

スパム・不正からネットワークを保護する機能

Rippleネットワークはアカウントの共有帳簿を基本としているため、悪意のある攻撃者がネットワークを過負荷状態にしようと、「帳簿スパム」(つまり、偽のアカウント)や取引スパム(すなわち偽の取引)を大量に作成するかもしれません。これが原因で帳簿の管理が不能となり、迅速な合法的取引を決済するネットワークの能力が妨げられる可能性があります。

不正入力からネットワークを守るために、各アカウントは帳簿入力を作成するXRPの少額準備金を要求されます。

この準備金は、現在50 XRP(5,000円以上)の額になり。潜在的攻撃者がネットワークへ「スパム」攻撃を仕掛けるために不正な大量のアカウントを集めることを防止します。
各取引を処理する過程で、 0.00001 XRPが破棄されることになりますが、この取引手数料はユーザーにとっては少額ですが、スパム攻撃時の場合。ネットワークに高負荷がかかっている場合、この手数料は急上昇する仕組みをとっています。

この設計は、不正を迅速に破綻させ、円滑なネットワーク機能を維持することにあります。Rippleネットワークを攻撃すると、すぐに高い代償を払うことになりますが、正規ユーザーにとっては経済的で「無手数料」のまま利用できます。

ブリッジ通貨機能

XRPは、特定のタイミングで2通貨間の直接的な取引がない場合(例えば2つのマイナーな通貨ペアによる取引の際)に、ブリッジ通貨として機能します。ブリッジ通貨とは「通貨間の橋渡しとなる通貨」のことです。世界中に通貨数が100種類あれば、通貨ペアは4,950種類まで及び管理が大変になってしまいます。

リップル・ネットワーク内での両替において、XRPは他の通貨と自由に交換することができその市場価格はドル、ユーロ、円などの価格で変動します。

手数料も安くなる(ブリッジ通貨の場合)

 

また、他の通貨と異なるのは、XRPによる取引は銀行口座を必要とせずサービス手数料もかからないというメリットもあります。取引先のリスクもなく、運用コストが増えることもありません。

リップルの設計の焦点は、代替通貨としてのXRPに重点を置くことではなく、両替と分散型即時グロス決済です。

リップル社は、2015年4月にオートブリッジと呼ばれる新しい機能をリップルしたことで、マイナーな通貨ペアの取引を、より簡単に行うことが可能になり、このネットワークがFX(外国為替取引)に良い影響をもたらすことが期待されています

オートブリッジとは

オートブリッジは、流動性と生来のブリッジ通貨としてのXRPの利用促進を容易にするために、XRPを介して複数のオーダーブックの橋渡しを行います。
例えば 1JPY=1XRP と 0.01USD=1XRP の注文が同時に出された場合、オートブリッジは2つのオーダーブックを合成し、1JPY=0.01USD の取引を可能にします。

これによってリップルでは様々な通貨ペアの取引が可能になり、リップルは更にオファーオートブリッジという機能により、IOUを直接掛け合わせたオーダーブックとオートブリッジにより生成されたオーダーブックを合成して、一つのオーダーブックを生成する。

リップリング

リップリングは、複数のゲートウェイをトラストして同じ単位のIOU(例えばビットフライヤーとコインチェック)を保持している場合に、片方のIOUが他方のIOUに自動的に置き換わることを許可する機能機能です。リップリングをONにしたIOUは、同じ単位の他のIOUに自動的に交換される可能性があります。

エスクロー

エスクロ−とは、互いに信用できない2者間で取引が行われた時、取引の橋渡しを行う仲介人のことです。リップル・レジャーでは、一定の期間が経過した後、または暗号化条件が満たされた後にのみ実行できる保留支払い・エスクローをサポートしています。また、エスクローは時間内に終了しない場合、キャンセルできたり、正常に完了するまではXRPは破棄・使用することもできません。

Freeze機能(凍結機能)

リップル・レジャーでは、疑わしい活動を調査する際に 非XRP残高を凍結する機能を提供しています。フリーズに関連する3つの設定があります。

  • Individual Freeze(個々の凍結)−1人のカウンターパーティをフリーズします。
  • Global Freeze(全ての凍結)- すべてのカウンターパーティをフリーズします。
  • No Freeze(フリーズしない) - 個々のカウンターパーティを凍結する能力を完全に放棄するとともに、グローバルなフリーズを終了する能力。

リップルコイン/Ripple 価格チャート(XRP/JPY)

リップルコイン(XRP)の最新価格・チャートを確認したい方はこちら。

リップルは12月に550億枚のXRPをロックアップすることを発表しました。その結果1ヶ月たらずで10倍以上高騰し、最大400円の価格をつけました。しかし、その後、市場低下影響により現在は150円で推移しています。




取引所を選ぶべきポイント

取引所を選択する上で重要なのは手数料だけでなく、下記の5つのポイントを抑えている取引所を選ぶべきです。

取引所を選ぶ上で重要な5つのポイント

  • 安全性の高さ
  • 取引手数料の安さ
  • 使いやすさ
  • 取引量の多さ(スプレッドの少なさ)
  • 仮想通貨の多さ

1.安全性の高さ

取引所を選ぶ時に、最も重要なのは「安全性の高さ」です。

Mt.Gox社事件や仮想通貨盗難事件など、突然の取引所の倒産や盗難で「自分の大切な資産」が無くなってしまっては問題です。

大切な資産を守るのは、全て自分自身です。「自分の大切な資産」を守るためにも、取引所の「セキュリティの高さ」「倒産リスク」などは考慮しましょう!

2.取引手数料の安さ

「仮想通貨を取引する際にかかる手数料が安いか」も重要な点です。

“数十円、数百円ぐらい”と思うかもしれませんが、取引額・回数によっては、年間10万以上変わってくることもあります!

最初から、手数料が安い取引所を使用していれば、“損をせず”取引することができます!

3.使いやすさ

日常的に仮想通貨の取引をするなら「使いやすさ」も大切です。

特に仕事で多忙な人なら、空いた時間に「スマホ」で簡単に取引したいですよね。

ほとんどの取引所は、スマホアプリを出していますが、中には使いにくいアプリもあります。

また、トレードする時に、素早い取引できたり、分析ツールが充実していると利益を出しやすくなるため、「使いやすさ」も取引所を選ぶ上で大切なポイントです!

4.取引量の多さ(スプレッド)

スプレッド(Spread)とは、「広がる」「差額」の意味で、仮想通貨取引で使用する「スプレッド」とは、買値(ASK)と売値(BID)の「価格差」のことです。

例えば、買値が1BTC100,000円・売値が90,000円の場合、スプレッドは10,000円になります。

売買差額で利益を出す場合、最低でもスプレッド分の利益を出す必要があり、スプレッドは小さいほど利益を出しやすくなるので、スプレッドが小さく取引量が多い取引所を選択する必要があります!

5.取扱通貨の豊富さ

仮想通貨には「ビットコイン」以外にも「イーサリアム」「リップル」「ネム」など600種類以上の仮想通貨(アルトコイン)が存在します。

参考:アルトコインって何?

特に、短期間で資産を数倍~数十倍に増やした人が投資している人達は、このようなアルトコインと呼ばれる通貨に投資しています。

利益が大きい分、リスクも高いですが「資産を大きく増やしたい!」という方は、取扱通貨が豊富な取引所を選ぶことをおすすめします!

以上が、取引所を選ぶべきポイントですが、「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」のは優れているためおすすめです!

リップル購入するのにおすすめ取引所ランキング

GMOコイン

おすすめポイント

  • 東証一部上場!GMOインターネットグループが運営する取引所!
  • 口座開設完了すると、20,000Satoshiプレゼント!
  • 入出金・取引手数料が無料!

ビットコイン国内取引所のGMOコインは、“GMOクリック証券”など、GMOインターネットグループが運営する仮想通貨FX・売買サービスです。

GMOコインは、取引手数料・口座開設が無料であり、口座開設完了(=ログイン後に口座開設コードの入力および2段階認証設定を完了)すると20,000Satoshiプレゼントキャンペーンがあります。

おすすめポイント

公式サイトへ

※GMOコインの登録方法がわからない方は「GMOコイン口座の作り方」の記事を参考にしてください!

1.入出金・取引手数料が無料!

GMOコインの1番のメリットは、入出金時や取引時にかかる手数料が「全て無料である」ということです。

特に嬉しいのが「即時入金手数料が無料」である点です。即時入金は、銀行から入金をすると、すぐに口座反映される仕組みですが、手数料が無料なので「口座残高がないけど、今すぐ買いたい!」という時に、すぐにお金を入金して取引することが可能になります!

 

2. 口座アップグレードで「20,000Satoshi」プレゼント!

また、GMOコインでは口座プランをアップグレードするだけで、「20,000Satoshi」がプレゼントされます!

「Satoshi」って何?

「Satoshi」というビットコイン単位の大きさは、下記になります。

「1Satoshi=0.00000001BTC=1億分の1BTC」

日本円で言うと“約0.007円”です。つまり20,000Sahoshiとは、約140円がプレゼントされることになります!

ノーリスクで、ビットコインをもらえるので、かなり嬉しいキャンペーンです。

公式サイトへ

bitbank.cc(ビットバンク)

おすすめポイント

  • 50種類以上の高機能の取引ツールを提供。
  • 国内最大級のビットコインメディアをBTCNを運営!
  • 取引手数料マイナスーボーナス0.05%!

ビットバンク(bitbank.cc)は、ビットバンク株式会社が運営する仮想通貨取引所であり、国内最大級のビットコインニュースの「BTCN」を運営する信頼ある取引所です!

また、取引手数料がマナイス0.05%と取引するたびに"ボーナスが貰える"取引所です!

公式サイトへ

※bitbank.ccの登録方法がわからない方は「bitbank.cc口座の作り方」の記事を参考にしてください!

ビットコイン取引手数料マイナス0.05%

ビットバンク(bitbank.cc)の最大のメリットは、ビットコインを含む仮想通貨の取引手数料がマイナス0.05%だということです。メイカーとして注文を取引板に並べた際に、手数料0.05%のボーナスを貰うことができます!

50種類以上の高機能取引ツールを提供。

ビットバンク(bitbank.cc)は、プロ向けの仮想通貨取引所です。

50種類以上の豊富なテクニカル分析に対応しており、チャートも見やすく、「トレンド線」「MACD(マックディー)」「ボリンジャーバンド」「ストキャスティクス」「移動平均線」などにも対応しております!

国内最大級のビットコイン関連メディアを運営!

また、ビットバンク株式会社は、国内最大級のブロックチェーン・ビットコイン関連情報を提供している「BTCN」を運営しており、ブロックチェーンや仮想通貨に関する最新情報や相場に関する情報などを日々提供しています。

自社でメディアを運営していることは"信頼できる証"であり、取引所だけでなく「BTCN」も参考にすることをおすすめします!

公式サイトへ

bitTrade(ビットトレード)

おすすめポイント

  • BTC・BCH・ETH・MONAなど多彩な取扱銘柄数!
  • スマートフォンユーザー対応!外出先でも簡単に取引できる!
  • 多彩な取引ツールやテクニカル分析が可能!

BitTrade(ビットトレード)とは、ビットトレード株式会社が運営する仮想通貨取引所で、スマホ対応しているだけでなく、多彩なテクニカル分析ツールや豊富な仮想通貨銘柄を取り扱っており、ビットコインだけでなく、イーサリアム、ライトコインに加えてモナーコインも扱っています!

公式サイトへ

※BitTradeの口座登録方法は「「!BitTrade(ビットトレード)口座の作り方」を参考にして下さい!

1.BTC・BCH・ETH・MONAなど多彩な取扱銘柄数!

BitTrade(ビットトレード)は、ビットコイン(BTC)だけなく、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)に加えて、国内では珍しくモナーコイン(MONA)も取り扱っており、取引通貨ペアも8種類と豊富な仮想通貨取引所になっています!

 

2.スマートフォンユーザー対応!外出先でも簡単に取引できる!

bitTrade(ビットトレード)は、スマホユーザー向けにデザインされた使いやすいデザインを提供しており、外出先などでも簡単に取引することが可能です!

3.多彩な取引ツールやテクニカル分析が可能!

bitTrade(ビットトレード)は、豊富な取引ツールやテクニカル分析に対応しており、チャートも見やすく、「トレンド線」「MACD(マックディー)」「ボリンジャーバンド」「ストキャスティクス」「移動平均線」などにも対応しております!

トレーディングビューに関しては、他社と比較しても遜色ない使いやすさです!

公式サイトへ

[quoinex]

出川哲朗を起用した新CMが決定!Coincheck(コインチェック)

コインチェック

おすすめポイント

  • 世界最大級の取引量・仮想通貨取扱い数!
  • 日本で一番かんたんにビットコインが購入できる!
  • 仮想通貨損害補償サービス!安心して取引しできる!

初心者におすすめしたい取引所は「Coincheck(コインチェック)」です。

Coincheck(コインチェック)」は、日本1位の仮想通貨取引量を誇る取引所で売買しやすく、また、扱っている仮想通貨の種類も日本一。最大5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

コインチェック登録は最短3分!「メールアドレス」と「パスワード」だけで無料で登録できます

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

公式サイトへ

※コインチェックの登録方法がわからない方は「コインチェック口座の作り方」の記事を参考にしてください!

取扱い仮想通貨数日本一

Coincheck(コインチェック)は、ビットコイン(BTC)を始めとして、世界中で注目を集めている「イーサリアム(EHT)」「リップル(XRP)」「ネム(XEM)」「ライトコイン(LTC)」など、12種類以上のアルトコインを扱っており、その数は日本一で、コインチェックが人気を集める理由になっています!

取引画面(チャート)が見やすい!

Coincheck(コインチェック)の取引画面(トレーディングビュー)なら、リアルタイムにチャート形式で価格を把握したり、大きな画面で直接取引をすることが可能です!

また、期間は「5分」~「1日」に切り替えることができたり、「指値」「逆指値」を設定して、取引することができるので、利益が出しやすい仕組みになっています!

スマホアプリで簡単取引!チャート機能も充実!

Coincheck(コインチェック)は、スマホアプリ(iPhone・Android)もあり、空いた時間で簡単に各仮想通貨のチャート・価格を確認したり、売買することが可能です!

また、「ローソク足」にチャート表示形式を替えたり、期間も「1時間」「1日」「1週間」 「1年」など表示させることもできます!

業界初!仮想通貨盗難補填サービス

Coincheck(コインチェック)は、東京海上日動火災保険と組んで、不正ログインやなりすまし被害について、1回の請求で最大100万円まで補填するサービスを提供しています!「二段階認証」を設定してるユーザー対象なので、設定してしていれば安心して仮想通貨の売買を行うことができます!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

公式サイトへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう