ビットコインのハードフォーク(HF)スケジュール一覧 (時期・予定日)

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

今後のビットコインのハードフォーク(HF)スケジュール一覧

2017年8月のビットコインキャッシュ(BCH)に始まり、11月にはビットコイン・ゴールド(BTG)、11月にはビットコイン・ダイアモンド(BCD)が誕生しました。

今後も、ビットコインのハードフォークも乱立する可能性があるためスケジュールや特徴などをご紹介していきます。

ハードフォークによって誕生する通貨に対応してくる可能性が高いZaif(ザイフ)に登録していない方は、今すぐにこちらから無料登録しましょう!

Zaif無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

今後のハードフォークスケジュール

日時・予定通貨配布取引
2017年8月1日ビットコインキャッシュ(BCH)
2017年11月13日ビットコインゴールド(BTG)
2017年11月25日ビットコインダイアモンド(BCD)
2017年12月1日ビットコインプラチナム(BTP)××
2017年12月17日スーパービットコイン(SBTC)××
2017年12月31日ビットコインウラン(BUM)××
2017年12月中ビットコイン・シルバー(BTSI)××
2018年1月2日ビットコインキャッシュプラス××

各仮想通貨特徴一覧

1.ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュは、ビットコインのスケーラビリティ問題を解消するために、2018年8月1日のUAHF(ハードフォーク)によって誕生した通貨です。ビットコインの8倍のブロックサイズに加えて、11月14日のマイニング難易度調整などにより価格が高騰しています。

通貨名ビットコインキャッシュ
通貨コードBCH
ハードフォーク日時2017年08月01日
承認アルゴリズムProof of Work(SHA256)
発行上限21,000,000 BCH
ブロック認証サイクル約10分
ブロックサイズ制限なし(8MB)

2.ビットコインゴールド(BTG)

ビットコインゴールド(Bitcoin Gold)は、2017年10月25日のビットコインの491,407 ブロック(2017 年 10 月 25 日頃)で発生するハードフォークにより誕生した仮想通貨です。

通貨名ビットコインゴールド
通貨コードBTG
ハードフォーク日時2017年10月25日
承認アルゴリズムProof of Work(Equihash)
発行上限21,000,000 BTG
ブロック間隔約10分
ブロックサイズ1MB(2〜4MB)

3. ビットコインダイヤモンド(BCD)

ビットコインダイヤモンド

ビットコインダイヤモンド(BCD)とは、ビットコインのハードフォーク(分裂)により20171125日前後に誕生した仮想通貨です。海外取引所Binance(バイナンス)が、1BTCに付き、10BTDを配布することを公式にアナウンスしています。

特徴

  • ①プライバシーの保護強化
  • ②高速処理の強化(ブロックサイズ上限を8MBに引き上げ)
  • ③発行枚数を10倍にすることで、取引やマイニングを閾値を軽減
通貨名ビットコインプラチナム
通貨コードBTP
ハードフォーク日時2017年12月1日
承認アルゴリズムProof of Work(GPU)
発行上限210,000,000 BTG
ブロック間隔約10分
ブロックサイズ8MB

4.ビットコインプラチナム(BTP)

ビットコインプラチナム(BTP)とは、ビットコインのハードフォーク(分裂)により201712月1日前後に誕生すると言われている仮想通貨で、本当の分散型ネットワークの実現を目指しています。

特徴

  • 分散型ネットワークの実現
  • 認証アルゴリズムにEquihashを採用
  • Segwit2xを採用
通貨名ビットコインプラチナム
通貨コードBTP
ハードフォーク日時2017年12月1日
承認アルゴリズムProof of Work(Equihash)
発行上限21,000,000 BTP
ブロック間隔約10分
ブロックサイズ1MB〜2MB

5.スーパービットコイン(SBTC)

スーパービットコイン(Super Bitcoin)とは、2017年12月17日のビットコインのハードフォークにより誕生予定の仮想通貨です。ブロック498888でフォークする予定であり、1BTCにつき1SBTCが付与される予定です。\

特徴

  • スマートコントラクト
  • ライトニングネットワーク
  • ゼロ知識証明
  • ブロックサイズを8MBに拡大

スーパービットコインは、イーサーリアムのように「スマートコントラクト」には、取引で行われる契約を自動的に実行・保存していく機能あり、また、スケーラビリティ問題を解決するためにライトニングネットワークを搭載、またブロック数も8MBに拡大しています。プライバシー保護強化のため、Zcashと同じく「ゼロ知識証明」を搭載しており、様々な仮想通貨の良いところを合わせたような通貨になっています。

通貨名スーパービットコイン
通貨コードSBTC
ハードフォーク日時2017年12月17日
承認アルゴリズム不明
発行上限21,000,000 SBTC
ブロック間隔約10分
ブロックサイズ8MB

6.ビットコインウラン(BUM)

ビットコインウラン

ビットコインウラン(Bitcoin Uranium)は、12月31日に発生するBitcoinブロックチェーンのフォークによって誕生予定の仮想通貨です。

ビットコインシルバーはマイニングのを再分散化させて、少数の企業によってマイニングが独占されること回避することを目的としています。作業認証アルゴリズムをSHA256からEquihashに変更することで、SHA265のマイニング機器を廃止することで、一部の企業で独占されてマイニングに参加する機会を与えることを目的としています。

また、1BTCについき1BUMが配布される予定です。

特徴

  • 新しいPOWアルゴリズムを採用
  • Equihash搭載
  • ASIC耐性は搭載なし
  • BTG,Silver,Platinumとは異なりプレマイニングなし
  • 半減期は450日
  • Segwit搭載
  • リプレイプロテクションあり
通貨名ビットコインウラン
通貨コードBUM
ハードフォーク日時2017年12月31日
承認アルゴリズムProof of Work(Equihash)
発行上限21,000,000 BUM
ブロック間隔約1分
ブロックサイズ1MB (2-4MB)

7.ビットコイン・シルバー(BTSI)

ビットコインシルバーは、12月に発生するBitcoinブロックチェーンのフォークによって誕生予定の仮想通貨です。ビットコインシルバーはマイニングのを再分散化させて、少数の企業によってマイニングが独占されること回避することを目的としています。

特徴

1.世代交代

Bitcoin Silverは新しいPoWアルゴリズムEquihashを実装し、マイニングを再び分散化します。BTCマイニング(ASIC)用に設計された特別なコンピュータハードウェアは、BTGをマイニングするために時代遅れとなっており、普段のユーザーに普遍的なGPUを掘り起こす機会を与えています。

2.公平な分配

Bitcoinのハードフォークは、新しいデジタル資産を作成して配布する最も公正かつ効率的な方法です。新しい起源のブロックから作成されたコインは、常により小さなグループの人々に集中して所有権を持っています。

3.リプレイ保護

Bitcoinのエコシステムの安全を確保するため、Bitcoin Silverは、ユーザーのコインが誤って消費されるのを防ぐ、完全な再生保護機能を実装しています。

4.透明性

Bitcoin Silverは、ボランティアの開発者によって構築され、世界中に広がるBitcoin愛好家のコミュニティが急速に発展する中でサポートされる無料のオープンソースソフトウェアプロジェクトです。

通貨名ビットコインシルバー
通貨コードBTSI
ハードフォーク日時2017年12月中
承認アルゴリズムProof of Work(Equihash)
発行上限21,000,000 BTSI
ブロック間隔約30秒
ブロックサイズ1MB (2-4MB)

8.ビットコインキャッシュプラス

ビットコインキャッシュプラス( BCP・BCHP)は、2018年1月2日のビットコイン(BTC)のハードフォーク(分裂)により誕生予定の仮想通貨です。ブロック501407(2018年1月2日午前7時10分頃)のビットコインから分裂(ハードフォーク)した時に、ビットコイン保有者にビットコインと同じ量のビットコインキャッシュプラス(BCHP)が分配される予定です。

特徴

  • 認証アルゴリズムにEquihashを採用
  • ブロックサイズを8MBに拡大
通貨名ビットコインキャッシュプラス
通貨コードBCP・BCHP
ハードフォーク日時2017年1月2日
承認アルゴリズムProof of Work(Equihash)
発行上限21,000,000BCP・BCHP
ブロック間隔不明
ブロックサイズ8MB

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう