株式会社FACTBASE:[日本初]仮想通貨市場予測AIプラットフォーム「SIGNAL」の事前登録開始。仮想通貨のビッグデータをAI(機械学習)で分析

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

株式会社FACTBASE(本社:東京都文京区、代表取締役:高橋 佑典、以下FACTBASE)は、2017年12月1日、仮想通貨市場のビッグデータを収集して分析するAIを活用した仮想通貨情報サービス「SIGNAL(シグナル)」の事前登録を開始をしたことを発表。

https://signal.fact-base.io/

仮想通貨の市場の動きは投資家にとって予想しづらいのが現状です。仮想通貨市場は複雑で、投資家は情報のキャッチアップが困難であるという課題を抱えています。そこでFACTBASEはその問題を解決すべく、仮想通貨の情報が集まる情報プラットフォームを開発しています。

SIGNAL(シグナル)は、AIが24時間休むことなく収集・分析した仮想通貨ビッグデータを見ることができるWebサービスです。AIは世界中の最新ニュースを常に監視し、仮想通貨の大きな値動きを事前に察知します。察知された情報はリアルタイムでユーザーのLINEに通知され、買い時や売り時に気づきやすくなります。

■事前登録がスタート!

事前登録ページ:https://signal.fact-base.io/
12月1日にSIGNAL α版の事前登録受付を開始しました。
専用フォームから会員登録すると、リリース当日にLINEで通知を受けることができます。

1, 話題と値動きの相関性がわかる

SIGNAL Boardは仮想通貨ビッグデータをAIがまとめたダッシュボードです。
プライスデータとともに仮想通貨に対するインターネット上の感情の推移や、仮想通貨技術の開発度を見ることができ、仮想通貨の潜在的な成長力を予測することができます。

2, イベント発生時にLINEで通知が来る


SIGNAL Alertは投資家市場で値動きに大きな影響を与えるイベントが発生したときにユーザーのLINEに通知するサービスです。これによりユーザーは買い時や売り時に気づきやすくなります。上場情報や、価格を急激に変動させそうな情報が世の中に出た時にいち早く教えてくれます。

【アメリカで開催されたブロックチェーンエキスポで弊社代表が登壇】

現地時間11月29~30日、アメリカ・シリコンバレーで開催されたBlockchain Expo North America 2017のTransforming Financial Servicesにて弊社代表の高橋が登壇し、SIGNALのプレゼンテーションを行いました。

このブロックチェーンカンファレンスには、業界最先端のブロックチェーンテクノロジーを開発している企業が数多く参加しており、ブロックチェーンテクノロジーに関する意見交換を行いました。また、SIGNAL出展ブースには多くの方にお越しいただき、SIGNALについて多くの方に認知頂けました。

【事前登録はこちら】
https://signal.fact-base.io/

– 本サービスの言語に関して
SIGNALは英語・日本語でリリース予定で、前登録ページも両言語で展開致しております。
ブラウザの言語によって表示が異なりますので、多言語バージョンをご覧になられたい場合はブラウザの言語設定から「日本語」または「English」をお選びください。

– 各種URL
SIGNAL
https://signal.fact-base.io

株式会社FACTBASE
https://fact-base.io

Facebook
https://www.facebook.com/SIGNAL.FACTBASE/

Twitter
https://twitter.com/SIGNAL_factbase
https://twitter.com/SIGNAL_en

■FACTBASEは世界一の仮想通貨市場の情報リソースを目指し、今後もサービス改善を重ねて参ります。
当サービスは仮想通貨の投資判断の参考となる情報提供を目的としておりますが、投資の際の最終決定はご自身の責任と判断でなされるようお願いいたします。当サービスで提供する内容は情報の正確性、完全性、信頼性を保証するものではありません。

参照元

http://thebridge.jp/prtimes/273701

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう