世界最大級仮想通貨取引所Poloniex (ポロニエックス)が顧客ID必須化を発表

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

世界最大級仮想通貨取引所の1つであるPoloniex (ポロニエックス)が、顧客の情報登録の手順を業界全体の風潮に合わせるために改定を進めていることを発表した。

12月27日、米国中心の取引所ポロニエックスはLegacy Account(レガシーアカウント)を近日廃止すると発表した。

ただし、これらのユーザーが、新規アカウントと同じ登録手順にある「顧客情報の確認・精査」を行い、アカウントの認証を行えば、廃止は見直すという。

取引所は、この個人情報認証を行う締め切りは2018年の最初の3ヶ月以内に発信すると発表している。

この最新の改定は、資金洗浄のような犯罪にサービスを利用されないための規制対応であると言えるだろう。

ポロニエックスは、この締め切りまでに手続きを行わなかったアカウントは閉鎖され、その先預金や取引、オーダーを開いたり発信したりできなくなる事を話した。

同様に、アカウントは閉鎖まで8週間の猶予期間が与えられる。

旧アカウントのユーザーに残る唯一利用方法として、預金の引き出しだけが残されるそうだ。

また2000ドルという引き出し上限が設定される。デラウェア州で実装され、米国中心に稼働しているポロニエックスでは、ここ24時間で8.6億ドル分の取引が行われたと、情報通信サイトのCoinMarketCapに表示されている。

この取引所は、いくつのアカウントが今回の改定の影響を受けるかは公表しなかった。

参考: https://www.coindesk.com/crypto-exchange-poloniex-impose-customer-id-requirements/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう