【仮想通貨】オーガー(REP)価格が1日で50%以上高騰!リップル(XRP)と間違えられて急騰したのが理由?

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

オーガー(REP・Auger)価格が1日で50%以上高騰!

オーガー(Augur・REP)とは、イーサリアムのスマートコントプロジェクトの一つで、「占い師」を意味する用語です!Augerは、2016年10月に運用が開始され、未来予測市場を生み出す仮想通貨(暗号通貨)として注目されていましたが、12月3日から価格を一気に高騰させ50%以上まで、その価格を急騰させました。

今回は、オーガー(REP)の価格高騰理由についてご紹介していきたいと思います。

時間がなく全文の記事が読めない!という方は、国内で唯一オーガーを購入できる「Coincheck(コインチェック)」に登録してみましょう!(オススメ!)

オーガー(Augur)とは

Augur(オーガー)とは、イーサリアムのスマートコントプロジェクトの一つで、「占い師」を意味する用語です!Augerは、2016年10月に運用が開始されはじており、以下のような特徴があります。

  • 未来予測市場を生み出す仮想通貨(REP)
  • 「群衆の知恵」というシステムを利用
  • 公正・公平な未来予測市場を実現
  • 「レポーター」による事実認証による仕組み
  • 事実認定の鍵は「多数かどうか」

①未来予測市場を生み出す仮想通貨(REP)

Augurは、「占い師」という言葉が示しているように、未来予測市場のための分散型プロトコルで、オープンソースの未来予測市場のプラットフォームにユーザーが参加し、未来を予測し、その予測が正しければ報酬として「Reputation(評判)」が貰える仕組みになっています。(通貨単価は「REP」)

②「群衆の知恵」というシステムを利用

また、Augerでは「群衆の知恵」と呼ばれるシステム、及びブロックチェーンを利用しており、数多くの人が、個々にデータを生み出し、匿名で集計することで、未来予測できる仕組みを形成しています。

③公正・公平な未来予測市場を実現

Augerは、ブックメーカーを利用した野球、サッカー、テニスの優勝予測のように「未来で起こる出来事」に対して、お金を賭けて、予想を当てた人がお金を得ることができる”ギャンブル”のような仕組みです。

しかし、これまでの予測市場は胴元(元締め)が存在することで、賭け金の一部が胴元の収入になったり、賭け・売買の記録が操作されるリスクがあったため、これらのリスクを回避するため”全自動”で公平・公正な運営を行うAugerが生まれました。

そして、この”胴元ない運営”が”全部自動”で行われる予測市場だからこそAugerが注目されてる理由なのです。

Augurの分散型ソフトウェアは、ギャンブルの胴元(賭博の親元。場所の借り賃など、賭博でやりとりした金銭の一部を得る)とは違い、オッズ算出、賭け金預かり、事実認定、配当をする「ブックメーカー」と呼ばれる役割をすべて自動で実行します。

分散型のブックメーカーの実行には、以下の条件が必要となります。

・誰でも賭け事を作れること
・誰でも賭けに参加できること
・結果を分散的に判断すること
・配当を自動的に実現させること

この条件をEthereumのスマートコントラクトを利用して実現したのがAugurです。

④「レポーター」による事実認証による仕組み

Augerには、胴元や特定人物が事実を認定するのではなく、「レポーター」と呼ばれる人が多数存在し、”賭けの対象となってる予測が事実が正しい”かを分散的に事実認証する仕組みがあります。

レポーターは、“賭けの事実を判断し報告”する義務があり、その報告により報酬を得ます。ただし、報告が正しくないものであると判断された場合“レポーターの供託金”が没収される仕組みがとられています。。

⑤事実認定の鍵は「多数かどうか」

Intradeという予測市場では、2008年のアメリカ大統領選挙の結果を48州も当てています。Wisdom of Crowdという理論で、「大衆の意見が正しい」ことが検証されているためです。つまり、大多数のレポーターと同じ事実を報告、同じ行動をすれば報酬がもらえるというわけです。

事実と違う報告をした(少数派になった)場合、デポジットが没収されてしまいます。
報酬をもらうためには、常に正しい報告をして、多数派になる必要があります。

分散的に事実を認定することを「Distributed Fact Stream(分散型事実認定)」と呼びます。

事実認定により賭けの結果が出たら、ソフトウェアが自動的に掛け金を配当します。

Augurはブロックチェーン技術を使用しているので、売買契約が記録されるのみでなく、不特定多数の人が証人として保証する仕組みになっています。

偽証をすればその人が保有するREPの価値が下がるので、公正な予測市場が期待できるのです。

オーガー(Augur)の高騰理由とは?ネット上の反応は・・

オーガーが高騰した理由は、現時点で明確な理由がわかっていません。噂によるとオーガーの通貨単位であるREP(リップ)と、リップル(XRP)が間違えられた説が出ています。

確かに、仮想通貨初心者の方なら、この間違いは良くするため可能性としてはあると考えています。

https://twitter.com/aa1234b56789/status/935088151529271296

https://twitter.com/dancho20171118/status/937371588814442497

オーガー(Augur)を購入できるのはコインチェックのみ

現在価格が高騰してるオーガーですが、国内で購入できるのはコインチェックのみとなっています。もし興味がある方は、ぜひ登録してみて下さい!(登録は無料です)

出川哲朗を起用した新CMが決定!Coincheck(コインチェック)

コインチェック

おすすめポイント

  • 世界最大級の取引量・仮想通貨取扱い数!
  • 日本で一番かんたんにビットコインが購入できる!
  • 仮想通貨損害補償サービス!安心して取引しできる!

初心者におすすめしたい取引所は「Coincheck(コインチェック)」です。

Coincheck(コインチェック)」は、日本1位の仮想通貨取引量を誇る取引所で売買しやすく、また、扱っている仮想通貨の種類も日本一。最大5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

コインチェック登録は最短3分!「メールアドレス」と「パスワード」だけで無料で登録できます

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

公式サイトへ

※コインチェックの登録方法がわからない方は「コインチェック口座の作り方」の記事を参考にしてください!

取扱い仮想通貨数日本一

Coincheck(コインチェック)は、ビットコイン(BTC)を始めとして、世界中で注目を集めている「イーサリアム(EHT)」「リップル(XRP)」「ネム(XEM)」「ライトコイン(LTC)」など、12種類以上のアルトコインを扱っており、その数は日本一で、コインチェックが人気を集める理由になっています!

取引画面(チャート)が見やすい!

Coincheck(コインチェック)の取引画面(トレーディングビュー)なら、リアルタイムにチャート形式で価格を把握したり、大きな画面で直接取引をすることが可能です!

また、期間は「5分」~「1日」に切り替えることができたり、「指値」「逆指値」を設定して、取引することができるので、利益が出しやすい仕組みになっています!

スマホアプリで簡単取引!チャート機能も充実!

Coincheck(コインチェック)は、スマホアプリ(iPhone・Android)もあり、空いた時間で簡単に各仮想通貨のチャート・価格を確認したり、売買することが可能です!

また、「ローソク足」にチャート表示形式を替えたり、期間も「1時間」「1日」「1週間」 「1年」など表示させることもできます!

業界初!仮想通貨盗難補填サービス

Coincheck(コインチェック)は、東京海上日動火災保険と組んで、不正ログインやなりすまし被害について、1回の請求で最大100万円まで補填するサービスを提供しています!「二段階認証」を設定してるユーザー対象なので、設定してしていれば安心して仮想通貨の売買を行うことができます!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

公式サイトへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう