【仮想通貨】ファクトム(FCT・Factom)おすすめ取引所ランキング【手数料比較】

▼【国内トップクラス!】低リスクで安定的に資産を増やしたい方におすすめ!全自動で世界水準の資産運用を実現するロボアドバイザー!

【登録無料!】Wealthnavi(ウェルスナビ)

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】bitbank(ビットバンク ) 高セキュリティの仮想通貨取引所だから安心!

▼【登録無料】土日・即日入金したいなら住信SBIネット銀行に登録しましょう!

住信SBIネット銀行の申込はこちら!

 

ファクトム(FCT・Factom)おすすめ取引所ランキング【手数料比較】

ファクトム(Factom)とは。分散型の文章管理プラットフォームで、ビットコイン2.0のひとつで、「あるデータがある時刻に存在した」ということを証明することが可能なプラットフォームです。

※ビットコイン2.0・・・ビットコインで使用されている技術を応用した技術・プロジェクトの名称

今回は、ファクトム(Factom)を購入するのにおすすめ取引所を手数料比較とともにご紹介します!

時間がなく全文の記事が読めない!という方は、国内で唯一ファクトムを購入できる「Coincheck(コインチェック)」に登録してみましょう!(オススメ!)

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト

ファクトム(FCT)とは

ファクトム(Factom)とは。分散型の文章管理プラットフォームで、ビットコイン2.0のひとつで、「あるデータがある時刻に存在した」ということを証明することが可能なプラットフォームで、下記の3つの特徴があります!

①あらゆる電子データ管理が可能

ファクトムを利用すること、文章・契約書・貸付記録・証券・保険などあらゆる電子データの記録・管理を第三者の存在なしに、ブロックチェーン上で管理することが可能になります。

ファクトムはFact(事実)という語源から来ており、登記簿登記や印鑑証明など、事実を証明する公証などの役割を期待されています。

②低コストで安全に管理

また、膨大なコスト・データ漏洩に対するセキリュティ対策が必要な機密情報を、低コスト且つ安全に管理することが可能です。

これは、大量の・記録データを中央データベースで管理するのではなく、世界に分散されたコンピュータで管理する技術により可能にしています。

③情報漏洩リスクもない

ファクトムがブロックチェーンに記録するのは書類やデータのハッシュのみでなので、個人情報や機密データが漏洩することはないという強みもあります。

ファクトム(FCT)の仕組み

ビットコインのブロックチェーン上に直接データを記録すると、マイナーへの手数料が発生します。

また、Confirmation(承認)に約10分かかってしまうので、大量の書類を一括で登録、保存したい場合、膨大な時間が必要になるなど、ビットコインのブロックチェーン上に直接書き込むことは非効率です。

そこで、ファクトムはファクトム全体で1トランザクションに情報をまとめ、手数料やブロックチェーンのデータ量を削減することで、上記の課題を解決しています。

ファクトムの流れ

  1. ファクトムのサーバーにデータをエントリー
  2. ハッシュ化したデータを「エントリーブロック」に格納
  3. 「ディレクトリブロック」に格納
  4. ビットコイン上のブロックチェーンに記録

ファクトムを利用するユーザーは、まず利用量を支払ってデータをファクトムのサーバーにエントリーします。そして、そして、エントリーされデータの確認を行った後、暗号化したものを「エントリーブロック」に格納。その後、格納されたデータは「ディレクトリブロック」内に設定されたカテゴリに分けられ、10分毎にビットコイン上のブロックチェーンに記録していく仕組みになっています。

ファクトム通貨「Factoid」

ファクトムでは、データの管理・記録を正確にこなしたサーバーに対して、報酬として「factoid」という通貨を与える仕組みになっています。

ファクトムを利用するには、エントリークレジット(Entry Credit)が必要で、こちらは「Factoid」をネットワークに支払い、エントリークレジットと交換することで購入することができます。

ただし、エントリークレジットは、factoidと交換することできません。つまり、「Entry Credit→ factoid」の変換はできません。

上記のような仕組みを取っているのは、1つ目に「悪意あるハッカーが盗難するリスクを回避する」、2つ目に「factoidを直接使用しないことで、投機目的の売買による価格変動幅を抑制し、サービスを安定させる」ための2つがあります。

※エントリークレジット・・・・他の公開鍵への送信が不可能で、記録入力と投票にしか使えないので、売却することができず、盗難などのリスクが低いと言われています。

ファクトムの概要

名称:Factom(ファクトム)、通貨単位は「FCT」
開始:2015年
供給量の上限: 上限なし
アルゴリズム: ビットコインに依存
公式サイトfactom(factom Japan)

 

ファクトム(FCT)の国内取引所手数料比較

ファクトム(Factom)の取扱い国内取引所は、現在ではCoincheck(コインチェック)のみとなっています。その為、コインチェックを登録していない方は、国内取引所から海外取引所へ送金しなければなりません。

しかし、Coincheck(コインチェック)の場合、取引手数料自体は無料のため国内で取引しても問題ないでしょう。

取引所Taker手数料Maker手数料
Coincheck(コインチェック)無料無料

※マイナス手数料は、ビットコイン売買が成立すると、取引額の0.01%がボーナスとして入る仕組みのこと。また、Taker手数料・Maker手数料の詳細は「Taker・Maker手数料とは?」を参考にしてください!

取引所を選ぶ時のポイント

取引所を選択する上で重要なのは手数料だけでなく、下記の5つのポイントを抑えている取引所を選ぶべきです。

取引所を選ぶ上で重要な5つのポイント

  • 安全性の高さ
  • 取引手数料の安さ
  • 使いやすさ
  • 取引量の多さ(スプレッドの少なさ)
  • 仮想通貨の多さ

1.安全性の高さ

取引所を選ぶ時に、最も重要なのは「安全性の高さ」です。

Mt.Gox社事件や仮想通貨盗難事件など、突然の取引所の倒産や盗難で「自分の大切な資産」が無くなってしまっては問題です。

大切な資産を守るのは、全て自分自身です。「自分の大切な資産」を守るためにも、取引所の「セキュリティの高さ」「倒産リスク」などは考慮しましょう!

2.取引手数料の安さ

「仮想通貨を取引する際にかかる手数料が安いか」も重要な点です。

“数十円、数百円ぐらい”と思うかもしれませんが、取引額・回数によっては、年間10万以上変わってくることもあります!

最初から、手数料が安い取引所を使用していれば、“損をせず”取引することができます!

3.使いやすさ

日常的に仮想通貨の取引をするなら「使いやすさ」も大切です。

特に仕事で多忙な人なら、空いた時間に「スマホ」で簡単に取引したいですよね。

ほとんどの取引所は、スマホアプリを出していますが、中には使いにくいアプリもあります。

また、トレードする時に、素早い取引できたり、分析ツールが充実していると利益を出しやすくなるため、「使いやすさ」も取引所を選ぶ上で大切なポイントです!

4.取引量の多さ(スプレッド)

スプレッド(Spread)とは、「広がる」「差額」の意味で、仮想通貨取引で使用する「スプレッド」とは、買値(ASK)と売値(BID)の「価格差」のことです。

例えば、買値が1BTC100,000円・売値が90,000円の場合、スプレッドは10,000円になります。

売買差額で利益を出す場合、最低でもスプレッド分の利益を出す必要があり、スプレッドは小さいほど利益を出しやすくなるので、スプレッドが小さく取引量が多い取引所を選択する必要があります!

5.取扱通貨の豊富さ

仮想通貨には「ビットコイン」以外にも「イーサリアム」「リップル」「ネム」など600種類以上の仮想通貨(アルトコイン)が存在します。

参考:アルトコインって何?

特に、短期間で資産を数倍~数十倍に増やした人が投資している人達は、このようなアルトコインと呼ばれる通貨に投資しています。

利益が大きい分、リスクも高いですが「資産を大きく増やしたい!」という方は、取扱通貨が豊富な取引所を選ぶことをおすすめします!

以上が、取引所を選ぶべきポイントですが、その点においても「Coincheck(コインチェック)」は優れているためおすすめです!

ファクトム(FCT)国内取引所おすすめランキング

出川哲朗を起用した新CMが決定!Coincheck(コインチェック)

コインチェック

おすすめポイント

  • 世界最大級の取引量・仮想通貨取扱い数!
  • 日本で一番かんたんにビットコインが購入できる!
  • 仮想通貨損害補償サービス!安心して取引しできる!

初心者におすすめしたい取引所は「Coincheck(コインチェック)」です。

Coincheck(コインチェック)」は、日本1位の仮想通貨取引量を誇る取引所で売買しやすく、また、扱っている仮想通貨の種類も日本一。最大5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

コインチェック登録は最短3分!「メールアドレス」と「パスワード」だけで無料で登録できます

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

公式サイトへ

※コインチェックの登録方法がわからない方は「コインチェック口座の作り方」の記事を参考にしてください!

取扱い仮想通貨数日本一

Coincheck(コインチェック)は、ビットコイン(BTC)を始めとして、世界中で注目を集めている「イーサリアム(EHT)」「リップル(XRP)」「ネム(XEM)」「ライトコイン(LTC)」など、12種類以上のアルトコインを扱っており、その数は日本一で、コインチェックが人気を集める理由になっています!

取引画面(チャート)が見やすい!

Coincheck(コインチェック)の取引画面(トレーディングビュー)なら、リアルタイムにチャート形式で価格を把握したり、大きな画面で直接取引をすることが可能です!

また、期間は「5分」~「1日」に切り替えることができたり、「指値」「逆指値」を設定して、取引することができるので、利益が出しやすい仕組みになっています!

スマホアプリで簡単取引!チャート機能も充実!

Coincheck(コインチェック)は、スマホアプリ(iPhone・Android)もあり、空いた時間で簡単に各仮想通貨のチャート・価格を確認したり、売買することが可能です!

また、「ローソク足」にチャート表示形式を替えたり、期間も「1時間」「1日」「1週間」 「1年」など表示させることもできます!

業界初!仮想通貨盗難補填サービス

Coincheck(コインチェック)は、東京海上日動火災保険と組んで、不正ログインやなりすまし被害について、1回の請求で最大100万円まで補填するサービスを提供しています!「二段階認証」を設定してるユーザー対象なので、設定してしていれば安心して仮想通貨の売買を行うことができます!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

公式サイトへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう