シカゴ・ボード・オプション取引所(CBOE)ビットコイン先物商品が12月10日に取引を開始することを発表

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!
【1位】Zaif(ザイフ)剛力彩芽起用CMスタート!手数料安さNo1!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】GMOコイン リップル/ライトコイン購入におすすめ!

 ※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

シカゴ・ボード・オプション取引所(CBOE)は、ビットコイン先物商品が12月10日に取引を開始する予定であることを発表した。

12月4日に発表された声明では、取引は午後5時(セントラルタイム)に開始されると述べており、全日取引は、月曜日から開始することになっています。「XBT」ティッカーの下で、CBOE先物取引所(CFE)を取引する同社は、12月末までに先物商品の取引が無料となることも発表しています。

今回の発表は、CME Groupによって開始されるビットコインの将来が12月18日の翌週に公開されることを前提にしています。

CBOE会長兼最高経営責任者(CEO)であるエドティリー(Ed Tilly)は、以下のように述べています。

前例のないビットコインへに対する周囲の関心を考慮し、顧客に彼らの見解を表明し、エクスポージャーをヘッジするための取引ツールを提供することが不可欠です。 当社はビットコイン市場における公正性と流動性を促進することを約束しています。 これを促進するため、当初はXBT先物取引を無料で提供する予定です。

シカゴに拠点を置く取引所がビットコイン先物商品を作成する計画を具体的に詳述してから、数カ月後に開始確認が来る。 8月の時点で、CBOEは、投資家のCameronとTyler Winklevossが運営するNew YorkベースのBitcoin Exchange Geminiと協力していた。

この動きはまた、ビットコインの価格を上昇させる時代にも起こる。 cryptocurrencyは現在、CoinDeskのBitcoin Price Index(BPI)によると、およそ11,400ドルで取引されています。

※CMEグループは、CoinDeskの親会社であるDigital Currency Groupの株式を保有しています。

参照元
https://www.coindesk.com/cboe-begin-bitcoin-futures-trading-december-10/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

国内取引所ランキング!(複数取引所登録は必須です)

【1位】GMOコイン - リップル/ライトコインを購入するならおすすめ!

※GMOコインならリップル・ライトコイン・イーサリアムなど複数通貨取引も簡単!レバレッジ5倍まで取引可能!

【2位】Zaif(ザイフ)- コインチェックからの乗り換えならザイフ

取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!ビットコインだけでなく、ネム(XEM)・モナコイン(MONA)を購入するならZaif(ザイフ)がおすすめ!

【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量世界一のbitFlyer(ビットフライヤー)。ビットコイン現物・FXならbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめ!レバレッジ最大15倍!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内仮想通貨取引所ランキングを全部見たい方はこちら