【仮想通貨】Verge(ヴァージ・XVG)価格の高騰理由/1年間で1900倍急騰

verge

▼【国内トップクラス!】低リスクで安定的に資産を増やしたい方におすすめ!全自動で世界水準の資産運用を実現するロボアドバイザー!

【登録無料!】Wealthnavi(ウェルスナビ)

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】bitbank(ビットバンク ) 高セキュリティの仮想通貨取引所だから安心!

▼【登録無料】土日・即日入金したいなら住信SBIネット銀行に登録しましょう!

住信SBIネット銀行の申込はこちら!

 

【仮想通貨】Verge(ヴァージ・XVG)価格の高騰理由とは

Verge(ヴァージ・通貨単位XVG)とは、プライバシー重視向けの優れた分散化仮想通貨(暗号通貨)です。

プライバシー保護のために複数匿名性ネットワーク、TOR、i2pなどの技術を採用しており、安全性・マイナーへの公平な分配を確保するために、Verge(ヴァージ)は、独自の5つのアルゴリズムを採用しています。匿名性の高い有名通貨で言うとDash、Monero、Zcashが有名です。

2017年には1円以下で価格推移していましたが、2017年12月のウイルス対策ソフトMcAfeeの創業者ジョン・マカフィーがVergeに対しての、言及により20円以上まで高騰しました。

※Verge(ヴァージ)を購入するには、「bitflyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」などに登録し、ビットコインを購入してから海外取引所「Binance(バイナンス)」に送金し購入する必要があります。(Binanceの登録・送金方法などこちら

Binance(バイナンス)無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト

Verge(ヴァージ)の高騰理由とは

 Verge(ヴァージ)は、2017年に入り1900倍まで高騰しており、現在20円前後急騰しました。
高騰した理由については、ウイルス対策ソフトMcAfeeの創業者ジョン・マカフィーがVergeについて言及したことがキッカケです。
「人々は、私におすすめする仮想通貨が何か聞いてくるが、頭を使えば、プライバシーコイン(匿名性の高い仮想通貨)が、最も大きな将来性を握ることがわかるだろう。例えば、Monero、DASH、Vergeなど
また、 Verge(ヴァージ)は、開発進捗なども良く、数千人以上が在籍する強いコミュニティがあるため他の通貨と比較しても価格が上がりやすい環境が整っていることも価格上昇の要因となっています。

 Verge(ヴァージ)の特徴

Vergeとはプライバシー重視の人向けの分散化された暗号通貨であり、以下6つの特徴を持っています。

①完全匿名性・プライバシーに焦点を当てていること

Verge(ヴァージ)は、TOR(トール)、i2pなどの複数匿名中心ネットワークを使用しています。その為、ユーザーIPアドレスが難読化され、トランザクション(取引)が完全に追跡不可能になっています。

レイス・プロトコルとは

Verge Blackpaper v3.0がリリースされ、レイス・プロトコルが採用されました。レイス・プロトコルは、ユーザーがVergeブロックチェーンのオープン元帳とプライベート元帳をシームレスに切り替えることを可能にするテクノロジーのことで、あなたはウォレットでレイス・プロトコルをオンにすることで、取引データを匿名化され、ブロックチェーンエクスプローラー上に表示しなくなることが可能です。

反対に。取引の透明性が要求される場合は、レイス・プロトコルはオフのままにしておけば、ブロックチェーンの仕組みのまま、取引データをオープン元帳上で参照できます。

②コミュニティの活性化

Verge(ヴァージ)は、国内のネム(NEM)・リップル( XRP)のように、数千人のコミュニティメンバーによって支えられています。しかし、事前に発掘された通貨やICOによって集めれた資金で運営されているわけでもなく移民間企業でもなく、開発・マーケティングは全てコミュニティによって運営されています。

③超高速取引

Verge(ヴァージ)のトランザクション速度は、他の通貨と比較しても超高速で、SPV(シンプル入金確認技術)の、平均の取引確認時間は約5秒となっています。

④活発な開発チーム

開発チームは、活発的に地域社会に密着しており、皆さん、簡単にVerge(ヴァージ)に関するサポートを受けることができたり、新しいアイデアを開発者に提供することが可能です!

⑤複数ウォレット対応

Verge(ヴァージ)は、複数のオペレーションシステムに安全に対応するため、複数のウォレットを提供しています。革命的なTorのAndroidの財布は、プライバシー重視のコインの中で独自の機能であるモバイル匿名性を提供しています。

⑥分権とオープンソース

Verge(ヴァージ)は、完全なオープンソースプラットフォームに基づいた分散型通貨で、中央集権的制御は存在していません。

概要

通貨コード(シンボル)XVG
発行開始2017年08月01日
承認アルゴリズムPOW(Scrypt, x17, groestl, blake2s, & lyra2rev2)
発行上限16,555,000,000 XVG
現在の流通量13,409,472,280 XVG
ブロック認証サイクル30 秒
公式サイト公式サイトリンク
ブロックチェーンExplorerブロックチェーンサイト
備考Torとi2Pによる匿名ネットワークを作り出す暗号通貨。

Verge(ヴァージ)の買い方(購入方法)

Verge(ヴァージ)は、現在国内取引所で購入することはできません。

Verge(ヴァージ)を購入するには、海外取引所「Binance(バイナンス)」から購入する必要があります。購入方法は以下の通りです。

  1. bitFlyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」などに登録
  2. 国内取引所でビットコインなど購入する
  3. 海外取引所Binance(バイナンス)に登録する((Binanceの登録・送金方法などこちら
  4. 海外取引所へビットコインなどを送金する
  5. Verge(ヴァージ)を送金する

以上の手順を踏みます。国内取引所の登録が完了してれば30~1時間程度の作業で購入することが可能です。

Verge(ヴァージ)の今後の将来性

Verge(ヴァージ)は、2017年に入り、1900倍まで高騰した通貨です。他の仮想通貨と比較しても開発者がコミットしており、開発進捗が良い通貨です。つまり、開発が活発であるということは、良いニュースが流れる可能性があるため価格が上がり安い傾向にあります。

また、コミュニティに関してもVerge(ヴァージ)を決済手段として活発的に啓蒙していることを考えると更に価格が上がる可能性があります。

備考

TOR(トーア)とは

TOR(トーア)とは、「送信先と発信元の情報を匿名化する技術」です。TCP/IPにおける接続経路の匿名化を実現するための規格、及びそのリファレンス実装であるソフトウェアの名称であり、P2P技術を利用したSOCKSプロキシとして動作する。Torという名称は、オリジナルのソフトウェア開発プロジェクトの名称である「The Onion Router」の頭文字を取ったものです。

i2p(アイ・ツー・ピー)とは

i2p(アイ・ツー・ピー)は、「不可視インターネットプロジェクト」の略で、コンピューターネットワークの送信先・送信者と匿名化し、暗号化するプロトコル名称のことです。

I2Pにおける通信では端点は暗号化された識別子(公開鍵暗号の鍵ペアにもとづく)によってネットワーク上で一意に識別されます。TCP/IPによる通信がホスト名(IPアドレス)とポート番号によって一意に識別される事と似ており、このI2Pの端点識別子からはIPアドレスを知る事ができないため、ネットワークの利用者、サービス提供者ともに匿名での通信が可能になります。

Verge(ヴァージ)を入手するならこちら

Binace(バイナンス)

おすすめポイント

  • 仮想通貨取引量世界7位!
  • 取扱い仮想通貨100種類以上!
  • 取引手数料0.1%!
  • ビットコインの分裂コインにも対応!

仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」は2017年7月に開設された中国の仮想通貨取引所です。日本語対応も開始しており、取引量も世界7位、取扱通貨も100種類以上と急成長してる仮想通貨取引所です!

また、取引手数料も0.1%と安く「メールアドレス」と「パスワード」だけで無料登録できます!(登録時間は1分程度)

公式サイトへ

仮想通貨取引量世界7位!

中国の仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」は2017年7月に開設された中国の仮想通貨取引所ですが、2017年11月時点で世界で仮想通貨取引量 ・流通量が7位と急成長をしている取引所になります!9月には日本語対応も開始してています!

取扱い仮想通貨100種類以上!

Binance(バイナンス)」の取扱い仮想通貨銘柄・種類は100種類以上になっています。国内で取扱数が最も多い「Coincheck(コインチェック)」でも13種類であり、その10倍以上のアルトコインなどを扱っています!

取引手数料0.1%

また、「Binance(バイナンス)」の取引手数料は、全て一律0.1%になっておりアルトコインも安く取引できるため、この点はおすすめです!

ビットコインの分裂コインにも対応!

Binance(バイナンス)」は、2017年11月25日にビットコインのハードフォーク(分裂)により誕生したビットコインダイヤモンド(BCD)の配布など、世界で最も早く配布対応をしており、今後も続くビットコインの分裂コインの配布にも対応してくれる可能性が高い取引所なっています!

公式サイトへ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう