【仮想通貨】CND(シンディケーター/Cindicator)の将来性/今後価格が上がるかを予測

▼【国内トップクラス!】低リスクで安定的に資産を増やしたい方におすすめ!全自動で世界水準の資産運用を実現するロボアドバイザー!

【登録無料!】Wealthnavi(ウェルスナビ)

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】bitbank(ビットバンク ) 高セキュリティの仮想通貨取引所だから安心!

▼【登録無料】土日・即日入金したいなら住信SBIネット銀行に登録しましょう!

住信SBIネット銀行の申込はこちら!

 

【仮想通貨】CND(シンディケーター/Cindicator)の将来性/今後価格が上がるかを予測

CND(シンディケーター/Cindicator)とは、CND(シンディケーター/Cindicator)とは、不確実性が高い経済・環境において予測を「金融アナリストなどの人の知能とAI(人口知能)」の両者を活用する「Hybrid Intelligence(ハイブリッドインテリジェンス)」を目的としたプラットフォームです。

300,00人以上の金融アナリテストの分析データ(人の知能)とAI(人工知能)による機械学習アプローチの両方を活用し、市場予測・取引判断などを実施するイーサリアムベースのプラットフォームでもあります。

今回は、CNDの将来性についてご紹介していきます!

※上記通貨を購入するには、「Zaif(ザイフ)」「bitFlyer(ビットフライヤー)」などに登録し、ビットコインを購入してから海外取引所「Binance(バイナンス)」送金し購入する必要があります。(Binanceの登録・送金方法などこちら

Binance(バイナンス)無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト

CND(シンディケーター/Cindicator)の将来性

CNDの価格が今後高騰するには3つの要素が必要になると考えられます。

①プロジェクトの実績公開

シンディケーターは、金融・投資・経済などの将来予測をするプラットフォームです。つまり、投資でどこまで利益が出たかなどの実績が公開されれば、CNDの期待値が上がり高騰することが想定されます。

②大手取引所の上場(取り扱い開始)

CNDは、中国取引所「Binance(バイナンス)」に上場前は2円以下で推移していました。しかし、上場を発表すると1ヶ月で5倍以上高騰しました。今後、中国三大取引所び1つである「OKEx」などに上場すれば価格高騰が予測されます。

③有名企業との提携

Cindicatorは、マイクロソフトなど複数パートナーシップを結んでいます。プロジェクト自体は、期待できるものであるため、今後このような有名企業など提携などが進めば自然と価格は上がることが想定されます。

CND(シンディケーター)の買い方・購入方法

この通貨は、現在国内取引所で購入することはできません。

購入するには、海外取引所「Binance(バイナンス)」から購入する必要があります。購入方法は以下の通りです。

  1. 国内取引所「Zaif(ザイフ)」「bitFlyer(ビットフライヤー)」などに登録でビットコインなど購入する
  2. 海外取引所Binance(バイナンス)に登録する((Binanceの登録・送金方法などこちら
  3. 海外取引所へビットコインなどを送金する
  4. 買いたい通貨を購入する

以上の手順を踏みます。国内取引所の登録が完了してれば30~1時間程度の作業で購入することが可能です。

CND(シンディケーター)とは

CND(シンディケーター/Cindicator)は、金融アナリテストの分析データ(人の知能)とAI(人工知能)による機械学習アプローチの両方を活用した「Hybrid Intelligence(ハイブリッドインテリジェンス)」ですが、以下のような特徴があります。

①金融アナリテストの分析データ(人の知能)とAI(人工知能)による機械学習アプローチの活用

CND(シンディケーター/Cindicator)には、「Cindicator Platform」というプラットフォームがあります。このプラットフォームでは、金融アナリストや一般参加者に質問を投げかけ、それに回答するという機能があります。この投票データは、人工知能による機械学習アプローチの予測データの精度を高めるために利用されます。

この仕組みを組み込むことで、継続的なレビューや訂正が可能になり、財務予測の精度が高まるようになっています。

また、この予測精度が高まればCindicatorチーム、CNDトークン所有者は利益を出しやすくなります。

なぜハイブリッドインテリジェンスが必要なのか

ハイブリットインテリジェンスは、人間の知能と機械学習の組み合わせになりますが、機械学習アプローチの精度を高めるためには、継続的にデータを蓄積し、モデルの精度を高めるには機械に学習させる必要があります。

その上で、人間の知識を利用し、学習させ続けてることで予測モデルの精度は高まるのです。その上で、投資家・トレーダーなどの質的・量的データなどが重要な役割になるのです。

つまり「人間の知能による予測データを与え続ける」→「機械に学習させる」→「予測モデルの精度を上げる」ことをやり続けることで将来の株価や企業の成功を予測、大統領の結果予測などが可能になるのです。

②CindicatorBot

CND(シンディケーター/Cindicator)には、「CindicatorBot」と呼ばれるものがあり「経済イベントの将来予測」「AIによる有効なトレード指標」「予測モデルのテスト結果」などのお知らせを受け取ることが可能です。

③CryptometerBot2.0


また、CNDには「CryptometerBot2.0」というボットを利用することが可能で、このボットを活用することで、複数取引所で発生するアービトラージ(裁定取引)をリアルタイムで教えてくれるツールもあります。

複数の取引所間の措置の価格は予測し検出Cryptocurrency市場のボラティリティの初期の兆候をし、あなたの選択した暗号資産のリアルタイムの価格の動きをご提供しています。

概要

通貨コード(シンボル)

Cindicator(CND)

発行開始

201783

承認アルゴリズムProof of Existence
発行上限

2,000,000,005 CND

現在の流通量

1,445,976,590 CND

ブロック認証サイクル
公式サイト公式サイトリンク
ホワイトペーパー公式サイトリンク
ブロックチェーンExplorerブロックチェーンサイト
備考

CND(シンディケーター)を購入するならBinance

Binace(バイナンス)

おすすめポイント

  • 仮想通貨取引量世界7位!
  • 取扱い仮想通貨100種類以上!
  • 取引手数料0.1%!
  • ビットコインの分裂コインにも対応!

仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」は2017年7月に開設された中国の仮想通貨取引所です。日本語対応も開始しており、取引量も世界7位、取扱通貨も100種類以上と急成長してる仮想通貨取引所です!

また、取引手数料も0.1%と安く「メールアドレス」と「パスワード」だけで無料登録できます!(登録時間は1分程度)

公式サイトへ

仮想通貨取引量世界7位!

中国の仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」は2017年7月に開設された中国の仮想通貨取引所ですが、2017年11月時点で世界で仮想通貨取引量 ・流通量が7位と急成長をしている取引所になります!9月には日本語対応も開始してています!

取扱い仮想通貨100種類以上!

Binance(バイナンス)」の取扱い仮想通貨銘柄・種類は100種類以上になっています。国内で取扱数が最も多い「Coincheck(コインチェック)」でも13種類であり、その10倍以上のアルトコインなどを扱っています!

取引手数料0.1%

また、「Binance(バイナンス)」の取引手数料は、全て一律0.1%になっておりアルトコインも安く取引できるため、この点はおすすめです!

ビットコインの分裂コインにも対応!

Binance(バイナンス)」は、2017年11月25日にビットコインのハードフォーク(分裂)により誕生したビットコインダイヤモンド(BCD)の配布など、世界で最も早く配布対応をしており、今後も続くビットコインの分裂コインの配布にも対応してくれる可能性が高い取引所なっています!

公式サイトへ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう