【仮想通貨】Triggers(TRIG・トリガーズ)おすすめ取引所ランキング【手数料比較】

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!
【1位】Zaif(ザイフ)剛力彩芽起用CMスタート!手数料安さNo1!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】GMOコイン リップル/ライトコイン購入におすすめ!

 ※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

【仮想通貨】Triggers(TRIG・トリガーズ)おすすめ取引所ランキング

Triggers(TRIG)は、ブロックチェーン技術を利用した「次世代防衛システム」のことで、「BLOCKSAFE」と呼ばれるスマートガン最初のグローバル防衛ネットワークを活用して、防衛技術の強化を目的とし、NASAから管理者代理、米国国防総省などの政府機関が注目しているプロジェクトです。

「スマートガン」は生体認証技術等により登録された人しか利用できない銃ことで、スマートガンをブロックチェーン技術を用いて安全に管理するために作られたトークンがTRIGです。

今回は、Triggers(TRIG)を購入するのにおすすめする取引所をご紹介していきます!

※Triggers(TRIG)を購入するには、「Coincheck(コインチェック)」「Zaif(ザイフ)」などに登録し、ビットコインを購入してから海外取引所「Binance(バイナンス)」送金し購入する必要があります。(Binanceの登録・送金方法などこちら

Binance(バイナンス)無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト

Triggers(TRIG)おすすめ取引所ランキング【手数料比較】

Triggers(TRIG)は、現在国内取引所で購入することはできません。

Triggers(TRIG)を購入なら、海外取引所「Binance(バイナンス)」から購入するのでおすすめです。

手数料0.1%で取引量世界1位であるためスプレッドが小さいメリットがあります!

取引所取引手数料備考
Binance0.1%取引量No1
Bittrex0.25%新規口座開設停止中
Cryptopia0.2%取引量ほぼなし
Hitbtc0.1%取引量ほぼなし

 Triggers(TRIG)の買い方・購入方法

Triggers(TRIG)は、現在国内取引所で購入することはできません。

Triggers(TRIG)を購入するには、海外取引所「Binance(バイナンス)」から購入する必要があります。購入方法は以下の通りです。

  1. Coincheck(コインチェック)」「Zaif(ザイフ)」などに登録
  2. 国内取引所でビットコインなど購入する
  3. 海外取引所Binance(バイナンス)に登録する((Binanceの登録・送金方法などこちら
  4. 海外取引所へビットコインなどを送金する
  5. Triggers(TRIG)を購入する

以上の手順を踏みます。国内取引所の登録が完了してれば30~1時間程度の作業で購入することが可能です。

Triggers(TRIG)とは

Triggers(TRIG)は、ブロックチェーン技術を活用して、スマートガンネットワークを構築し。重要による犯罪、テロを防止したり銃がいつどこで利用されているのかなどを管理するために使用します。特徴は以下の通りです。

①スマートガンの普及

スマートガンとは「生体認証技術等により登録された人しか利用できない銃」のことであり、何からの仕組みにより本人または集団以外作動しない銃です。現在、スマートガンは99%以上の確率で本人を認証し作動しますが、100%完全に作動する銃でなければ利用できないと警察などの普及は進んでいません。しかし、スマートガンの利用が広がれば以下のようなメリットがあります。

メリット

  • 子供の誤動作の防止
  • 犯罪者と格闘中の警官が銃を犯罪者に取られても作動しない。
  • 未成年の自殺及び殺人の防止
  • 銃のメンテナンスや銃の移動中の誤動作防止
  • 乱射事件、テロなどの防止

また、銃がいつ・どこでどれくらい使用されたかなどを管理することができます。

②BLOCKSAFE:スマートガンネットワーク

スマートガン技術が必然的に武器の利用方法を変える理解できます。しかし、スマートガンの問題点として、警察などで実用化されるには、100%完全に作動する必要があります。しかし、スマーフォンのサーバー接続、Bluetoothや赤外線などの無線ネットワークやプロトコルを使用利用では、セキュリティ上の欠陥が目立つため利用できません。つまり、政治的レベルでのハッキングなどのリスクがあるかぎり、国家レベルでのハッキングは、大きなリスクにつながります。

その問題点を解決する方法として「ブロックチェーン技術」を活用し、スマートガンを管理するのが「BLOCKSAFE」と呼ばれる匿名型の分散型ブロックチェーンネットワークになります。

この技術により、犯罪者の活動減少、盗難された銃の発見、悪用性のある銃使用なども回避するができます。

BLOCKSAFEシステム内容

  • スマートガンの普及・・・ユーザーの保護
  • 分散型アプリケーションによるセンサー共有・・軍事または法執行期間でスマートガンのデータを管理
  • 人工知能(AI)の使用・・熱センサーが冷たくなった時の医療支援のサポート 。または、武装解除を示す武器、議定書の違反、または銃の所有者の負傷などなどに利用
  • スマートロック・・データ活用により、銃の所有権などをテストする。これにより々が無責任に銃を使用するのを防ぐ。また、 指紋センサーを使用して銃器所有者にライセンス供与されているかどうかを確認する。
  • トランスクリプトによるIoTデバイスの制御を防止。
  • 訴訟・・尋問のために裁判所で使用するビデオカメラ。
  • 保険・・ 銃器の監視と管理

③NASA、管理者代理、米国国防総などの政府期間が注目

11月28年にアレクサンドリアでBlocksafe組合のスペースサミット「Space Summit-Alexandria」が開催されましが、そこでTriggers(TRIG)による活動内容などが発表されています。

通貨コード(シンボル)TRIG
発行開始2017年10月
承認アルゴリズムPoe
発行上限100,000,000 TRIG
現在の流通量32,105,578 TRIG
ブロック認証サイクル
公式サイト公式サイトリンク
ホワイトペーパーホワイトペーパー
ブロックチェーンExplorerブロックチェーンサイト
備考ERC20のトークン

Triggers(TRIG)の価格・チャート推移

Triggers(TRIG)の価格は、取引開始後は50円前後で取引されていましたが現在10倍以上である700円代で取引されており、短期間で10倍以上高騰しています。

マスターノードの発表

また11月17日に、マスターノードの発表がありました。詳細は1月2日とのことですが、TRIGを1500枚(を保有するとマスターノードを立てることができます。マスターノードの内容は以下のようになります。

  • blocksafe財団がblocksafe同盟に名前を変更。その際、TRIGがTrigXという名前に変更
  • 新しいTrigX walletに1,500枚のTrigXを入れるとマスターノードを立てることが可能。
  • マスターノードの報酬として毎月平均25%のAMMOを受け取ることが可能
  • AMMOの価格はTrigXの25%を予定。
  • AMMOはサイドチェーンであり、発行枚数は6000万枚。
  • AMMOは、イーサリアムでいうGAS。これがないと送金できない。
  • AMMOは取引所などので他の仮想通貨に変更可能。

 Triggers(TRIG)の今後の予想

「BLOCKSAFE」と呼ばれるスマートガン最初のグローバル防衛ネットワークを活用して、防衛技術の強化を目的とし、NASAから管理者代理、米国国防総省などの政府機関が注目してるプロダクトであり、現在の以下のような取り組みをしています。

また、ドナルド・トランプ大統領は、ブロックチェーンのサイバーセキュリティ研究委託費を含む7000億ドルの防衛支出法案に署名しており、TRIG価格上場の材料は揃っている状態です。

つまり、今後もブロックチェーンのサイバーセキュリティ関連のプロジェクが促進されればTRIGの価格は高騰していくことが想定されます。

①ブロックチェーンのサイバーセキュリティ研究委託費を含む7000億ドルの防衛支出法案署名

米大統領ドナルド・トランプはblockchainサイバーセキュリティ調査研究のための任務を含んで$7000億ドルの軍事支出法案に署名しました。

$700 Billion Senate Defense Bill Calls for Blockchain Cybersecurity Study
Trump Signs Defense Bill Authorizing Blockchain Study

②フィリピンのセキュリティ会社40社と提携

Blocksafe財団は、フィリピンの民間セキュリティー企業40社(内38社公開)しており、着実にプロジェクトは進んでいるようです。

③フィリピン国家警察と提携

12月5日にBlocksafe財団は、公式ツイッターでフィリピン国家警察との提携を発表しています。

④フィリピン含む4カ国と提携

また、Blocksafe財団はフィリピン含む4カ国との提携をすすめていることも発表しています。

⑤Justfireとの提携

また、Blocksafe財団は銃のデータログシステムなどを提供してるJustifireとの提携も発表しています。

Triggers(TRIG)のイベント予定

今後のTriggers(TRIG)のイベント予定は以下のようになっています。

・1月9日・・・CES2018で講演予定
・1月31日~2月1日・・Blockchain and Automated IT for Government Summit

Triggers(TRIG)を購入するならBinance

Binace(バイナンス)

おすすめポイント

  • 仮想通貨取引量世界7位!
  • 取扱い仮想通貨100種類以上!
  • 取引手数料0.1%!
  • ビットコインの分裂コインにも対応!

仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」は2017年7月に開設された中国の仮想通貨取引所です。日本語対応も開始しており、取引量も世界7位、取扱通貨も100種類以上と急成長してる仮想通貨取引所です!

また、取引手数料も0.1%と安く「メールアドレス」と「パスワード」だけで無料登録できます!(登録時間は1分程度)

公式サイトへ

仮想通貨取引量世界7位!

中国の仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」は2017年7月に開設された中国の仮想通貨取引所ですが、2017年11月時点で世界で仮想通貨取引量 ・流通量が7位と急成長をしている取引所になります!9月には日本語対応も開始してています!

取扱い仮想通貨100種類以上!

Binance(バイナンス)」の取扱い仮想通貨銘柄・種類は100種類以上になっています。国内で取扱数が最も多い「Coincheck(コインチェック)」でも13種類であり、その10倍以上のアルトコインなどを扱っています!

取引手数料0.1%

また、「Binance(バイナンス)」の取引手数料は、全て一律0.1%になっておりアルトコインも安く取引できるため、この点はおすすめです!

ビットコインの分裂コインにも対応!

Binance(バイナンス)」は、2017年11月25日にビットコインのハードフォーク(分裂)により誕生したビットコインダイヤモンド(BCD)の配布など、世界で最も早く配布対応をしており、今後も続くビットコインの分裂コインの配布にも対応してくれる可能性が高い取引所なっています!

公式サイトへ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

国内取引所ランキング!(複数取引所登録は必須です)

【1位】GMOコイン - リップル/ライトコインを購入するならおすすめ!

※GMOコインならリップル・ライトコイン・イーサリアムなど複数通貨取引も簡単!レバレッジ5倍まで取引可能!

【2位】Zaif(ザイフ)- コインチェックからの乗り換えならザイフ

取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!ビットコインだけでなく、ネム(XEM)・モナコイン(MONA)を購入するならZaif(ザイフ)がおすすめ!

【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量世界一のbitFlyer(ビットフライヤー)。ビットコイン現物・FXならbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめ!レバレッジ最大15倍!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内仮想通貨取引所ランキングを全部見たい方はこちら