【仮想通貨】NEO(ネオ)価格の高騰理由/1年間で40倍以上

neo

 

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】bitbank(ビットバンク ) 高セキュリティの仮想通貨取引所だから安心!

▼【登録無料】土日・即日入金したいなら住信SBIネット銀行に登録しましょう!

住信SBIネット銀行の申込はこちら!

 

【仮想通貨】NEO(ネオ)価格の高騰理由/1年間で40倍以上

NEO(ネオ)とは、中国初のオープンソース、パブリックブロックチェーンプロジェクトで”中国版イーサリアム”と呼ばれ注目されている暗号通貨です。

NEO(ネオ)は、分散型ネットワークで「スマートエコノミー」を実現するために、ブロッチチェーン技術やデジタルIDを利用し、デジタン資産を自動的に管理するために「スマートコントラクト」を用いたプロジェクトであり、非営利団体のコミュニティが管理しています。

今回は、NEO(ネオ)の高騰理由などをご紹介してきます。

※上記通貨を購入するには、「Zaif(ザイフ)」「bitFlyer(ビットフライヤー)」などに登録し、ビットコインを購入してから海外取引所「Binance(バイナンス)」送金し購入する必要があります。(Binanceの登録・送金方法などこちら

Binance(バイナンス)無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト

NEO(ネオ)の高騰理由とは

NEO (ネオ)の価格の価格が高騰した理由としては以下のようなものがあります。

イーサリアムからNEOへの移行

2017年11月20日、ProjectICOと呼ばれるICOプラットフォームがイーサリアムベースのアプリケーションをNEOプラットフォームに移管すると発表しました。

この傾向は、2018年でも中国を中心にINEOを利用するICOが増加しており、現在ではICOでNEOを利用するのが、一般的になっています。これは「NEOが高速で取引手数料がかかりにくい」「開発言語が豊富」であることが理由だと想定されます。

開発言語の豊富さ

イーサリアムにスマートコントラクトを書こうとする開発者は、そのプラットフォームの独自のプログラミング言語であるSolidityを知る必要がありましす。

しかし、NEOはC#とJava、Ruby、JavaScriptなど多様な言語に対応しており、開発をサポートするためのコミュニティに参加したい開発者にとってはより使いやすい言語です。

Redditのスレッドで議論されているように、BTCは仮想通貨1.0、ETHは仮想通貨2.0、NEO(ネオ)は仮想通貨3.0と言われています。

その為、NEOを利用するプロジェクトが増加し価格が上昇しています。(NEO(ネオ)が市場不況にもかかわらず$180ドルと最高値更新

マイクロソフトとの提携

NEO(ネオ)は、2017年11月に2018年3月にマイクロソフトと連携して開発者会合を開催すると発表しました。「中国初の開発者コンテスト」と銘打ったイベントは、オンチェーンやエラストス等の新興ブロックチェーン団体からの支援も受けて行われるとしてます。今回のDevconでは賞金50万ドル(5,500万円)が用意されおり、NEOのブロックチェーンとMicrosoftの開発環境やツールの支援を受けて優れたアプリケーションを提供するコンテストでこの発表により、価格は1日で50%上昇しました。

https://twitter.com/NEO_Blockchain/status/932615357289902080

NEO(ネオ)の買い方(購入方法)

この通貨は、現在国内取引所で購入することはできません。

購入するには、海外取引所「Binance(バイナンス)」から購入する必要があります。購入方法は以下の通りです。

  1. 国内取引所「Zaif(ザイフ)」「bitFlyer(ビットフライヤー)」などに登録でビットコインなど購入する
  2. 海外取引所Binance(バイナンス)に登録する((Binanceの登録・送金方法などこちら
  3. 海外取引所へビットコインなどを送金する
  4. 買いたい通貨を購入する

以上の手順を踏みます。国内取引所の登録が完了してれば30~1時間程度の作業で購入することが可能です。

NEO(ネオ)の特徴

NEO(ネオ)は、2014年に設立、2015年にICOを実施し2016年から取引開始された通貨で、、NEOは、「スマートエコノミー」の新しい時代に私たちの伝統的な経済をシフトすることを目的しており、透明性が高く、公平さを保つ秩序あるインターネット経済を目指しています。

NEONEO)とNeoGasGAS)の2つのトークンがある

NEOには、NEONEO)とNeoGASGAS)と呼ばれる2つのネイティブトークンがあります。

NeoGASは、NEOを利用する時にかかる手数料のことをよび、NEOのアプリケーションを稼働させるために手数料が必要になりますが、手数呂は、アプリケーションを動かす元となっているので「燃料」=「ガス」という名称がついています。

NEOはビットコインとは違い、アプリケーション開発プラットフォームを目的として作られており、ブロックチェーンを稼働させるのマイナーへのインセンティブとして利用されます。つまり、イーサリアムと同じ仕組みだと考えて良いでしょう。

NEOの最大供給量は1NEOで、GASも同じく1GASとなっています。

②様々なアプリケーション実装可能

NEOでは、様々なDAPPS の実装が可能でです。Dappsとは、非中央集権・分散型のアプリケーション、Decentralized Applicationsの略称のことです。NEOでは、スマートコイントラクタ実装、分散型取引所、トレーディングシステム、ICOプロジェクト、決済システム、予測市場システム、LoT、ソーシャル・ネットワーキングなどの実装が可能になっています。(https://neo.org/dapps

  • NEX:分散型取引所
  • Switcheo:分散型取引所
  • AdEx:分散型取引所
  • NeoTrade:トレーディングプラットフォーム
  • RedPluseNEMベースでICOしたプロジェクト
  • Zeepin:クリエイター向けの権利管理・決済システム
  • QlinkP2P電波シェアサービス
  • Neo Smart IoTIoT
  • Imusify:音楽市場特化型分散型プラットフォーム
  • Chain LineP2P宅配サービス
  • BlockAuth:ログインサービス
  • Phantasma:コンテンツ管理システム
  • Turing Complete Smart Contract:スマートコントラクト実装
  • Krypton:スマートコントラクト実装
  • NepSwap:スマートコントラクトプロトコル
  • Lucky NEO:オンラインくじ
  • Neo Raffle:オンラインくじ
  • Smart Promise :貯金アプリ
  • Neo Fund:クラウドファンディング
  • Sunny dApp :天候デリバティブ
  • NEO Name ServiceNEOドメインのネームサービスx

③開発言語の豊富さ

NEO(ネオ)も特徴として優れている点は、開発言語の豊富ですCC+C#JavaPythonRubyJavascriptなどのほぼ全ての言語に対応しておりアプリケーション開発がし易い環境が整備されています。

コンセンサスメカニズムにDBFTを採用

DBFTDelegated Byzantine Fault Tolerant)は、代理投票による大規模な参加を可能にするビザンティン耐障害性コンセンサスメカニズムです。

NEOトークンの所有者は、投票することによって、それがサポートする帳簿係(ブックキーパー)を選ぶことができ、ビザンチンの障害への耐性にも優れています。

DBFTは、n個のコンセンサスノードからなるコンセンサスシステムに対して、f = (n-1) / 3 ⌋のフォールトトレランスを提供する。このフォールトトレランスには、セキュリティと可用性の両方、一般およびビザンチンの障害への耐性も含まれ、あらゆるネットワーク環境に適しています。DBFTは優れた最終性を持っています。つまり、一度承認が確定すると、ブロックは分岐できず、トランザクションは取り消されたりロールバックされたりしません。

選択されたブックキーパーのグループは、BFTアルゴリズムを介してコンセンサスに達し、新しいブロックを生成します。NEOネットワークにおける投票は、固定期間に基づくのではなく、リアルタイムで継続され、ブロックの生成に約15~20秒かかるため、トランザクションスループットは約1,000TPSまで測定され、パブリックチェーン間で優れたパフォーマンスが得られます。適切な最適化により、10,000TPSに達する可能性があり、大規模な商用アプリケーションをサポートすることができます。

⑤NEO独自のスマートコンストラクタシステム(NeoContract)

NEOのスマートコントラクトシステムは、3つの部分で構成されています。 これにより開発者は新しい言語を学ばずともアプリケーションを開発することが可能です。

NeoVM – ユニバーサルブロックチェーン仮想マシン

NeoVMは、アーキテクチャーがJVMおよび.NETランタイムに非常に近い軽量の汎用仮想マシンであり、契約の命令を順番に読み取り、実行し、命令操作や論理演算などの機能に基づいてプロセス制御を実行する仮想CPUと同様です。

速い起動速度と高い汎用性を持ち、スマートコントラクトのような小さなプログラムに非常に適しており、非ブロックチェーンに移植することも、最適な開発経験を提供するIDEと統合することもできます。JIT(リアルタイムコンパイラ)メカニズムを導入するなど、NeoVMの機能を拡張して、実装の効率を向上させることができます。

InteropService – 相互運用可能なサービス

ブロックチェーン元帳、デジタル資産、デジタルID、永続ストレージ領域、その他の基礎となるサービスをロードするために使用されます。これらは、仮想マシンに提供される仮想マシンのようなものであり、スマートコントラクトが実行時にこれらのサービスにアクセスして高度な機能を実現します。

この低結合設計により、NeoVMはあらゆるブロックチェインや非ブロックチェインシステムに移植することができ、スマートコントラクトの有用性を高めます。

DevPack – コンパイラとIDEプラグイン

DevPackには、高水準言語コンパイラとIDEプラグインが含まれています。NeoVMのアーキテクチャはJVMおよび.NET Runtimeと非常によく似ているため、DevPackのコンパイラはJavaバイトコードと.NET MSILNeoVMの命令セットにコンパイルできます。Java / KotlinC#開発者は新しい言語を習得する必要はなく、スマートコントラクトの開発をすぐに開始することができます。

これにより、スマートコントラクトを開発するための学習曲線が大幅に縮小され、NeoContractを中心に活気のあるコミュニティを簡単に構築できます。

⑥クロスチェーン相互運用性契約:NeoX

NeoXは、クロスチェーン相互運用性を実装するプロトコルです。NeoXは、「クロスチェーンアセット交換プロトコル」と「クロスチェーン分散トランザクションプロトコル」の2つの部分に分かれています。

クロスチェーン資産交換契約

NeoXは、複数の参加者が異なるチェーン間で資産を交換できるように、既存の二軸原子アセット交換プロトコルに拡張され、トランザクション処理全体のすべてのステップが確実に成功するか失敗するかを承認します。この機能を実現するには、NeoContract関数を使用して各参加者の契約アカウントを作成する必要があります。他のブロックチェーンがNeoContractと互換性がない場合、単純なスマートコントラクト機能を提供できる限り、NeoXと互換性があります。

クロスチェーン分散トランザクションプロトコル

クロスチェーン分散トランザクションとは、トランザクションの複数のステップが異なるブロックチェーンに分散され、トランザクション全体の一貫性が保証されることを意味します。これは、クロスチェイン・アセット交換の拡張であり、アセット交換の動作を任意の動作に拡張します。素人の言葉で言えば、NeoXは、スマートコントラクトが複数のチェーンで異なるパートを実行できる、クロスチェーン・スマート・コントラクトを可能にします。これはクロスチェインコラボレーションのための優れた可能性をもたらし、我々はクロスチェインスマートコントラクトアプリケーションシナリオを模索している。

⑦分散ストレージプロトコル:NeoFS

NeoFSは、分散ハッシュテーブル技術を利用した分散ストレージプロトコルです。NeoFSは、ファイルパス(URI)ではなく、ファイルコンテンツ(ハッシュ)を介してデータをインデックス付けします。大きなファイルは、多くの異なるノードに分散されて格納されている固定サイズのデータブロックに分割されます。

このタイプのシステムの主な問題は、冗長性と信頼性のバランスをとる必要があることです。NeoFSはトークンインセンティブとバックボーンノードの確立によってこの矛盾を解決する予定です。ユーザーはファイルの信頼性要件を選択できます。信頼性の低い要件を満たすファイルは、無料で、またはほとんど無料で保存およびアクセスすることができます。信頼性の高い要件は、安定した信頼性の高いバックボーンノードによって提供されます。

NeoFSは、NeoContractシステムのInteropService相互運用性サービスの1つとして機能し、大規模なファイルをブロックチェーンに格納し、それらのファイルへのアクセスを設定することができます。また、NeoFSとデジタルIDを組み合わせることで、デジタルIDで使用されているデジタル証明書を中央サーバーで管理することなく、割り当て、送信、および取り消すことができます。将来、古いブロックデータをNeoFSに保存することができます。これにより、ほとんどのフルノードが古いデータを解放してスケーラビリティを向上させると同時に、履歴データの整合性を確保します。

⑧反量子暗号メカニズム:NeoQS

量子コンピュータの出現は、RSAおよびECCベースの暗号化メカニズムに大きな課題を引き起こします。量子コンピュータは、非常に短時間で多数の分解問題(RSAに依存する)および楕円曲線離散対数(ECCが依存する)を解決することができる。NeoQSQuantum Safe)は、格子ベースの暗号化メカニズムです。現在、量子コンピュータは、最短ベクトル問題(SVP)および最密ベクトル問題(CVP)を迅速に解決する能力を有しておらず、これは量子コンピュータに抵抗する最も信頼できるアルゴリズムであると考えられている。

概要

通貨コード(シンボル)NEO
発行開始2016年8月1日
承認アルゴリズムPOW(Scrypt, x17, groestl, blake2s, & lyra2rev2)
発行上限100,000,000 NEO
現在の流通量50,000,000 NEO
ブロック認証サイクル 10~20秒
公式サイト公式サイトリンク
ブロックチェーンExplorerブロックチェーンサイト
ソースコードソースコード

 

NEO(ネオ)を入手するならこちら

Binace(バイナンス)

おすすめポイント

  • 仮想通貨取引量世界7位!
  • 取扱い仮想通貨100種類以上!
  • 取引手数料0.1%!
  • ビットコインの分裂コインにも対応!

仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」は2017年7月に開設された中国の仮想通貨取引所です。日本語対応も開始しており、取引量も世界7位、取扱通貨も100種類以上と急成長してる仮想通貨取引所です!

また、取引手数料も0.1%と安く「メールアドレス」と「パスワード」だけで無料登録できます!(登録時間は1分程度)

公式サイトへ

仮想通貨取引量世界7位!

中国の仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」は2017年7月に開設された中国の仮想通貨取引所ですが、2017年11月時点で世界で仮想通貨取引量 ・流通量が7位と急成長をしている取引所になります!9月には日本語対応も開始してています!

取扱い仮想通貨100種類以上!

Binance(バイナンス)」の取扱い仮想通貨銘柄・種類は100種類以上になっています。国内で取扱数が最も多い「Coincheck(コインチェック)」でも13種類であり、その10倍以上のアルトコインなどを扱っています!

取引手数料0.1%

また、「Binance(バイナンス)」の取引手数料は、全て一律0.1%になっておりアルトコインも安く取引できるため、この点はおすすめです!

ビットコインの分裂コインにも対応!

Binance(バイナンス)」は、2017年11月25日にビットコインのハードフォーク(分裂)により誕生したビットコインダイヤモンド(BCD)の配布など、世界で最も早く配布対応をしており、今後も続くビットコインの分裂コインの配布にも対応してくれる可能性が高い取引所なっています!

公式サイトへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう