【仮想通貨】BNB(Binance Coin・バイナンスコイン)の将来性/今後価格が上がる可能性

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!
【1位】Zaif(ザイフ)剛力彩芽起用CMスタート!手数料安さNo1!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】GMOコイン リップル/ライトコイン購入におすすめ!

 ※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

【仮想通貨】BNB(Binance Coin・バイナンスコイン)の将来性/今後価格が上がる可能性

Binance CoinBNB・バイナンスコイン)とは、中国仮想通貨取引所である「Binance(バイナンス)」が発行しているERC20トークン(イーサリアムトークン)内の1つです。201771日にICOで販売され、その後、取引金額が100倍以上に上昇。

また、Binance CoinBNB)で取引すると手数料が0.1%から0.05%になる通貨です。

今回は、Binance CoinBNB)の将来性についてご紹介してきます!

※バイナンスコイン(BNB)を購入するには、「Coincheck(コインチェック)」「Zaif(ザイフ)」などに登録し、ビットコインを購入してから海外取引所「Binance(バイナンス)」送金し購入する必要があります。(Binanceの登録・送金方法などこちら

Binance(バイナンス)無料登録はこちら

Binance CoinBNB)の将来性

Binance CoinBNB)には、年々価格があがる仕組みを構築している優れた通貨になっています。

将来的に価格があがる理由としては大きく3つの理由があります。

①Binanceユーザー数増加

Binance(バイナンス)」とは、20177月にICOにより資金調達を行いサービスを開始した取引所で、半年間で仮想通貨取引量世界7位になった取引所です。そして、BNBはこの取引所で発行されてる独自の通貨であり、BNBで仮想通貨取引を行うと「手数料50%割引になるという特徴をもっています

つまり、「Binance(バイナンス)」自体のユーザー数が増えれば、自然とBNBが購入されるようになるため価格が高騰します。

②四半期毎に市場への通貨流通量が減少し、価格は高騰

Binance CoinBNB)の発行上限枚数は2億BNBとなっており、全て発行されています。B

NBは取引手数料を抑えられるため、多くの利用者購入していますがこの取引手数料の割引は年々低下してきます。

また、毎年4半期ごとにBinance自体が利益の20%を買い戻しすることになっており、供給量が減るため、需要が増加し結果としてBNBの価値があがる仕組みになります。

ビットコインなどで言う半減期毎に価格が高騰するようなものだと考えればわかりやすいと思います。

③ICOプラットフォーム上での利用・上場コインへの投票権獲得

BNBICOプラットフォームである「Binance Launchpad」上で行われるICOの通貨購入に利用することが可能です。つまり「Binance Launchpad」を利用してICOをするプロジェクトが増加すれば、日本でいうコムサトークンのように価格が高騰する可能性性があります。

コムサトークンの場合は、ICO時100円でしたが2ヶ月間で600円まで価値を上げています。

また、Binance CoinBNB)は、「Binance(バイナンス)」で上場させる通貨投票券を獲得されるのにも利用されるので、ICOで資金調達したプロジェクトで利用される通貨などを上場させること可能になります。

Binance CoinBNBの買い方・購入方法

Binance CoinBNBは、現在国内取引所で購入することはできません。

Binance CoinBNBを購入するには、海外取引所「Binance(バイナンス)」から購入する必要があります。購入方法は以下の通りです。

  1. Coincheck(コインチェック)」「Zaif(ザイフ)」などに登録
  2. 国内取引所でビットコインなど購入する
  3. 海外取引所Binance(バイナンス)に登録する((Binanceの登録・送金方法などこちら
  4. 海外取引所へビットコインなどを送金する
  5. Binance CoinBNBを購入する

以上の手順を踏みます。国内取引所の登録が完了してれば30~1時間程度の作業で購入することが可能です。

Binance(バイナンス)とは

Binance(バイナンス)」とは、20177月にICOにより資金調達を行いサービスを開始した取引所で、半年間で仮想通貨取引量世界7位になった取引所です。

バイナンスは、(Binance – BinaryFinance)から名付けられた取引所であり、セキュリティ、効率性、スピード、スケーラビリティを念頭に設計されています。またバイナンスは何十年にもわたって、経済を形作る世界レベルの金融システムを構築し維持する経験を持つ取引所です。

Binance CoinBNB)の特徴

Binance CoinBNB)とは、中国仮想通貨取引所である「Binance(バイナンス)」が発行しているERC20トークン(イーサリアムトークン)内の1つです。Binance(バイナンス)とは「Binary+Finance」から由来が来ており暗号通貨(仮想通貨)の取引所で、ICOで資金調達をしており2017年の714日にオープンしました。そのICOによる資金調達の為に利用されたのでBNBです。

①取引手数料0.05%

Binance(バイナンス)の場合、BTCUSDTETHなどのペアで取引する場合、取引手数料は0.01%になっています。

しかし、バイナンスコインで取引すると手数料が0.05%まで安くなる特徴を持っています。

取引手数料は、初年度50%、2年目25%、3年目12.5%、4年目6.75%、5年目以降からは割引なしとなります。

ERC20トークン

Binance CoinBNB)は、ERC20トークン(イーサリアム・トークン)の1つで、イーサリアムのブロックチェーン上で発行された仮想通貨です。ERC20とは、イーサリアム上で使われる規格のことで、RCとはイーサリアムの技術の仕様を指し、20番目に定められた仕様であるため、ERC20トークンと呼びます。

ERC20トークンには、AugerQtumなどがあり、ECR20を基準にしたトークンであれば、どのトークンも送信受信ができたりすることが可能です。ERC20フォーマットに対応したウォレットを利用すれば、簡単にトークンの送受信が可能です。

通常であれば、仮想通貨を扱うためには、仮想通貨ごとのプロトコルに合わせて開発する必要がありますが。ERC20トークンならその工数を削減できるメリットがあります!

スマートコントラクトより、分散型取引所(DEX)構築が可能!

ERC20トークンはイーサリアムベースのトークンでありスマートコントラクトの利用が可能です。そのため、中央管理者がいない分散型取引所(DEX)による仮想通貨の取引が可能であり、ブロックチェーン上に存在しているためハッキングされる可能性、システムダウンや倒産リスクを軽減することが可能です。

ホワイトペーパーには将来的に分散型取引所(DEX)を始める可能性が書いてあります!

③四半期ごとに価格が高騰

Binance CoinBNB)の発行上限枚数は2億BNBとなっており、全て発行されています。BNBは取引手数料を抑えられるため、多くの利用者購入していますが、この取引手数料の割引は年々低下してきます。

毎年4半期ごとにBinance自体が利益の20%を買い戻しすることになっており、供給量が減るため、需要が増加し結果としてBNBの価値があがる仕組みになります。

最終的には全体発行枚数の50%である1BNBが買い戻しされる予定です。

Binance CoinBNB)の今後の価格

Binance CoinBNB)に関しては、上記の通り毎年バイナンスの買い戻しが発生するため、価格が上昇する仕組みが構築されています。

つまり買い戻しが発生するたびに、市場に出回る通貨数が減少するため価格は上昇します。ICO時点から現在まですでに数十倍以上の価値がついており、バイナンスユーザーの増加と四半期ごとの買い戻しによりさらに価格は上がると考えられます。

また、BNBICOプラットフォームであるBinance Launchpad上で行われるICOの通貨購入に利用されたり、。Binance上場コインへの投票権の獲得などにも利用されます。(国内で言うとZaifで取引されているコムサトークン(CMSトークン)と似たようは仕組みです。

このため取引手数料割引がなくとも、BNBは価値を上げる仕組みを整えているのです。

Binanceの登録はこちら!

Binace(バイナンス)

おすすめポイント

  • 仮想通貨取引量世界7位!
  • 取扱い仮想通貨100種類以上!
  • 取引手数料0.1%!
  • ビットコインの分裂コインにも対応!

仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」は2017年7月に開設された中国の仮想通貨取引所です。日本語対応も開始しており、取引量も世界7位、取扱通貨も100種類以上と急成長してる仮想通貨取引所です!

また、取引手数料も0.1%と安く「メールアドレス」と「パスワード」だけで無料登録できます!(登録時間は1分程度)

公式サイトへ

仮想通貨取引量世界7位!

中国の仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」は2017年7月に開設された中国の仮想通貨取引所ですが、2017年11月時点で世界で仮想通貨取引量 ・流通量が7位と急成長をしている取引所になります!9月には日本語対応も開始してています!

取扱い仮想通貨100種類以上!

Binance(バイナンス)」の取扱い仮想通貨銘柄・種類は100種類以上になっています。国内で取扱数が最も多い「Coincheck(コインチェック)」でも13種類であり、その10倍以上のアルトコインなどを扱っています!

取引手数料0.1%

また、「Binance(バイナンス)」の取引手数料は、全て一律0.1%になっておりアルトコインも安く取引できるため、この点はおすすめです!

ビットコインの分裂コインにも対応!

Binance(バイナンス)」は、2017年11月25日にビットコインのハードフォーク(分裂)により誕生したビットコインダイヤモンド(BCD)の配布など、世界で最も早く配布対応をしており、今後も続くビットコインの分裂コインの配布にも対応してくれる可能性が高い取引所なっています!

公式サイトへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

国内取引所ランキング!(複数取引所登録は必須です)

【1位】GMOコイン - リップル/ライトコインを購入するならおすすめ!

※GMOコインならリップル・ライトコイン・イーサリアムなど複数通貨取引も簡単!レバレッジ5倍まで取引可能!

【2位】Zaif(ザイフ)- コインチェックからの乗り換えならザイフ

取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!ビットコインだけでなく、ネム(XEM)・モナコイン(MONA)を購入するならZaif(ザイフ)がおすすめ!

【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量世界一のbitFlyer(ビットフライヤー)。ビットコイン現物・FXならbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめ!レバレッジ最大15倍!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内仮想通貨取引所ランキングを全部見たい方はこちら