前米連邦預金保険公社(FDIC)議長「ビットコインを禁止すべきではない」と主張

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

米連邦預金保険公社(FDIC)の前議長を務めたSheila Bair氏は、「本質的価値」を持たないという理由だけで、ビットコインを禁止すべきではないと主張している。

今週のYahoo Financeに掲載された記事では、投資家を守るための政策が必要だと述べている。また、その記事で、通貨そのものは、かつてはビットコインのようなものであった。つまり、人々が貿易の媒介物を必要とし、「物理的価値よりも心理的価値」に依存していたので、社会によって価値が付加されたものだった。

彼女は付け加えた:

「ビットコインについて独自の価値判断をするのではなく、政府が取り組まなければならないのは、我々の政策がこの熱気に水をささないようにすることだ」

Bairのビットコインをサポートするというもくろみは、彼女がいくつかのブロックチェーンと仮想通貨関連のプロジェクトのアドバイザーとディレクターであることを考えると、まったく驚くべきことではないが、財政の信頼性と安定性を確保するために議会が作成したFDICという組織の議長を務めた彼女の能力を考えると、それは注目に値するものだ。

彼女は2006年から2011年にFDICを率いた。

「商取引の開始以来、人間は明らかに本質的価値のないものに容易に価値を割り当ててきました。特に交換の媒体、通貨とも呼びますが、それは私たちが取引する人が価値があると考えるがゆえに価値がついたのです。」

Bairは付け加えた。

そして最後に、1920年代のドイツや1990年代の東南アジア諸国など、通貨の価値を維持できなかったいくつかの歴史的事例を引用して、政府の役割は、詐欺や市場操作がない、銀行組織からのビットコインの投機を禁止された、公平で情報開示の伴った市場を確保することに焦点を当てるべきだと彼女は考えている。

参照:https://www.coindesk.com/former-fdic-chair-bitcoin-policies-shouldnt-feed-frenzy/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう