【仮想通貨】POE(Po.et/ポーエット)価格の高騰理由/1ヶ月で7倍急騰

POE(po.et)

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!
【1位】Zaif(ザイフ)剛力彩芽起用CMスタート!手数料安さNo1!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】GMOコイン リップル/ライトコイン購入におすすめ!

 ※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

【仮想通貨】POE(Po.et/ポーエット)価格の高騰理由/1ヶ月で7倍急騰

Po.et/ポーエット(通貨単位POE)とは、世界のデジタル創造的資産の所有権および帰属を追跡するために設計された共有型ユニバーサル台帳です。

Po.et/ポーエットでは、ブロックチェーン技術を活用してデジタルアセットの公開、ライセンス、および認証のプロセスを簡素化するプラットフォームを作成することが可能です。また、分散型・中心型メディアアプリケーションの両方に対応していることも特徴です。

今回は、POE(Po.et/ポーエット)の価格が高騰している理由をご紹介します。

※POEを購入するには、「Coincheck(コインチェック)」「Zaif(ザイフ)」などに登録し、ビットコインを購入してから海外取引所「Binance(バイナンス)」送金し購入する必要があります。(Binanceの登録・送金方法などこちら

Binance(バイナンス)無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト

POE(Po.et/ポーエット)価格の高騰理由

POE(Po.et/ポーエット)が1ヶ月ちょっとで1円以下かから7年まで価値を上昇させている理由は大手取引所への上場が理由できす。

11月20日に「Binance(バイナンス)」に上場

2017年11月20日に、中国大手取引所「Binance(バイナンス)」で取引が開始されました。それまでほとんど取引量がなかったPOEですが、上場を機に2~3倍価格を上げています。

また、12月に入り投機目的のユーザーによってPOEの価格が高騰してると想定されます。

POE(ポーエット)の買い方・購入方法

POE(ポーエット)は、現在国内取引所で購入することはできません。

POE(ポーエット)を購入するには、海外取引所「Binance(バイナンス)」から購入する必要があります。購入方法は以下の通りです。

  1. Coincheck(コインチェック)」「Zaif(ザイフ)」などに登録
  2. 国内取引所でビットコインなど購入する
  3. 海外取引所Binance(バイナンス)に登録する((Binanceの登録・送金方法などこちら
  4. 海外取引所へビットコインなどを送金する
  5. POE(ポーエット)を購入する

以上の手順を踏みます。国内取引所の登録が完了してれば30~1時間程度の作業で購入することが可能です。

POE(ポーエット)の特徴

Po.et/ポーエット(通貨単位POE)とは、世界のデジタル創造的資産の所有権および帰属を追跡するために設計されたた共有型ユニバーサル台帳ですが、以下のような特徴を持っています。

①コンテンツ所有権の記録

Po.et/ポーエットネットワーク上では、クリエイティブな作品のために、不変で、タイムスタンプ付きのタイトルを生成し、ネットワークにあなたの資産を登録します。また、その資産は、分散化されたブロックチェーン上に記録されるため、メタデータ属性は、安全で検証可能かつ改竄できない形で記録されます。。

②ライセンスを発行・作成の自動化

Po.et/ポーエットは暗号技術やスマートコントラクト技術を使用して、パブリッシャーとコンテンツクリエイターの両方に、第三者に頼らずにライセンスプロセスを自動化するツールを提供します。そのため、既存のライセンスから選択するか独自の条件を作成しすることで「ライセンスの支払い、転送、発行を自動化」します。

③オープンネットワーク

Po.et/ポーエットは、常に第三者によって管理されていた空間に対して、オープンなネットワークを提供することで、クリエイターとパブリッシャーの間に架け橋を作ることを目的としてます。そのため、真に透明性のあるシステムによって承認された、新しいコンテンツの発見または真正性の検証が可能になります。

概要

通貨コード(シンボル)POE
発行開始2017年7月17日
承認アルゴリズムProof of Existence
発行上限3,141,592,653 POE
現在の流通量2,136,283,004 POE
ブロック認証サイクル
公式サイト公式サイトリンク
ホワイトペーパー公式サイトリンク
ブロックチェーンExplorerブロックチェーンサイト
備考

POE(ポーエット)の価格・チャート


POE(Po.et/ポーエット)は、3ヶ月前に1円以下で取引されていましたが、現在では7円程度まで価格を上昇されています。価格高騰の理由としては、11月20日に「Binance(バイナンス)」ことが理由に上げられます。

POE(ポーエット)の今後の価格

POE(Po.et/ポーエット)が今後価格を上昇させるためには2つの取り組みが必要になります。

1つ目は、Po.et上でライセンス発行などを活用する大手メディアが参入すること、2つ目は大手取引所への上場です。

後者に関しては、着実に進んでく可能性がありますが、Po.et上でライセンス発行などを活用する大手メディアやクエリエイターが参入しなければプロジェクト自体が頓挫してしまうためこちらが必須条件になります。

POE(Po.et/ポーエット)は、テストなど時間がかかるプロジェクトである印象を受けるため、着実に価格を上げていくプロジェクトして期待しておきたいと思っています。

ただし近いうちに10円~20円は超えると予想できるので購入するのもありかもしれません。

POE(ポーエット)を購入するならBinance

Binace(バイナンス)

おすすめポイント

  • 仮想通貨取引量世界7位!
  • 取扱い仮想通貨100種類以上!
  • 取引手数料0.1%!
  • ビットコインの分裂コインにも対応!

仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」は2017年7月に開設された中国の仮想通貨取引所です。日本語対応も開始しており、取引量も世界7位、取扱通貨も100種類以上と急成長してる仮想通貨取引所です!

また、取引手数料も0.1%と安く「メールアドレス」と「パスワード」だけで無料登録できます!(登録時間は1分程度)

公式サイトへ

仮想通貨取引量世界7位!

中国の仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」は2017年7月に開設された中国の仮想通貨取引所ですが、2017年11月時点で世界で仮想通貨取引量 ・流通量が7位と急成長をしている取引所になります!9月には日本語対応も開始してています!

取扱い仮想通貨100種類以上!

Binance(バイナンス)」の取扱い仮想通貨銘柄・種類は100種類以上になっています。国内で取扱数が最も多い「Coincheck(コインチェック)」でも13種類であり、その10倍以上のアルトコインなどを扱っています!

取引手数料0.1%

また、「Binance(バイナンス)」の取引手数料は、全て一律0.1%になっておりアルトコインも安く取引できるため、この点はおすすめです!

ビットコインの分裂コインにも対応!

Binance(バイナンス)」は、2017年11月25日にビットコインのハードフォーク(分裂)により誕生したビットコインダイヤモンド(BCD)の配布など、世界で最も早く配布対応をしており、今後も続くビットコインの分裂コインの配布にも対応してくれる可能性が高い取引所なっています!

公式サイトへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

国内取引所ランキング!(複数取引所登録は必須です)

【1位】GMOコイン - リップル/ライトコインを購入するならおすすめ!

※GMOコインならリップル・ライトコイン・イーサリアムなど複数通貨取引も簡単!レバレッジ5倍まで取引可能!

【2位】Zaif(ザイフ)- コインチェックからの乗り換えならザイフ

取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!ビットコインだけでなく、ネム(XEM)・モナコイン(MONA)を購入するならZaif(ザイフ)がおすすめ!

【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量世界一のbitFlyer(ビットフライヤー)。ビットコイン現物・FXならbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめ!レバレッジ最大15倍!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内仮想通貨取引所ランキングを全部見たい方はこちら