【12月14日】Zcash(ジーキャッシュ)価格が前月比30%以上高騰/ウイルス対策ソフトMcAfeeの創業者ジョン・マカフィーが言及が理由?

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】bitbank(ビットバンク ) 高セキュリティの仮想通貨取引所だから安心!

▼【登録無料】土日・即日入金したいなら住信SBIネット銀行に登録しましょう!

住信SBIネット銀行の申込はこちら!

 

Zcash(ジーキャッシュ)は2016610日から運用が始まった通貨で、DASH(ダッシュ)やMonero(モネロ)と同じく完全匿名性を持っている仮想通貨です。2017522日に米国大手投資銀行の「JPモルガン」と技術連携を発表し20178月時点で時価総額は8番目に高い通貨です。

最大の特徴「ゼロ知識証明」を利用してる点で、ジーキャッシュは、1214日に更に価格を高騰させて、45,000円から58,000円第と前日し30%以上価格になっています。

Zcash(ジーキャッシュ)を購入したいという方は、国内で唯一取扱いしてる「Coincheck(コインチェック)」で購入しましょう。

Zcash(ジーキャッシュ)高騰の理由は?

Zcashの高騰理由に関しては、明確な理由は現在わっていません 。

ウィルス対策ソフトのMcAfee(マカフィー)を制作、販売を行う会社McAfeeの創業者であり、ビットコインの熱烈支持者であるJohn McAfee(ジョン・マカフィー)氏は、1214日に公式ツイッターで、匿名性が高いMonero(XMR)、Verge(XVG)、Zcash(ZEC)をおすすめしていることを発表を発表していることが理由の1つとして想定されます。

ただし、現在は市場的に上がり相場であるため、それと伴って上がってる可能性もあります

ジョン・マカフィー氏は、公式ツイッターで以下のような言及をしている。

「人々は、私におすすめする仮想通貨が何か聞いてくるが、頭を使えば、プライバシーコイン(匿名性の高い仮想通貨)が、最も大きな将来性を握ることがわかるだろう」

現在国内での取引はMonero(XMR)、Zcash(ZEC)のみ「Coincheck(コインチェック)」のみ可能な状態になっています。

ウイルス対策ソフトMcAfeeの創業者ジョン・マカフィー氏がMonero(XMR)、Verge(XVG)、Zcash(ZEC)を推薦

Zcash(ジーキャッシュ)とは

Zcash(ジーキャッシュ)は2016年6月10日から運用が始まった通貨で、DASH(ダッシュ)やMonero(モネロ)と同じく完全匿名性を持っている仮想通貨です。

2017年5月22日に米国大手投資銀行の「JPモルガン」と技術連携を発表し、2017年8月時点で時価総額は8番目に高い通貨です。

①最大の特徴「ゼロ知識証明」

Zcashの最大の特徴は「ゼロ知識証明」という技術で、Equihashというアルゴリズムを使用している仮想通貨で、「ゼロ知識証明」使った初めての本格的な仮想通貨として注目されています。

「ゼロ知識証明」は、「誰が誰にいくらの金額を送金したかを採算者に公開することなくその取引が正しいことを証明できるという技術」であり、ブロックチェーン上の支払者、受取者、金額情報などを自動的に隠して、正しい閲覧キーを持つ人だけが内容を閲覧する可能であり、他社に閲覧キーを送信する際は、オプトイン方式で送ります。

Zcashは、パブリック・ブロックチェーンを使用し、分散型ネットワークを保持しつつ、完全な匿名支払が可能です。ZCASHのプロジェクトはオープンソースで、GitHubにて公開されています。プロトコルのメンテナンスなどは、Zcash Foundationという非営利団体で運営されます。

②完全匿名性のメリット

“完全匿名性”なので、個人情報の漏洩リスクがなく、プライバシー保護観点でも優れています。例えば、仮想通貨を購入する時、運転免許書・保険証・パスポートなどのを提出する必要があります。

しかし、Zcashなら公的証明書を必要とせずに売買することが可能です。

③米国大手投資銀行と提携

Zcashは米国大手投資銀行のJPモルガンと技術提携をおこなったことを発表しておいます。「ゼロ知識証明」の技術は、ビットコインの問題として上げられる「プライバシー保護問題」を解決、高度なセキュリティーを、パブリック・ブロックチェーンで実現している点から金融業界で高く評価されています。また、時価総額世界2の仮想通貨であるイーサリアムとも技術提携しプライバシー保護の強化を図っています。

2017年4月にR3の主催するブロックチェーン組織から脱退したJPモルガンは、匿名型ブロックチェーン・ネットワークを提供するZキャッシュ・エレクトリック・コイン・カンパニー と提携。Zキャッシュが独自の仮想通貨に採用している「ZSL(ゼロナレッジ知識セキュリティー・レイヤー」 と呼ばれる技術を、自社のエンタープライズ向けブロックチェーン・プラットフォーム「Quorum」に組み入れる意向を表明した。

Zcashの概要

名称:Zcash(ジーキャッシュ)、通貨単位は「ZEC」
開始:2016年6月10日
供給量の上限::2100万枚
アルゴリズム: Equihash

Zcash(ジーキャッシュ)の国内取引所手数料比較

Zcash(ジーキャッシュ)の取扱い国内取引所は、現在ではCoincheck(コインチェック)のみとなっています。その為、コインチェックを登録していない方は、国内取引所から海外取引所へ送金しなければなりません。

しかし、Coincheck(コインチェック)の場合、取引手数料自体は無料のため国内で取引しても問題ないでしょう。

取引所Taker手数料Maker手数料
Coincheck(コインチェック)無料無料

※マイナス手数料は、ビットコイン売買が成立すると、取引額の0.01%がボーナスとして入る仕組みのこと。また、Taker手数料・Maker手数料の詳細は「Taker・Maker手数料とは?」を参考にしてください!

Zcash(ジーキャッシュ) を購入するならコインチェック

出川哲朗を起用した新CMが決定!Coincheck(コインチェック)

コインチェック

おすすめポイント

  • 世界最大級の取引量・仮想通貨取扱い数!
  • 日本で一番かんたんにビットコインが購入できる!
  • 仮想通貨損害補償サービス!安心して取引しできる!

初心者におすすめしたい取引所は「Coincheck(コインチェック)」です。

Coincheck(コインチェック)」は、日本1位の仮想通貨取引量を誇る取引所で売買しやすく、また、扱っている仮想通貨の種類も日本一。最大5,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

コインチェック登録は最短3分!「メールアドレス」と「パスワード」だけで無料で登録できます

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

公式サイトへ

※コインチェックの登録方法がわからない方は「コインチェック口座の作り方」の記事を参考にしてください!

取扱い仮想通貨数日本一

Coincheck(コインチェック)は、ビットコイン(BTC)を始めとして、世界中で注目を集めている「イーサリアム(EHT)」「リップル(XRP)」「ネム(XEM)」「ライトコイン(LTC)」など、12種類以上のアルトコインを扱っており、その数は日本一で、コインチェックが人気を集める理由になっています!

取引画面(チャート)が見やすい!

Coincheck(コインチェック)の取引画面(トレーディングビュー)なら、リアルタイムにチャート形式で価格を把握したり、大きな画面で直接取引をすることが可能です!

また、期間は「5分」~「1日」に切り替えることができたり、「指値」「逆指値」を設定して、取引することができるので、利益が出しやすい仕組みになっています!

スマホアプリで簡単取引!チャート機能も充実!

Coincheck(コインチェック)は、スマホアプリ(iPhone・Android)もあり、空いた時間で簡単に各仮想通貨のチャート・価格を確認したり、売買することが可能です!

また、「ローソク足」にチャート表示形式を替えたり、期間も「1時間」「1日」「1週間」 「1年」など表示させることもできます!

業界初!仮想通貨盗難補填サービス

Coincheck(コインチェック)は、東京海上日動火災保険と組んで、不正ログインやなりすまし被害について、1回の請求で最大100万円まで補填するサービスを提供しています!「二段階認証」を設定してるユーザー対象なので、設定してしていれば安心して仮想通貨の売買を行うことができます!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

公式サイトへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう