Pimco前CEOモハメド・エラリアン氏、ビットコイン崩壊の予知/熟練投資家に期待

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

Pimco前CEOモハメド・エラリアン氏、ビットコイン崩壊の予知/熟練投資家に期待

先週の金曜日に失われたBitcoinの価格は回復し、ほぼ半分を維持していたが、Bitcoin市場は重要な時期になっているとの意見がある。

市場が12月22日のビットコインの価格で45%の壮大な低下を見せた後、他のほぼすべての仮想通貨の価格が下落し、10,800ドルに下がった後に反発した。

一方、Allianz SEの経済顧問、Pimco前CEO(最高経営経営者)のモハメド・エラリアン(Mohamed El-Erian)氏は、これがビットコイン市場の創造もしくは崩壊の瞬間かどうかを考えた。

12月26日に公開されたブルームバーグ・ビューのコラムで、El-Erianはこう書いている。

「この急激な価格修正は、これまでのところ、市場に対する規制緩和を拡大するための触媒として作用するか、歴史的なバブルのデフレーションの段階になるだろう」

これまで、El-Erianは、ビットコインのことを通貨ではなく商品と呼んできた。その価格が交換媒体として使用するにはあまりにも不安定なままであったからだ。そのことを抜きにしても、劇的な価格上昇、先物市場の開放、そして(中国を筆頭に)政府介入の緩和という、ビットコイン市場にとって重要な出来事があった年だったことを彼は認識している。

また、彼はビットコインに根本的な弱点があると主張している。それは、長期のポジションを取っている人は、洗練されていない個人投資家であり、一方で短いポジションを取っている機関投資家は、圧倒的に市場を食い物にした。

しかし、その状況は価格の下落に伴って変化する可能性があり、辻褄の合わない盛り上がりが市場からなくなっていく兆候です。

「ビットコインは浅い歴史の中で過去最大級のローラーコースターのような1週間を経験したが、それに対する最も重要な問題は、市場参加者によって直近の価格修正が「健康的」だと認識されるかどうかである。」

それを証明するために、経験豊富な投資家が個人投資家と同じくロングポジションを持ち、機関投資家の市場に参加するなどして、ビットコイン投資家はより多様化していく必要がある。また、具体的なことは抜きにして、El-Erianが「より進化した市場の商品」と呼ぶものを生み出すことが、この価格修正にとって必要だ。

このような方法もって成長しなければ、投資家たちは「歴史上最大のバブル価格上昇と崩壊」に見まわれる、と彼は述べている。

参照元

https://www.coindesk.com/allianz-chief-economic-advisor-says-bitcoin-is-a-commodity/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう