リップル(XRP)がアメックス(AMEX)との連携の発表により高騰。

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

リップル(XRP)価格の高騰の理由とは?アメリカン・エキスプレス(AMEX)との連携の発表により急騰!

20171116日に、仮想通貨(暗号通貨)のリップル(XRPは、最大手クレジットカード会社である、アメリカン・エキスプレスとの連携を発表。法人の国際送金事業を行ってるアメックス(AMEX )は、リップルをシステムを導入することで、国際送金の効率化を実現することが可能になるため期待されている。

この発表を受けた直後、リップル(XRP)は、21円台から、最大32円まで急騰。短期間で50%以上価格が高騰しました。

今回は、リップル(XRP)高騰の要因となったアメックスとの連携の詳細についてご説明していきます。

時間がなく全文の記事が読めないけどリップルを今すぐ買いたい!という方は、当サイトで最もおすすめの仮想通貨取引所で、一番手数料が安い「Coincheck(コインチェック)」で購入しましょう!(オススメ!)

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

リップル(XRP)とは

リップル(Ripple)とは、bitcoin(ビットコイン)と同じく仮想通貨の1つで、時価総額は、ビットコイン、イーサリウムに続く3番目に時価総額が高い仮想通貨です。XRP(リップル通貨単位)というRippleネットワークの通貨を利用して、様々な通貨とやり取りできるシステムでもあり、オルトコインの中でも将来性が高く期待できる通貨です。

XPRは、Ripple Ledger内に1000億XRPプログラムされており、Ripple内で唯一の資産になります。

Googleが、リップル(Ripple)に投資したことで人気になった通貨ですが、Googleだけでなく、Andreessen Horowitz, FF Angel IV, Lightspeed Venture Partners, Vast Ventures, Bitcoin Opportunity Fund, Fortress Investement co.など有名な投資会社も数多く出資している通貨です!

リップルは金融商品の決済・送金システム

リップル(Ripple)は、そもそも通貨のことを呼ぶのではなく、Ripple Labs, INCという会社が開発している金融商品の決済・送金システムです。

リップルの通貨であるXRPは、ビットコインを始めとするブロックチェーンを利用する送金システムです。

ビットコインは承認作業にプルーフ・オブ・ワークが使われていますが、Rippleは独自に開発されたコンセンサスシステムによって承認作業が行われ、承認作業は非常に早く、ビットコインでは1transactionsに約10分かかっていましたが、Rippleでは数秒で行うことができます。

リップルは、「世界の決済・送金分野で革命を起こすこと」を目的としています。

リップル(XRP)には、他の通貨と自由に交換できる両替機能(ブリッジ機能)があり、市場価格はドル、ユーロ、円、ビットコインなどに対して変動しますが、このシステムを使用することで、主要通貨だけでなく新興通貨などの送金コストをなどを下げることが可能になります。つまり、通貨間の仲介役」として使用されるのがリップルとなるわけです。

リップル(XRP)高騰の理由

20171116日に、仮想通貨(暗号通貨)のリップル(XRP)は、最大手クレジットカード会社である、アメリカン・エキスプレスとの連携を発表。国際送金システムであるリップルを利用することで、安価で早い国際送金が可能になります。

また、アメリカン・エキスプレスがリップルを使用して数秒でイングランドからアメリカに送金できる「payments corridor」を開設したというニュースも発表しました。

今後、アメックスは、クレジットカードを用いないリラルタイム決済方法をリップルとの連携により拡大を図るとしており、Swiftの前取締役であるTreacherは

「アメックスは支払い時に、銀行にSwiftメッセージを送信しなければならなかったが、今後はRippleとRippleの暗号を使って銀行に直接接続されることになる」と語っている。

Amexは支払いを要求するために銀行にSwiftメッセージを送信しなければならなかったが、今AmexRippleRippleの暗号を使って銀行に直接接続されており、価値の移動はすぐに起こる」

また、アメリカン・エキスプレスの最高情報責任者マーク・ゴードン氏も

「アメックスは、新技術を積極的に採用してきた歴史があり、リップル社と当社の協働は、送金システムを変革させ、ブロックチェーンを次のフェーズにすすめることになるだろう」とも発言しています。

サンフランシスコに本拠を置くRippleは、ブロックチェーンを基本としたクロスボーダー決済であり、Standard Chartered PlcSTAN.L)、Accenture PlcACN.N)、SBI Holdingsなどの企業が支援しており、アメックスとの連携は期待が持てる内容となっています。

上記のように、アメックスとリップルの提携は期待できるため一時21円台から32円まで高騰しました!

リップル(XRP)が購入できる国内取引所

現在、国内取引所でリップル(XRP)を取り扱いしている取引所は「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」「DMM bitcoin」「BitTrade」「QUOINEX」「Coincheck」など6社があります。

リップル(XRP)の取引(売買)手数料/スプレッド/セキュリティGMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」の2社がおすすめ!

リップル(XRP)取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所取引(売買)手数料特徴公式
GMOコイン無料【GMOインターネット(東証一部上場)グループだから安心】レバレッジ取引5倍/全取り扱い通貨5種類!公式サイト
ビットバンク無料リップル含む全6種類/コールドウォレット・マルチシグ対応だからセキュリティ安心!公式サイト
DMM bitcoin (レバレッジ取引:建玉金額の0.04% / 日 ) リップル、ネムなどのレバレッジ取引5倍可能!F公式サイト
4位BitTrade 0.25%~0.45% 安心の国内MT4取扱業者/全取り扱い通貨5種類!公式サイト
5位QUOINEX0.25% 通貨ペア数14種類!人気の通貨ペアからマイナーな通貨ペア豊富!公式サイト
6位Coincheck 無料 日本No1仮想通貨取引所/全13種類取り扱い通貨/現在取引停止中 公式サイト

また、リップル(XRP)のレバレッジ取引(FX)をしたい方は、国内で唯一レバレッジ取引(最大5倍)が可能なDMM bitcoinに登録しましょう!

最も安くリップル(XRP)を購入できるおすすめ取引所・手数料比較ランキング

リップル最新ニュース一覧へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう