【仮想通貨】TRON(トロン・TRX)の将来性/今後価格が上がるか予測

TRON
▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

【仮想通貨】TRON(トロン・TRX)の将来性/今後価格が上がる理由

TRON(トロン・通貨単位;TRX)とは、世界中の無料コンテンツエンターテイメントシステム構築を目的とした中国発のブロックチェーン分散プロトコルです。

創業者はJustin Sun(ジャスティン・サン)氏は、1000万人以上のユーザーをもつ音楽ストリーミングサービス『Peiwo』のCEOでもあり、各ユーザーが自由に、自分自身のデータを開放、コンテンツの配信、サブスクリプション型の課金方法などを決定することが可能です。

TRON(トロン)は取引開始時点では0.2円で推移していましたが、2017年12月には7円以上を記録しており80倍まで価格を上げています。

今回は、TRON(トロン)の将来性や価格が上がる理由を紹介していきます。

※上記通貨を購入するには、「Zaif(ザイフ)」「bitFlyer(ビットフライヤー)」などに登録し、ビットコインを購入してから海外取引所「Binance(バイナンス)」送金し購入する必要があります。(Binanceの登録・送金方法などこちら

Binance(バイナンス)無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

TRON(トロン)の将来性

TRXが価格が今後も期待できる理由は、やはり創業者が起業家して成功しており、中国国内で大きな影響力があることでしょう。以下は、TRXに関する価格高騰理由ですが、他の通貨では考えられないほどのネットワークを気づいており、将来性は高いと考えています。

NASDAQ上場企業や1億人ユーザーを持つ大手企業とのパートナシップを発表

201812日に1000万人以上のユーザーをもつ音楽ストリーミングサービス『Peiwo』のCEO、且つ、TRON(トロン・TRX)創業者のJustin Sun(ジャスティン・サン)氏が、NASDAQ上場企業や1億人ユーザーを持つ大手企業とのパートナーシップの準備している」ことを発表。

また12日にはCryptoKitties(クリプトキティーズ)のような「デジタル猫ゲーム」の一部を公開しており、開発は順調に進んでいるようです。

1億人以上のユーザーを持つサービス

  • 検索エンジン最大手『Baidu 4.4億人
  • EC最大手 『アリババ』 4.5億人
  • 中国版チャットアプリ『WeChat 11億人
  • 最大級の旅行クチコミサイト『Mafengwo 1億人
  • 中国版ツイッター 『weibo 3億人
  • ニュースアプリ 『Toutiao6
  • ビジネス向けチャット QQ 8億人

NASDAQ上場企業や1億人ユーザーを持つ大手企業とのパートナシップを発表し高騰

日本国内取引所上場への発言

12月25日にはJustin Sun(ジャスティン・サン)氏はツイッター上で、「日本国内取引所への上場のために、日本の金融規制当局に上場申請つもりである」との発言をしました。国内取引所でTRXを扱うとするならば、仮想通貨交換業の申請が完了しており、様々な通貨を扱っている「Zaif(ザイフ)」「QUOINEX(コインエクスチェンジ)」などが想定されますが、まだ確定ではないため情報待ちです。

TRON 創業者ジャスティン・サン氏が、日本国内取引所への上場のための準備をしてることを発表。

TRONネットワークベースのゲームリリース・新規取引所上場を発表

12月29日に公式ツイッターで、以下の4つの項目の発表をしました。

  • 「TRONネットワークベースのゲームリリース」
  • 「コインバーンの確認されたこと(1Q)」
  • 「アリババ関係の開発者が参画」
  • 「サンフランシスコオフィスを準備」

「TRONネットワークベースのゲームリリース・新規取引所上場を発表」

Bitmain創業者ジハン・ウー氏の出資

ジハン・ウー氏とは、世界最大のマイニング企業である「Bitmain」創業者です。ビットコインの価格はマイナーによって影響されますが、その点においてか仮想通貨業界でもトップの影響力をもつジハン・ウー氏が出資したとなると、有力なプロジェクトとして認識して良いでしょう。

 中国三大取引所OKEx上場発表

また、TRXは、中国三大取引所OKEx上場を発表しており12月22日から取引が開始される予定です。

シンガポール発自転車シェアリングサービス「oBike(オーバイク)」との提携

また、12月24日には、シンガポール発自転車シェアリングサービス「oBike(オーバイク)」との提携を発表。現在、Obikeは20カ国以上で1000万人以上のユーザーが利用する自転車シェアリングサービスであり、『Peiwo』のユーザーと合計するとTRONネットワークは約4000万人以上となり注目されています。

 

「Alibaba(アリババ)」と連携

TRON創業者のJustin Sun氏は、アリババの創業者であるJack Ma氏が個人的に設立した大学に招待されたが年間約40人の学生のみが受けられるJack Ma氏の講義コースに合格している。

TRONはJack Ma氏が創業したアリババのサービスであるAliexpress(アリエクスプレス)で利用可能なることを2017年15日に発表。Justin Sun氏とJack Ma氏が連携すれば、TRONの利便性が高まるため価格は一気に高騰する可能性があるとおもわれている。

 TRON(トロン)の買い方・購入方法

※上記通貨を購入するには、「Zaif(ザイフ)」「bitFlyer(ビットフライヤー)」などに登録し、ビットコインを購入してから海外取引所「Binance(バイナンス)」送金し購入する必要があります。(Binanceの登録・送金方法などこちら

Binance(バイナンス)無料登録はこちら

TRON(トロン)とは

TRON(トロン・通貨単位;TRX)とは、世界中の無料コンテンツエンターテイメントシステム構築を目的とした中国発のブロックチェーン分散プロトコルで、以下のような特徴があります。

①『Peiwo』CEOが創業

TRON(トロン)はJustin Sun(ジャスティン・サン)氏は、1000万人以上のユーザーをもつ音楽ストリーミングサービス『Peiwo』のCEOが創業しており、2017年にはTRXを預金できるようになります。ICOなどで資金を調達したプロジェクトは、資金調達後に稼働しない場合もありますが、仕掛けに人が起業化ということもあり注目されているプロジェクトです。

②Bitmain創業者「ジハン・ウー氏」も関わっている。

TRON(トロン)は、世界最大のマイニング企業であるBitmain創業者「ジハン・ウー氏」が支援してるプロジェクトです。Omisegoなどもそうですが、支援者に影響力を持つことは、開発・マーケティング観点でもかなり有利に働きます。

③非営利団体の開発チームがサポート

TRON(トロン)は、オープン性、公平性、透明性の原則でトロンネットワークを運用することを主な目的とする非営利団体であるシンガポールのTron Foundationが運営しています。トロン財団は、会計および企業規制当局の承認を得て、シンガポールの会社法の監督および規制の下で設立されており、独立行政法人から独立した独立した経営と運営のために、適格受託者によって形成された理事会または理事会によって運営されています。

また、非営利団体として設立されているため、公的または私的利益のための活動を支援し、関与する商業的利益を持たない法人が運営しており、財団のメンバーは、利益の分配に決しては関与しない仕組みになっています。

TRON(トロン)のコアバリュー

TRONの設計は以下のコアバリュ=を持ちます。

①ユーザーがデータ所有権を持つこと

1.デー作成者(ユーザー)は、データの基本的な所有権を持ち、インターネットが分散化されなければなりません。

これは、インターネットが生まれた時、インターネットを作成するための本来の意図で医師ティム・バーナーズ=リーによって提案されました。

②トロンに貢献する者は、規則に従って利益を得ることができる

バリュー・ネットワークは、デジタル、ソーシャルメディアネットワークで何かを生かすことが最大の利点があり、トロンの規則に従いながら利益を得ることが可能です。

③すべての形式の寄付は、同等の量的価値であること

実質的には、参加者が投資した時間、優れたコンテンツが作成され、注目されるのは、完成した首都と同等のメジャー値です。

④一般の人々にサービスを提供すること

トロンは、非営利団体が運営するエコロジーとして、利益を得る目的ではなく世界中のコンテンツエンターテインメントを楽しむ大衆に役立つように設計されています。すべてのトロン参加者は、繁栄の恩恵を受けることができるよう設計されています、。

⑤コンテンツは、支配されず利益のために利用されるべきではない。

コンテンツは、人々を支配するのではなく、人々に報いるために使用すべき資本ではなく、人々から派生しなければなりません。創造的、文化的産業は、コンテンツを消費しない資本家ではなく、コンテンツクリエイター、アーティスト、脚本家による芸術とコンテンツの質の追求によって主に推進されるべき

概要

通貨コード(シンボル)TRON(TRX)
発行開始2017年08月01日
承認アルゴリズム
発行上限100,000,000,000 TRX
現在の流通量10,066,908,392 TRX
ブロック認証サイクル
公式サイト公式サイトリンク
ブロックチェーンExplorerブロックチェーンサイト
備考世界中の無料コンテンツエンターテイメントシステム構築を目的とした中国発のブロックチェーン分散プロトコル

TRON(トロン)を入手するBinance

Binace(バイナンス)

おすすめポイント

  • 仮想通貨取引量世界7位!
  • 取扱い仮想通貨100種類以上!
  • 取引手数料0.1%!
  • ビットコインの分裂コインにも対応!

仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」は2017年7月に開設された中国の仮想通貨取引所です。日本語対応も開始しており、取引量も世界7位、取扱通貨も100種類以上と急成長してる仮想通貨取引所です!

また、取引手数料も0.1%と安く「メールアドレス」と「パスワード」だけで無料登録できます!(登録時間は1分程度)

公式サイトへ

仮想通貨取引量世界7位!

中国の仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」は2017年7月に開設された中国の仮想通貨取引所ですが、2017年11月時点で世界で仮想通貨取引量 ・流通量が7位と急成長をしている取引所になります!9月には日本語対応も開始してています!

取扱い仮想通貨100種類以上!

Binance(バイナンス)」の取扱い仮想通貨銘柄・種類は100種類以上になっています。国内で取扱数が最も多い「Coincheck(コインチェック)」でも13種類であり、その10倍以上のアルトコインなどを扱っています!

取引手数料0.1%

また、「Binance(バイナンス)」の取引手数料は、全て一律0.1%になっておりアルトコインも安く取引できるため、この点はおすすめです!

ビットコインの分裂コインにも対応!

Binance(バイナンス)」は、2017年11月25日にビットコインのハードフォーク(分裂)により誕生したビットコインダイヤモンド(BCD)の配布など、世界で最も早く配布対応をしており、今後も続くビットコインの分裂コインの配布にも対応してくれる可能性が高い取引所なっています!

公式サイトへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう