サウジアラビア・アラブ首長国連邦(UAE)中央銀行が新たな仮想通貨決済システムのテストを開始

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!
【1位】Zaif(ザイフ)剛力彩芽起用CMスタート!手数料安さNo1!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】GMOコイン リップル/ライトコイン購入におすすめ!

 ※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

アラブ首長国連邦とサウジアラビアの中央銀行は、両機関が国境を越えた支払いのために新たな仮想通貨決済システムをテストするプロジェクトを開始したことを発表したと「CoinDesk」が報じた。

アラブ首長国連邦(UAE)中央銀行のムバラク・ラシッド・アル・マンショウリ(Mubarak Rashid al-Mansouri)がアラブ首脳会議(AMF)会議でプロジェクトを発表。

1213日~14日の会議に関連したプレスリリースは、中央銀行と金融規制当局の間で議論するためには、より一般的に金融技術の話題が上がることを指摘している。

GDNによると、Al-Mansouriはこの地域による取り組みを賞賛しました。

これは、ブロックチェーン技術を利用するために、両国の金融当局が協力した初めてのことですと彼は言った。

Nationalの中で、al-Mansouriはこのプロジェクトを

「中央銀行と銀行の間ですでに行っていることのデジタル化」と説明した。

サウジアラビアの中央銀行の関与は注目すべきである。これまでのところ、この機関はこの技術にコメントしておらず、潜在的なユースケースを検討していると述べている。

対して、アラブ首長国連邦(UAE)には、ドバイのグローバル・ブロックチェーン評議会(Global Blockchain Council)を含む多くの民間および公共セクターの主導プロジェクトがあり、ここ数カ月間に、銀行の小切手を検証するためのブロックチェーンベースのサービスを開発しているEmirates NBDなど、数多くの金融機関がこの技術の使用を検討しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

国内取引所ランキング!(複数取引所登録は必須です)

【1位】GMOコイン - リップル/ライトコインを購入するならおすすめ!

※GMOコインならリップル・ライトコイン・イーサリアムなど複数通貨取引も簡単!レバレッジ5倍まで取引可能!

【2位】Zaif(ザイフ)- コインチェックからの乗り換えならザイフ

取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!ビットコインだけでなく、ネム(XEM)・モナコイン(MONA)を購入するならZaif(ザイフ)がおすすめ!

【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量世界一のbitFlyer(ビットフライヤー)。ビットコイン現物・FXならbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめ!レバレッジ最大15倍!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内仮想通貨取引所ランキングを全部見たい方はこちら