【韓国】仮想通貨取引の禁止措置の可能性を検討/財務省などは反対の姿勢

 

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】bitbank(ビットバンク ) 高セキュリティの仮想通貨取引所だから安心!

▼【登録無料】土日・即日入金したいなら住信SBIネット銀行に登録しましょう!

住信SBIネット銀行の申込はこちら!

 

韓国のトップ金融規制当局は、現地メディアの報道に続いて、ビットコインなどのすべての暗号違反取引を禁止する可能性を検討しているとの立場を明らかにした。

要約

  • ・今回の制限は、投機的な投資抑制が目的
  • ・法務局は強い規制を求めている
  • ・財務省・金融監督委員会は強い規制に反対
  • ・全ての仮想通貨取引を規制するには、多角的な分析が必要

規制当局は規制範囲を議論

韓国の規制当局があらゆる種類の暗号化取引を禁止しているとの見通しを明らかにした。ハンキン出版は、「現実的な通貨取引を人を欺く手段や同様の通貨取引であると判断し、国内取引の取引を禁止する方法を積極的に検討している」と述べた。

月曜日、金融委員会(FSCのチョ・ジョンク(Chi Jong-ku)議長は、昼食会で記者団に対し、「FSCは、ある程度暗号取引を制限する措置を策定している」と明らかにした。

また、ヨンハップ氏は、

「この制限は、ビットコイン取引の副作用を最小限に抑え、投機的な投資を削減することを目的としてしてる」

と付け加えた。

取引禁止には法的根拠が必要

チョ・ジョンク(Chi Jong-ku)議長は、法務省は現在暗号化された通貨を規制する措置を検討していると述べた。

先週法務局は「関連省庁間の協議を通じて規制措置を設定し実施する」ため、新しい仮想通貨プロジェクトチームを担当したと報じた。

26日中央日報によると、FSC財務副長官であり、プロジェクトチームの一員であるキム・ヨンボムは以下のように述べている。

「プロジェクトチーム内で仮想通貨取引を禁止することを急がなければならないとの意見がありますが、法的基盤と市場の影響を考慮し、包括的に分析します。」

崔(Choi)氏は、「すべての取引を禁止するための法的根拠がある」と述べており、また

「すべての取引を禁止する法的根拠があるかどうかは、省庁間に大きな違いがあることが分かっている」

と指摘した。

取引所規制に関しては、何度も議論している

仮想通貨プロジェクトチームには、金融部門だけでなく、財経部、公正取引委員会、国税庁、警察庁なども含まれている。

「司法省は強い取引規制を求めているが、財務省と金融監督委員会は躊躇していると言われている」

と述べた。

FSCのキム・ヨンボム副会長。韓国は、全ての暗号取引の禁止措置の報告後に明確にすると述べており、金総裁は

「財務省は、機関金融機関が仮想通貨取引に踏み込むのを阻止することに重点を置いている」

と述べた。

上記の韓国の規制当局がビットコイン取引を制限することを示唆した初めてのことはない。

11月にはFSCに対して、暗号保護の交換を規制することを提案し「消費者保護の基準を維持することが求められる」と報告した。

ヨンハップ氏は、規制当局が暗号暗号交換を規制する以前の計画を繰り返し述べ、

仮想通貨通貨に関する政府の措置は、バーチャル通貨取引を完全に禁止する一方的な規制ではなく、投資額と投資適格性を制限する規制となることが期待されている。

参照元

South Korea Clarifies Position After Reports of Possible Ban on All Crypto Transactions

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう