【仮想通貨】GNO(Gnosis/グノーシス)とは/分散型予測市場プラットフォームの暗号通貨

▼【国内トップクラス!】低リスクで安定的に資産を増やしたい方におすすめ!全自動で世界水準の資産運用を実現するロボアドバイザー!

【登録無料!】Wealthnavi(ウェルスナビ)

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】bitbank(ビットバンク ) 高セキュリティの仮想通貨取引所だから安心!

▼【登録無料】土日・即日入金したいなら住信SBIネット銀行に登録しましょう!

住信SBIネット銀行の申込はこちら!

 

【仮想通貨】GNO(Gnosis/グノーシス)とは/分散型予測市場プラットフォームの暗号通貨

GNO(Gnosis/グノーシス)とは、通貨コードがGNOの仮想通貨(暗号通貨)で、イーサリアムブロックチェーン上でERC20フォーマットのトークンです。また、取引承認システムには、PoS(プルーフオブステイク)を採用しています。

Gnosis(グノーシス)は、「分散型予測市場プラットフォーム」のことであり、似たプロジェクトでAuger(オーガー)があります。Augerは、トークン保持者が予測、報告することに対し、Gnosisではユーザーの中から選ばれた専門家が報告することで、事実確認時間が早くなるという利点があります。

※GNOを購入するには、「Coincheck(コインチェック)」「Zaif(ザイフ)」などに登録し、ビットコインを購入してから海外取引所「Binance(バイナンス)」に送金し購入する必要があります。(Binanceの登録・送金方法などこちら

Binance(バイナンス)無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト

Gnosis(グノーシス)の特徴

Gnosis(グノーシス)は、「分散型予測市場プラットフォーム」のことあり「世界で最も効率的な予測ツール」の構築を目指しています。また、Gnosisで利用されるトークンがGNOです。

イーサリアムブロックチェーン上で動いており、スマートコントラクトを利用しているため”全自動”で公平・公正な運営をすることが可能です。

①イーサリアムを用いた分散型予測市場。

グノーシスは、誰にでも野球、サッカー、テニス、政治などのイベント結果を予測プラットフォームを提供し、予測市場アプリケーション作成コストを大幅に削減することが可能です。

また、ブックメーカーなどを利用したスポーツ優勝予測のように「未来で起こる出来事」に対して、お金を賭けて、予想を当てた人がお金を得ることができる”ギャンブル”のような仕組みでは、胴元(元締め)が存在することで、賭け金の一部が胴元の収入になったり、賭け・売買の記録が操作されるリスクがありました。

しかし、グノーシスのような分散型予測市場では、”胴元ない運営”が”全部自動”で行われ、オッズ・結果・配当といった作業を人を返さずに実行することが可能です。

予測市場とは

ブックメーカーを利用した野球、サッカー、テニスの優勝予測のように「未来で起こる出来事」に対して、お金を賭けて、予想を当てた人がお金を得ることができる”ギャンブル”のような仕組みです。他には、競馬・TOTOなども予測市場に該当しますい。

②Gnosis(グノーシス)とAuger(オーガー)の違い

グノーシスは、オーガーの対抗馬ですが、グノーシスは単に市場予測形成プラットフォームというわけではなく「分散型予測市場アプリケーションを構築するプラットフォーム」という立ち位置をとっています。Augerは、トークン保持者が予測、報告することに対し、Gnosisではユーザーの中から選ばれた専門家が報告することで、事実確認時間が早くなるという利点があります。

プラットフォームの違い

支払いの早さ

オーガーは、完全に分散化してありイベントの結果を報告するために1ヶ月くらいの時間が必要になるためにREPトークンの支払いが遅れます。しかし、グノーシスはこの時間のコストを予測市場の導入のスピードを妨げるポイントと考え、デフォルトで集中管理され真に分散化した制御機能を備えたオラクルソリューションの設計をします。この機能は分散化の恩恵を犠牲することなくグノーシスのオラクル市場を通じて提供される専門的でオラクルサービスであり迅速な結果報告を行うことができます。

ビットコイン・アルトコインが利用可能

オーガーはオーガー上のトークンでのアプリケーション利用しましたが、グノーシスはグノーシスのトークン以外でのビットコインやアルトコインでの利用

スケーラビリティ

アプリケーションエコシステムなど、グノーシスはコストの高い大量のトランザクションイベントに対応できるスケーリングソリューションを開発しています。

③2種類のトークン(通貨)を利用

グノーシスは参加者の利用を増やすために、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)などののアルトコイン交換することができます。しかしGNOやWIZの優位性を保つために、様々な規制をかけています。

GNO

GNOは、発行枚数が制限されており、WIZを作るための燃料となります。WIZ生成のためにロックされその指定した期間中(30日〜365日)WIZを生成しますが期間が過ぎれば自由に動かす(売買、譲渡)ことができます。またWIZを生成するための規制はロック期間以外何度でも生成することができます。

WIZ

WIZはGNOSISで使用される通貨1ドルにペッグ(固定レート)になっており。WIZはGNOによって作られます。WIZはGnosisでの手数料支払い、市場の作成などグノーシスで使われる通貨です。

概要

通貨コード(シンボル)Gnosis(GNO)
発行開始2016年6月27日
承認アルゴリズムProof of Work(Scrypt)+Proof of Stake
発行上限10,000,000 GNO
現在の流通量1,104,590 GNO
ブロック認証サイクル
公式サイト公式サイトリンク
ホワイトペーパー公式サイトリンク
ブロックチェーンExplorerブロックチェーンサイト
備考

Gnosisプラットフォームとは

Gnosisプラットホームはイーサリアムブロックチェーンの上にコア、サービス、アプリケーションの3つの層から成り立っています。

  • 第1層グノーシスコア・・・イベントトークンの作成、マーケットメカニズム、オラクル及び管理インターフェイスを提供します。このグノーシスコアはいつでも無料で利用が可能です。
  • 第2層グノーシスサービス・・・グノーシスコアの上に追加サービスを提供し、WIZで支払われる取引手数料モデルを使用します。現段階での実装機能はステートチャンネルの実装、新しい市場メカニズムの構築、ボラティリティのない安定した通貨、オープンソースのテンプレートアプリケーション、アプリケーションのカスタムツール、オラクル市場、のサービスを構築します。
  • 第3層グノーシスアプリケーション・・・ユースケースまたは顧客向けのアプリケーション主にフロントエンドのための層です。一部はGnosisチームによってつくられまたは外部の予測市場アプリケーションを作りたい開発者によって構築されます。グノーシスモデルは様々な予測市場を構築することです。
この第三層によって、賭け、追加料料金を付加する、広告の収益モデル、情報販売、マーケットメイクなど様々なアプリケーションを稼働させます。

Gnosis(グノーシス)の買い方・購入方法・取引所

GNOは、現在国内取引所で購入することはできません。

GNOを購入するには、海外取引所「Binance(バイナンス)」から購入する必要があります。購入方法は以下の通りです。

  1. Coincheck(コインチェック)」「Zaif(ザイフ)」などに登録
  2. 国内取引所でビットコインなど購入する
  3. 海外取引所Binance(バイナンス)に登録する(Binanceの登録・送金方法などこちら
  4. 海外取引所へビットコインなどを送金する
  5. GNOを購入する

以上の手順を踏みます。国内取引所の登録が完了してれば30~1時間程度の作業で購入することが可能です。

また、海外取引所のPoloniex(ポロニエックス)やKraken(クラーケン)、Bittrex(ビットトレックス)などで取り扱いがあります。

Gnosis(グノーシス)の価格推移・チャート

グノーシスはICO時点では8,000円前後で取引されていましたが、その後30,000円前後まで高騰し、直近は2万円後半で推移しています。

ウォレット(wallet)

Gnosisの公式のウォレットの「Gnosis Light Wallet」や「Smart Contract ABI」、「MyEtherWallet」を利用することができます。おすすめは「MyEtherWallet」になります。

Gnosis(グノーシス)を購入するならBinance

Binace(バイナンス)

おすすめポイント

  • 仮想通貨取引量世界7位!
  • 取扱い仮想通貨100種類以上!
  • 取引手数料0.1%!
  • ビットコインの分裂コインにも対応!

仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」は2017年7月に開設された中国の仮想通貨取引所です。日本語対応も開始しており、取引量も世界7位、取扱通貨も100種類以上と急成長してる仮想通貨取引所です!

また、取引手数料も0.1%と安く「メールアドレス」と「パスワード」だけで無料登録できます!(登録時間は1分程度)

公式サイトへ

仮想通貨取引量世界7位!

中国の仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」は2017年7月に開設された中国の仮想通貨取引所ですが、2017年11月時点で世界で仮想通貨取引量 ・流通量が7位と急成長をしている取引所になります!9月には日本語対応も開始してています!

取扱い仮想通貨100種類以上!

Binance(バイナンス)」の取扱い仮想通貨銘柄・種類は100種類以上になっています。国内で取扱数が最も多い「Coincheck(コインチェック)」でも13種類であり、その10倍以上のアルトコインなどを扱っています!

取引手数料0.1%

また、「Binance(バイナンス)」の取引手数料は、全て一律0.1%になっておりアルトコインも安く取引できるため、この点はおすすめです!

ビットコインの分裂コインにも対応!

Binance(バイナンス)」は、2017年11月25日にビットコインのハードフォーク(分裂)により誕生したビットコインダイヤモンド(BCD)の配布など、世界で最も早く配布対応をしており、今後も続くビットコインの分裂コインの配布にも対応してくれる可能性が高い取引所なっています!

公式サイトへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう