ビットコインのハードフォーク(分岐)とは?ハードフォーク・ソフトフォークの違い

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

ビットコインのハードフォーク(分岐)とは?

ビットコインやイーサリアムを保有していると、「ハードフォーク」や「ソフトフォーク」など「フォーク」という言葉を聞いたことがあると思います。

特に2017年8月1日に発生したビットコインのフォーク(分裂)は話題になり、そこで誕生したビットコインキャッシュは2万円台から40万円台まで大きく価格を上げています。

今回は、ソフトフォークとハードフォークの2つのフォークについて紹介します。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

ブロックチェーンのフォーク(分岐)とは

ブロックチェーンは、「ブロック」と呼ばれるデータ単位を一定時間ごとのに生成し、鎖のように連鎖していくとでデータを保管するデータベースのことで、取引台帳と呼ばれることもあります。

そして、ブロックチェーンのフォーク(分岐)とは、その名の通りブロックチェーンが分岐することを呼びます。なぜフォークと呼ぶかというと2つのブロックチェーンが平行方向ならぶので「フォーク」と呼ばれています。

フォークには、ソフトフォークとハードフォークの2種類が存在します。

ソフトフォーク

ソフトフォークとは、旧バージョンとの互換性がある一時的な分岐のことを指します。こちらは旧バージョンのルールを変更(有効だったものを無効化)、もしくは新ルールを追加することことでフォークします。

ハードフォークの大きな違いは、旧バージョンと新バージョンでは互換性があり、あくまで「一時的な」フォークであるという点です。つまり、過半数のマイナーと検証ルールが採用されればいずれ新しいブロックチェーンへ収束します。

基本的ソフトフォークは、永続的な分離でないため、新しい通貨が生まれることはなく、ビットコインも過去数回のソフトフォークをしています。

ハードフォーク

ハードフォークは、互換性・前方互換性のないアップデートのことで、ソフトフォークとは事にあり永続的な分岐のことを指します。ブロックチェーンにおけるハードフォークは、旧バージョンのルールを無効化とし、新バージョンのルールのみを採用するのでご完成がなく、旧バージョンと新バージョンが分離した状態でブロックチェーンが続く状態が起こります。

また、ブロックチェーンのフォークを行うためには、ネットワークに参加してるノードの「多数決による民主的な決定」が必要となり、意見が対立するとビットコイン・イーサリアムのように、新しい通貨が生まれる場合があります。

  • アップデートのためのハードフォーク(新通貨は生まれない)
  • ブロックチェーンの特性を利用してアルトコイン生成
  • ブロックチェーン更新に伴う対立によるハードフォーク

①アップグレードのためのハードフォーク

アップデートのためのハードフォークは、パソコン・スマホのOSのようにバージョンアップするためのアップデートです。ブロックチェーンではこれと同じように通貨内容の更新のためにハードフォーうが行われる場合がありあす。

このアップデートの場合は、仮想通貨技術のコミュニティがアップデート内容に賛成した上で、コミュニティ全体で同じアップデートを行うため、通貨分裂などが発生することはありません。

基本的に、大部分のネットワークが新しいバージョンのアップグレードされ、旧ブロックチェーンが機能しなくなります。

②ブロックチェーン特性を利用してアルトコイン生成

ビットコインなどが有名ですがこのハードフォークは、ビットコインキャッシュ、ビットコインゴールドが生成されるフォークです。

仮想通貨には、通貨毎にコミュニティが存在しますが、このハードフォークは、コミュニティ本体ではなく他のコミュニティが元の仮想通貨のブロックチェーンの機能を利用して違う通貨を生み出す時に発生するハードフォークです。

有名な通貨で言うと、ビットコインキャッシュ・ビットコインゴールドなどがありますが、他のコミュニティが新しいブックチェーンを生成するため、既存のブロックチェーンには影響がない場合がほとんどです。

  • 新しいブロックチェーン(ビットコインキャッシュ・ビットコインゴールド)
  • 古いブロックチェーン(ビットコイン)

③アップデート反対によるハードフォーク(内部分裂)

このハードフォークは、②つ目とは異なり「コミュニティ内の対立によって発生するハードフォーク」です。

このハードフォークは、第三者が新しいブロックチェーンを生み出すわけではく、コミュニティ内の意見の対立により発生するハードフォークであるため、市場・価格への影響が大きく分離した新チェーンが主要なチェーンとして扱われる可能性があります。

有名なものとしては、SegWit2xがあり、これはビットコイン自体のルール変更をしようとしたフォークであり、ブロックチェーンネットワークの1つのブロックサイズを1MBから2MBに変更しようとしたものでしたが、11月8日にデベロッパーのJeff Gazik氏やBitmain CEO Jihan Wu氏、最大手DEX ShapeShift CEOのErik Voorhees氏含む6人によって「現時点でのブロックサイズ引き上げのコンセンサスが得られていないのは明確」とし、延期が発表されました。

まとめ

ブロックチェーンの仕様を変更するために利用されるハードフォーク・ソフトフォークはブロックチェーンにおいて重要なことであり、市場に大きな影響を与えるためしっかり理解しておくことをおすすめします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう