ソニーがブロックチェーン関連の新し特許を出願、教育データ管理に利用。

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

ソニーが、日本のハイテク企業が教育プラットフォームの一環としてブロックチェーンを使用している可能性があることを強調した。

8月には、ソニーはIBMと協力して、学生の記録を確保し同意した当事者間でそのデータを共有するためのシステムの一部を構成する一連の教育サービスを構築することを発表しました。

先週米国特許商標庁(USPTO)が発表したソニーのアプリケーションは、それが実際にどのように機能するかを指摘している。

例えば、教育ネットワーク上の「ノード」は、教師、学生、またはそれらの記録にアクセスする必要のある他の当事者によって運営される可能性があり、関連するユーザーが署名した後、チェーン上にどのように「教育経験」が定着するかを指します。

ソニーの発表したアプリケーションでは以下の説明をしている。

この例では、信頼チェーンに足りうるブロックチェーンを使用して、ユーザーの教育経験や証明書などの情報を格納することができます。この情報には、どのコースを学習し、どの証明書を保持するかなどが含まれます。 さらに、スマートコントラクトとスマートプロパティのコンセプトに基づいて、ナレッジをブロックチェーンを介して資産として交換、取引、転送することもできます。

「電子装置、電子装置および情報処理システムの方法」と題する出願は、一般的なネットワークを介して車両を接続することを含む、技術の他の可能な用途を示唆している。

アプリケーションの作者によれば、「車両のインターネット」ネットワークは、自動車が道路状況を互いに報告できるよなるとも伝えています。

本開示の電子装置を車両(ノード)に適用することにより、ブロックチェーン技術を用いて無相関のエンティティ間で信頼を移転することができ、リアルタイムかつ有効なリアルタイム道路状態情報がリアルタイムで得られるコンセンサスによると彼らは書いている。

このように、分散されたリアルタイムの道路状態の観測と、さらにナビゲーションシステムが実現されるかもしれません。

参照元

https://www.coindesk.com/sony-patent-filing-details-blockchain-use-managing-education-data/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう