【仮想通貨】TRON(トロン・TRX) :TRONネットワークベースのゲームリリース・新規取引所上場を発表

TRON
▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

【仮想通貨】TRON(トロン・TRX) がTRONネットワークベースのゲームリリース・新規取引所上場を発表

TRON(トロン・通貨単位;TRX)は12月29日に公式ツイッターで、以下の4つの項目の発表をしました。

  • 「TRONネットワークベースのゲームリリース」
  • 「コインバーンの確認されたこと(1Q)」
  • 「アリババ関係の開発者が参画」
  • 「サンフランシスコオフィスを準備」

※上記通貨を購入するには、「Zaif(ザイフ)」「bitFlyer(ビットフライヤー)」などに登録し、ビットコインを購入してから海外取引所「Binance(バイナンス)」送金し購入する必要があります。(Binanceの登録・送金方法などこちら

Binance(バイナンス)無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

 

上記の発表に関しては、詳しい情報は出ていませんが、「トロンネットワークベースのゲームリリース」は1週間後。新しい取引所への上場は1~2週間であるため、2018年1月には詳細が発表されると思われます。

また、2018年1Qには、コインバーン(coinburn)されるため相対的に価格が高騰するが想定されます。

Burn(バーン)とは

仮想通貨のburnとは、すでに発行された仮想通貨の何割かを利用できないようにすることで、発行枚数を減少させ1通貨あたりの価値を上げることを言います。

burnによって50%の発行枚数を減らした場合以下のような計算式がなりたちます。ただしあくまで時価総額が維持された場合によります。

「発行枚数100枚×1枚あたりの価格100円=時価総額10, 000円」(Burn前)

「発行枚数50枚×1枚あたりの価格200円=10, 000円」(50%Burn後)

ちなみに、TRXは過去に30%ほどBurnしています。

また、日本国内取引所の上場への言及

12月25日にはJustin Sun(ジャスティン・サン)氏はツイッター上で、「日本国内取引所への上場のために、日本の金融規制当局に上場申請つもりである」との発言をしました。国内取引所でTRXを扱うとするならば、仮想通貨交換業の申請が完了しており、様々な通貨を扱っている「Zaif(ザイフ)」「QUOINEX(コインエクスチェンジ)」などが噂されています。

もし、TRXが日本の取引所による取り扱いが確定すれば、世界的にも仮想通貨トレード大国である日本の資本が流れるため価格高騰が見込めます。

TRON(トロン)は、12月に入り「中国三大取引所OKEx上場」「oBike(オーバイク)提携」「Alibaba(アリババ)と連携」などのビックニュースも発表しており1年間で価格を90倍に高騰させています。

【仮想通貨】TRON(トロン・TRX)の価格の高騰理由/1年間で80倍急騰

TRON(トロン)の買い方・購入方法

※上記通貨を購入するには、「Zaif(ザイフ)」「bitFlyer(ビットフライヤー)」などに登録し、ビットコインを購入してから海外取引所「Binance(バイナンス)」送金し購入する必要があります。(Binanceの登録・送金方法などこちら

Binance(バイナンス)無料登録はこちら

TRON(トロン)を入手するBinance

Binace(バイナンス)

おすすめポイント

  • 仮想通貨取引量世界7位!
  • 取扱い仮想通貨100種類以上!
  • 取引手数料0.1%!
  • ビットコインの分裂コインにも対応!

仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」は2017年7月に開設された中国の仮想通貨取引所です。日本語対応も開始しており、取引量も世界7位、取扱通貨も100種類以上と急成長してる仮想通貨取引所です!

また、取引手数料も0.1%と安く「メールアドレス」と「パスワード」だけで無料登録できます!(登録時間は1分程度)

公式サイトへ

仮想通貨取引量世界7位!

中国の仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」は2017年7月に開設された中国の仮想通貨取引所ですが、2017年11月時点で世界で仮想通貨取引量 ・流通量が7位と急成長をしている取引所になります!9月には日本語対応も開始してています!

取扱い仮想通貨100種類以上!

Binance(バイナンス)」の取扱い仮想通貨銘柄・種類は100種類以上になっています。国内で取扱数が最も多い「Coincheck(コインチェック)」でも13種類であり、その10倍以上のアルトコインなどを扱っています!

取引手数料0.1%

また、「Binance(バイナンス)」の取引手数料は、全て一律0.1%になっておりアルトコインも安く取引できるため、この点はおすすめです!

ビットコインの分裂コインにも対応!

Binance(バイナンス)」は、2017年11月25日にビットコインのハードフォーク(分裂)により誕生したビットコインダイヤモンド(BCD)の配布など、世界で最も早く配布対応をしており、今後も続くビットコインの分裂コインの配布にも対応してくれる可能性が高い取引所なっています!

公式サイトへ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう