ゴールドマンサックスCEO「ビットコインの価格が安定してきたら、ビットコインの取引戦略を考える」

▼【国内トップクラス!】低リスクで安定的に資産を増やしたい方におすすめ!全自動で世界水準の資産運用を実現するロボアドバイザー!

【登録無料!】Wealthnavi(ウェルスナビ)

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】bitbank(ビットバンク ) 高セキュリティの仮想通貨取引所だから安心!

▼【登録無料】土日・即日入金したいなら住信SBIネット銀行に登録しましょう!

住信SBIネット銀行の申込はこちら!

 

世界的に有名な米金融大手通銀行のゴールドマン・サックス会長系CEO(最高経営責任者)のロイド・ブランディング氏は、20171130日のブルームバークの取材の中で、銀行がビットコインの戦略について考えるのは時期尚早だと述べた上で、以下のような内容を述べた。

ビットコインの価格が安定すれば戦略を立てる

ブルームバーグテレビとのインタビューで内容の中で「1日に20%上下する動きは通貨という感覚ではなく、価値の貯蔵手段のようには感じられない」と指摘した「それが解決してさらに定着し、もっと価値の貯蔵手段のように取引され、20%も上下せず、流動性が備われば、われわれは乗り出す」と語った。

ブルームバーグの集計データによると、ビットコインは29日に15%上昇した後に20%強下落し、その後反発した。世界で最も人気のある仮想通貨であるビットコインは年初来で11倍に値上がりしたため、小口投資家から高頻度トレーダー、ウォール街の金融機関など幅広い関心を集めている。ブランクファインCEOは同社がビットコインに対応する計画を策定する緊急性を感じていないと述べた。

金融機関の仮想通貨事業の参入は加速していく

ビットコインは29に位置は15%上昇し、その後20%強の下落、その後さらに15%上昇するなど価格が変動が激しい。ビットコインは1年間で11倍以上、値上がりしており金融機関の注目も集めている。

韓国の2番目に大きい銀行である新韓銀行が、ビットコインなどを安全に保管する為のウォレットサービスを提供を発表。また、シカゴ・マーカンタイル取引所の先物取引や新規ビットコインヘッジファンドが参入するなど今後も金融機関の仮想通貨事業の取り組みは加速していく形になるでしょう。

参照元

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう