ライトコイン創業者チャーリー・リー「保有していた全てのライトコインを売却した」と発表。

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!
【1位】Zaif(ザイフ)剛力彩芽起用CMスタート!手数料安さNo1!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】GMOコイン リップル/ライトコイン購入におすすめ!

 ※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

LitecoinLTC)の創設者チャーリー・リー(Charlie Lee)は、海外掲示板サイトRedditTwitterにて、全てのライトコインを売却・寄付したことを発表した。同氏は、Redditの中で以下のよう述べている。

6年以上の中で初めて物理的なライトコインを持っていない(ただし、私はグッズのようなものをいくつか持っています)」

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト

なぜライトコインを全て売却したのか?

発表によると、チャーリー・リー氏の個人的な発言が、価格に影響を与えることや、利害の衝突の可能性を懸念して全てのライトコインを売却したと述べています。

この発表によると、リー氏は、彼の個人的な発言がコインの価格に与える影響を考慮すると、利害の衝突の可能性があるため、リテコインをすべて売却することに決めた。

つまり、リー氏は、全てのライトコインを売却することで、ライトコインのパフォーマンと自分の意見・行動を分離することができると述べています。

「私がライトコインの価格、あるいは良いニュースや悪いニュースをつぶやくたびに、個人の利益だと批判される。中には、私がライトコインをだめにしていると思う人がいます。 しかし、私がライトコインを保有していること、ライトコインに関してつぶやくことは全くの別ものですが利害が衝突する可能性があるので、ライトコインを売却することを決めました。それぐらい私は大きな影響力があります」

今後もライトコインの開発に注力する

リー氏は、今後の未来についての展望と自分がライトコインの開発などを放棄するつもりがないことを発表しました。彼は今後もライトコインに専念つもりであり、ライトコインの価格以上の報酬が得られるよう取り組んでいくようです。

「心配しないでください。私はライトコインをやめることはありません。私は、まだライトコインに取り組んでいます。 ライトコインが成功するすれば、私はライトコインを保有しているよりも、異なる方法で多くの報酬をえることができます!私はライトコインが、今後も成長し続けるための最善の方法だと信じてます」

上記のように、リー氏はライトコイン自体は全て売却してしまいましたが、今後も開発などには専念することを発表しています。

参照元

https://cointelegraph.com/news/litecoin-founder-sells-all-his-litecoin-but-promises-not-to-leave

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

国内取引所ランキング!(複数取引所登録は必須です)

【1位】GMOコイン - リップル/ライトコインを購入するならおすすめ!

※GMOコインならリップル・ライトコイン・イーサリアムなど複数通貨取引も簡単!レバレッジ5倍まで取引可能!

【2位】Zaif(ザイフ)- コインチェックからの乗り換えならザイフ

取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!ビットコインだけでなく、ネム(XEM)・モナコイン(MONA)を購入するならZaif(ザイフ)がおすすめ!

【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量世界一のbitFlyer(ビットフライヤー)。ビットコイン現物・FXならbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめ!レバレッジ最大15倍!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内仮想通貨取引所ランキングを全部見たい方はこちら