コインチェック(Coincheck)ビットコインプラチナ(BTP)付与・配布方針発表/12月10日ハードフォーク方針を公式ツイッターで告知。

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!
【1位】Zaif(ザイフ)剛力彩芽起用CMスタート!手数料安さNo1!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】GMOコイン リップル/ライトコイン購入におすすめ!

 ※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

【12月10日】コインチェック(Coincheck)ビットコインプラチナ(BTP)付与・配布方針発表

12月10日に国内仮想通貨取引所である「Coincheck(コインチェック)」ビットコインのブロック高498533時点に発生すると予想される「ビットコインプラチナ」につきまして弊社の方針を公式ツイッターで発表。

ビットコンプラチナの付与については問題等が確認されない限り行う予定とし、現在作業を進める方針を発表している。

時間がなく全文の記事が読めない!という方は、ビットコインプラチナ配布準備のために「Coincheck(コインチェック)」に登録してみましょう!

追記)ハードフォークの延期が発表され12月20日頃に実施される旨を発表。

ビットコインプラチナに関して、韓国取引所である「Bitthumb」などが対応を勧めていることをビットコインプラチナ公式ツイッターが発表している。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト

ビットコインプラチナとは?

ビットコインプラチナは、ブロッチェーン技術と利用した非中央集権型の、分散型ネットワークです。ビットコインプラチナは、オープンソースなので、誰でも開発などに参加できることができます。

ビットコインのハードフォークにより誕生すると言われていますが、ビットコインのハードフォーク(分裂)により20171128日前後に誕生可能性があります。

ビットコインプラチナのアルゴリズムは、ハッシュ関数(SHA256)ではなく、Equihashと呼ばれるPoWproof-of-work)を採用しており、Equihashを採用してる暗号通貨(仮想通貨)でいうと、完全匿名性を初めて実現した「Zcash」などが採用しています。また、ビットコインプラチナのブロックサイズは1MBから2MBになっておりBitcoin Platinumは創設者のグローバル採用のオン・チェーン・スケーリングによるロードマップに従い、低料金の世界的なデジタル決済ネットワークを目指しています。

ビットコインプラチナ(BTP)のハードフォークはいつ?

Bitcoin Platinum(コードネームEVA-02)はBitcoinブロックチェーンのフォークで、201712月10日にブロック高498533で発生する予定です。

ビットコインプラチナのマイナーは、ブロック高498533から新しい認証アルゴリズムを採用してブロック生成し始めます。これによりハードフォーク(分岐)が発生。元のビットコインのブロックチェーンは、そのまま維持される予定です。

ビットコインプラチナ(BTP)の配布日時・条件など

ビットコインプラチナに関して、配布が開始予定なのは「Bitthumb」などの取引所で受取が可能です!こちらにビットコインを送金するためには、「Coincheck(コインチェック)」などの口座からビットコインを送金する必要がありますが、本日12月10日に、国内取引所である「Coincheck(コインチェック)」が対応方針など発表しました。

Bitthumpへのビットコイン送金が間に合わない方は、コインチェックへ登録しよう

国内取引所について、ビットコインゴールド(BTG)・ビットコインダイヤモンド(BCD)などのビットコインのフォークで誕生した仮想通貨の配布対応が完了しているところはありません。ただし、上記コインを含めフォークコイン配布自体は勧めて行く方針で進んでいるものだと考えています。

これは金融庁によって公開された登録業者の取扱通貨に掲載された通貨はホワイトリスト化などが完了していない関係だと推測されますが、来年以降、フォークコインのホワイトリスト化が完了すれば付与されると想定しています。

基本的には、国内取引所「Coincheck(コインチェック)」は全てのフォークコインに対応を勧めて行くようです。

→【コインチェック(Coincheck )】ビットコインダイヤモンド(BCD)・ビットコインゴールド(BTG)の配布・付与準備との発表

コインチェックの登録はこちら!

出川哲朗を起用した新CMが決定!Coincheck(コインチェック)

コインチェック

おすすめポイント

  • 世界最大級の取引量・仮想通貨取扱い数!
  • 日本で一番かんたんにビットコインが購入できる!
  • 仮想通貨損害補償サービス!安心して取引しできる!

初心者におすすめしたい取引所は「Coincheck(コインチェック)」です。

Coincheck(コインチェック)」は、日本1位の仮想通貨取引量を誇る取引所で売買しやすく、また、扱っている仮想通貨の種類も日本一。最大5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

コインチェック登録は最短3分!「メールアドレス」と「パスワード」だけで無料で登録できます

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

公式サイトへ

※コインチェックの登録方法がわからない方は「コインチェック口座の作り方」の記事を参考にしてください!

取扱い仮想通貨数日本一

Coincheck(コインチェック)は、ビットコイン(BTC)を始めとして、世界中で注目を集めている「イーサリアム(EHT)」「リップル(XRP)」「ネム(XEM)」「ライトコイン(LTC)」など、12種類以上のアルトコインを扱っており、その数は日本一で、コインチェックが人気を集める理由になっています!

取引画面(チャート)が見やすい!

Coincheck(コインチェック)の取引画面(トレーディングビュー)なら、リアルタイムにチャート形式で価格を把握したり、大きな画面で直接取引をすることが可能です!

また、期間は「5分」~「1日」に切り替えることができたり、「指値」「逆指値」を設定して、取引することができるので、利益が出しやすい仕組みになっています!

スマホアプリで簡単取引!チャート機能も充実!

Coincheck(コインチェック)は、スマホアプリ(iPhone・Android)もあり、空いた時間で簡単に各仮想通貨のチャート・価格を確認したり、売買することが可能です!

また、「ローソク足」にチャート表示形式を替えたり、期間も「1時間」「1日」「1週間」 「1年」など表示させることもできます!

業界初!仮想通貨盗難補填サービス

Coincheck(コインチェック)は、東京海上日動火災保険と組んで、不正ログインやなりすまし被害について、1回の請求で最大100万円まで補填するサービスを提供しています!「二段階認証」を設定してるユーザー対象なので、設定してしていれば安心して仮想通貨の売買を行うことができます!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

公式サイトへ

コインチェック(CoinCheck)に関する記事はこちら!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

国内取引所ランキング!(複数取引所登録は必須です)

【1位】GMOコイン - リップル/ライトコインを購入するならおすすめ!

※GMOコインならリップル・ライトコイン・イーサリアムなど複数通貨取引も簡単!レバレッジ5倍まで取引可能!

【2位】Zaif(ザイフ)- コインチェックからの乗り換えならザイフ

取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!ビットコインだけでなく、ネム(XEM)・モナコイン(MONA)を購入するならZaif(ザイフ)がおすすめ!

【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量世界一のbitFlyer(ビットフライヤー)。ビットコイン現物・FXならbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめ!レバレッジ最大15倍!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内仮想通貨取引所ランキングを全部見たい方はこちら