【保存版】初心者でもわかる!仮想通貨の仕組みから買い方までを解説!

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

【保存版】初心者でもわかる!仮想通貨の仕組みから買い方までを解説!

話題沸騰の仮想通貨ですが、これだけ毎日耳にしていると気になり始めた方も多いのではないのでしょうか。今回はこれから仮想通貨を始めたい!という方に向けて、基本的な仕組みや購入方法などを解説していきます。

※時間がなく全文の記事が読めないけどリップルを今すぐ買いたい!という方は、「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

1.そもそも仮想通貨とは?

そもそも仮想通貨はどのような目的で作られたのでしょうか。仮想通貨の思想としては「非中央集権」という考え方があり、国や政府に依存しない通貨を作る、という目標に向けて作られました。

「インターネット上の通貨」として定義されていますが、現実世界でも実際に使える通貨となります。仮想通貨にはたくさんの種類があり、既にその数は千を超えています。1番有名なのが、皆様もご存知「ビットコイン」ですね。

 

bitcoin

 

仮想通貨全体の時価総額は既に日本の大企業トヨタを抜いたと言われており、これからもその規模を拡大していく見込みです。現在は時価総額1位のビットコインと2位でイーサリアムでその大半を占めています。

またビットコインの開発者はサトシナカモトという人物で、2008年に論文が発表され2009年に実用化されました。その後急速に拡大し、2017年現在ではその存在を無視できない程に大きな存在感を持っています。ちなみにこのサトシナカモトの正体はまだ判明しておらず、仮想通貨界隈の最大の謎となっています。

2.仮想通貨は安全?

さて気になるのが仮想通貨の安全性ではないでしょうか?特に日本ではマウントゴックス取引所の事件があったため、ネガティブなイメージが蔓延してしまいました。しかし仮想通貨の仕組みは既存の通貨よりもむしろ安全性が高いといえます。その根拠をは次の3つです。

(1)ブロックチェーンテクノロジー

ビットコインを支える根幹のテクノロジーとして、「ブロックチェーン(分散型台帳)技術」というものがあります。これはネットワークの参加者全員が不正な取引がないかを確認することが出来る仕組みで、公平性と透明性に優れた技術となります。

具体的にはマイニングと呼ばれる取引の監視・精査をする行為を通して、管理されています。従来の管理方法(中央集権型)と比較すると下記の図の通りです。

 

block chain

 

ネットワークの参加者全員で管理を行うため、従来の方法よりも公平性と透明性に優れ、またコストも低コストで運用することが可能です。この技術により、例えば国際送金を低コストで行える、といったメリットが生まれます。

(2)公開鍵と秘密鍵

また仮想通貨は基本的には「ウォレット」で管理を行います。このウォレットを持っていれば、送金や受け取りなどを行うことが出来ます。その名の通り、仮想通貨を管理するための財布なのですが、ウォレットの管理には公開鍵(パブリックキー)と秘密鍵(プライベートキー)を設定することが出来ます。

 

private key

それぞれの役割を簡単にお伝えすると公開鍵は外部の人間が、送金先などのあるウォレットを特定するためのIDのような役割を果たします。

公開鍵は全世界に対して公開されますので、世界中の人々とやり取りが可能です。一方で、秘密鍵はその名の通り、自分だけが覚えておくパスワードのようなものとなります。

この秘密鍵は絶対に他言無用です。秘密鍵が分かると該当のウォレットは自由に使えるようになってしまうため、実質的に資産を渡すことになります。実はマウントゴックス事件についてもユーザーが自分でウォレットを作り、ビットコインを管理しておけば、盗まれることはなかったのです。

マウントゴックス事件は「(マウントゴックスという)取引所」の問題であって、「ビットコインの仕組み」の問題ではありません。当たり前のことですが、自分の資産は自分で守る、という意識を持っておけばビットコインを盗まれる確率は高くないので、そのことは頭に置いておいてくださいね!

(3)価値が担保されている

またネット上の通貨ということでその通貨の価値について懐疑的な方もいらっしゃるかと思います。しかし、ビットコインは「マイニング」という行為によってその価値が担保されています。

マイニングとは簡単にいうと取引の検証作業のことで、この作業には膨大な計算が必要となります。マイニングを行うことによって新規のビットコインを手に入れることが出来ます。

このマイニングは実際にはコンピュータを使い、作業を行うのですがコンピュータを動かすために電気代や化石燃料が必要になります。つまりビットコインの新規発行には実質的に電気代や化石燃料がかかっているので、それだけの価値があるのです。

さらにビットコインについては総発行数が決まっているため、需要がある限りその価値が損なわれることはありません。具体的には2,100万枚が発行された時点で新規の発行はなくなります。これは既存の紙幣のように発行量を増やすことによって、インフレが起こることを防ぐための措置となります。

ビットコイン以外の仮想通貨も細かい違いはありますが、基本的には上記の仕組みを取っており、価値や安全性が損なわれないように設計されています。

3.仮想通貨の使い道は?

仮想通貨は現在、使い道が大きく3つに分けられます。

(1)投機・投資

一番多いのが投機、もしくは投資かと思います。日本でも多くの取引所やFXを出来る環境が整いはじめ、仮想通貨で儲けてる人々が増えてきました。

最近は「億り人」という言葉も流行り、そのポテンシャルが注目を集めています。仮想通貨はまだ価値の増減が激しく、ボラティリティが高いため非常に魅力的な投資先となっています。

(2)決済機能

またビットコインでの決済機能を備えている店舗やオンラインサイトも増えてきました。有名どころだとビッグカメラやDMMなどがビットコイン決済を取り入れて話題になりました。

上記で述べた通り、まだまだ価値の増減が激しく、送金スピードにも課題が残るため普及しているとは言い難い状況ですが、確実に決済店舗は増えてきています。

(3)価値の担保

上のビットコインの役割の箇所でも述べましたが、ビットコインはその価値を担保する機能が高いため「デジタルゴールド」と呼ばれ資産としても認識され始めました。

degital gold

中国で政治的な危機感が広まった際にその逃避先としてビットコインが買われたり、直近だとジンバブエのクーデターの際にもビットコインが逃避先として買われ、暴騰しました。

今後も価値を高めていくと考えられるため、この安全資産としての認識は今後も高まりそうです。

4.仮想通貨の種類は?

仮想通貨は千を超える種類があると言いましたが、実際にどのようなものがあるのでしょうか。
時価総額が高いTOP5のコインを紹介します。

1位:ビットコイン

bitcoin

時価総額1位は言わずと知れたビットコインです。時価総額もどんどん上がっており、これからも引き続き目が離せない通貨となっています。

2位:イーサリアム

ethareum

イーサリアムは「スマートコントラクト」と呼ばれる機能を有している仮想通貨で、今後ビジネス分野への応用も見込まれている仮想通貨です。現在の時価総額は2位となっています。

3位:ビットコインキャッシュ

bitcoincash

ビットコインキャッシュはビットコインから派生した仮想通貨です。ビットコインが抱える「スケーラビリティ問題」と呼ばれるデータ容量についての問題を解消するために作られた通貨です。

4位:リップル

ripple

リップルは金融機関に取り入れることを想定されて作られた仮想通貨です。既に多くの金融機関がリップルの採用を公言しており、これからさらなる飛躍が見込める仮想通貨です。

5位:ダッシュ

dash

ダッシュは匿名性の高さと送金スピードの早さが特徴の仮想通貨です。個人のプライバシーを求める声により、匿名性の高い仮想通貨が求められ生まれた仮想通貨ですが、ブラックマーケットやマネーロンダリングで使用される懸念もあり、まだ未知数な部分も多い仮想通貨です。

 

5.仮想通貨の購入方法は?

今回は一般的なビットコインの買い方を具体的に説明致します。
まずビットコインがどこで買えるかというと、各「取引所」で買うことが出来ます。

仮想通貨の注目度が高まるにつれて、取引所の数も増えておりますので信頼の出来る取引所を選ぶようにしてくださいね!今回は「coincheck」という日本有数の取引所のアカウント開設方法をお伝えします。

1.取引所登録

アカウントの開設自体は5分もあれば終わります。
下記ページから、メールアドレスもしくはfacebookアカウントで作成可能です。

coincheck登録画面

登録すると、メールアドレスにリンクURLが送られてきます。

coincheck mail登録画面

そちらをクリックして登録完了です。

2.本人確認を行う

 

取引所にログインすると本人確認を行う画面が出てきます。

coincheck本人確認

これはセキュリティ強化の一環です。全ての機能を使えるようにするために、必ず済ませておきましょう。

赤枠で囲まれた部分をクリックすると本人確認ページに遷移します。

また本人確認で使える身分証明証は下記のものになります。

本人確認書類

この本人確認は最終的に郵送されてくる書類の情報が必要となります。少し時間がかかるので、機能を最大限に使えるように早めに取り掛かりましょう!

(4)入金手順

アカウントを開設し、本人確認が終了したらいよいよ取引が開始出来ます。

1.まずはTOPページ左部の「日本円/USドルを入金する」の画面から入金します。

 

2.下記ページに飛びますので、入金手段を選択します。

3.入金が反映されれば、入金は完了です。

(5)購入方法

1.TOPページ左部の「コインを買う」ボタンをクリックします。

 

2.すると下記の画面に移行します。

3.必要な仮想通貨と量を記入して「購入する」を押します。

(6)売却方法

基本的には購入と同様の方法です。

1.TOPページ左部の「コインを売る」ボタンをクリックします。

 

2.すると下記の画面に移行します。

3.必要な仮想通貨と量を記入して「売却する」を押します。

以上で完了です。興味のある方は是非、取引を開始してみてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう