Zcash(ジーキャッシュ)が2018年内に予定しているアップデートを発表。

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!
【1位】Zaif(ザイフ)剛力彩芽起用CMスタート!手数料安さNo1!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】GMOコイン リップル/ライトコイン購入におすすめ!

 ※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

12月8日に発表されたロードマップによると、Zcash(ジーキャッシュ)開発チームは来年中にネットワークアップグレードを計画しているという。

Zcashの公式ブログよると、共同創設者Zooko WilcoxとCTO Nathan Wilcoxは「Overwinter」「Sapling」の2つのアップデートを今年初めに発表した。そして、来年のアップグレードのゴールに、「zcashのパフォーマンス、セキュリティ、ユーザビリティの向上」を掲げています。

最初のアップデートであるOverwinterは、2018年6月に公開される予定です。ブログ内では「ガバナンス競争の場合でも、それ自体と将来のネットワークアップグレードはユーザーにとってより安全に行う」と書かれていにとどまり、現時点では詳細は不明ですが、ウィルコックス氏によると「このアップデートに関する詳細は今後のブログ記事で公開する」としています。

9月に予定されている2つ目のアップデートは、Sapling暗号技術を中心に行われます。それは、仮想通貨におけるプライバシー保護のための暗号化通信を強化することを目的としています。

Sapling暗号技術のアップデートでは、安全なトランザクションに必要な時間とメモリを大幅に改善、モバイルウォレットのサポートを可能にします。さらに、SaplingはPowers of Tauと呼ばれるZcashのセレモニーに依存していますが、Zcash以外のアプリケーションも含むzkSNARKアプリケーションのパラメータ生成を傍受されるリスクを大幅に緩和します。

その記事では、スマートコントラクトの機能やProof-of-Stakeアルゴリズムの研究など、他のアップグレードがあるかもしれないことを示唆しています。

「可能性としては、事実上無制限のトランザクション処理や、Proof-of-Stakeのような新しい承認アルゴリズム、匿名性があり拡張可能なスマートコントラクトを可能にするようなスケーラビリティの改善が含まれている」と彼らは記しています。

参照:https://www.coindesk.com/zcash-sets-roadmap-blockchain-upgrades-2018/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

国内取引所ランキング!(複数取引所登録は必須です)

【1位】GMOコイン - リップル/ライトコインを購入するならおすすめ!

※GMOコインならリップル・ライトコイン・イーサリアムなど複数通貨取引も簡単!レバレッジ5倍まで取引可能!

【2位】Zaif(ザイフ)- コインチェックからの乗り換えならザイフ

取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!ビットコインだけでなく、ネム(XEM)・モナコイン(MONA)を購入するならZaif(ザイフ)がおすすめ!

【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量世界一のbitFlyer(ビットフライヤー)。ビットコイン現物・FXならbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめ!レバレッジ最大15倍!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内仮想通貨取引所ランキングを全部見たい方はこちら