AION(アイオン)とは/第三世代ブロックチェーンネットワーク構築を目的とした暗号通貨

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

AION(アイオン)とは/第三世代ブロックチェーンネットワーク構築を目的とした暗号通貨

AION(アイオン)は、「第三世代ブロックチェーンネットワーク構築」を目的としたプロジェクトであり、ブロックチェーンの拡張性・プライバシー・相互運用などの未解決の問題を解決するためためマルチティアブロックチェーンシステムです。

多くのブロックチェーンが存在する未来をサポートするよう設計された多層ブロックチェーンネットワークです。Aionは、いっそう効率的で分散したシステムが構築されるようにし、これらのブロックチェーンのために使われる統一規格となることを目指しています。

※AIONを購入するには、「bitflyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」などに登録し、ビットコインを購入してから海外取引所「Binance(バイナンス)」に送金し購入する必要があります。(Binanceの登録・送金方法などこちら

Binance(バイナンス)無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

AION(アイオン)とは

AION(アイオン)は、AIONは、どんな民間あるいは公共セクターの組織にも以下のことを適用できる第3世代のブロックチェーンです。

将来、ブロックチェーンは、データやハブの中の価値、インターネットに類似したスポークモデルを連合される可能性があります。

主流ブロックチェーン採用の未来は、ネットワーク化の開発、これらの別個のスポークを統合する連合されたブロックチェーンによって成し遂げられます。その統合されたブロックチェーンネットワークとはAIONです。

  • 連合–Aionコンプライアントブロックチェーンとエテリアム(Ethereum)間でのデータや価値の送信。
  • スケール-すべてのAionブロックチェーンに迅速な取引処理と増設したデータキャパシティを提供。
  • スポーク-他のブロックチェーンとの相互運用性を維持するカスタマイズされた民間および公共のブロックチェーン(blockchains)の創造を許可し、かつガバナンス、コンセンサスの仕組み、発行、参加の選択を許可。

専門性の高さ

Aionは、マシュースポーク(MatthewSpoke)NucoCEOおよびEEA理事会メンバーが率いるプロジェクトです。マシュー(Matthew)は4年ほど企業ブロックチェーンドメインの代表を務め、Nucoの非常に優秀なチームによって支持されています。

ジンツ(JinTu)NucoCTOは、最近のモルガン・スタンレーを含め企業エンジニアリングで15年以上の経験を持ち、ブロックチェーン(blockchains)業界にもすでに4年以上携わっており専門性の高いチームがプロジェクトが関わっています。

また、ピーターベセネス率いるNewAlchemyのチームによるAionプロジェクトへの助言や支援も行われています。

ピーターは2011年にビットコイン企業に支持された最初のVCを起こし、2012年にビットコイン財団法人を共同で設立、そして2013年には65nmカスタムビットコインASICsを展開する最初の会社に資金提供しました。

2016年には、トークンエコシステムにおけるセキュリティーの習慣を活性化させて、後に開発された脆弱性を公表しました。彼はまた、ビットコイン(Bitcoin)の開始以来、Fortune500企業、政府やスタートアップのためのコンサルティング を行っています。

相互運用性

インターブロックチェーンコミュニケーションの必要性は、無数の使用ケースに及びます。サプライチェーンオペレーション、医療提供者間のコミュニケーションや政府機関のような組織間機能は、複数の内部ブロックチェーンを伴うビジネスと同様がわかりやすい例です。

Aionプロトコルは、インターチェーンコミュニケーションのために高性能なブリッジを架けるメカニズムを指定します。チェーン対間の複数のブリッジは、データと価値両方がチェーン間を行き来することを可能にしています。

ブリッジメカニズムは、クロスチェーンコミュニケーションの正当性を保証するインセンティブに依存しています。

インセンティブが不十分であるか、あるいは当てにならない状況で、Aionは、チェーンの間の転送が信頼でき、そして保全性が高いことを保証するために代わりの検証技術を使用しています。

このデザインのルーツにおいて、Aion-1こそが世界で最初の公的企業ブロックチェーン(blockchains)です。

Aion-1とは

Aion-1は、以下のことを行う強固な暗号経済モデルを伴う信頼できないソフトウェア実行プラットフォームとしてデザインされた接続ネットワークです。

  • 無制限のスポーク-他のすべてのAionネットワークに接続し、ユーザーがガバナンス、発行、参加をカスタマイズすることを可能にするカスタムブロックチェーン作成の許可。
  • すべてのAionネットワークスポークの間にデータと価値の連合したインターチェーンコミュニケーションの提供。
  • スムーズにAIONのトークンがAion-1とエテリアム(Ethereum)の間でチェーンをトラバースすることを可能にし、主要なエテリアムブロックチェーン(Ethereumblockchain)と接続。

スケーラビリティとパフォーマンス

商業や政府のアプリケーションは、しばしば高い取引レートを必要とします。加えてたいていのブロックチェーンシステムは、大量のデータをストアするよう設計されていません。Aionネットワークは、新しい、高性能なバーチャルマシン(VM)や拡大縮小可能なデータベース解決策を導入することによって、これらの問題に対処しています。

カスタマイズ

企業は、しばしばセキュリティー、プライバシー、あるいはビジネス/パートナーシップを理由にアクセスをコントロールするためにブロックチェーンの分割を希望します。単一の大企業内でのブロックチェーン関連の使用ケースの範囲は、それぞれ異なった意味の、オペレーショナルな、あるいはガバナンスプロパティを伴う複数のブロックチェーン企業が必要とするのに十分なくらいに拡大し得ます。

さらに、そのコントロールの外で実体(マイナー)に依存するようになるので、採掘されたチェーンは企業に適していません。

AIONネットワークは、以下の方法でこれらの挑戦を解決します。

  • 相互運用性を犠牲にせずに、(異なった合意アルゴリズムとVMを含めて)カスタムブロックチェーンデザインを許可。
  • 知能証明スタッキングメカニズムを使用した新しい代表的な合意の創始。

概要

通貨コード(シンボル)AION(AION)
発行開始2017年10月14日
承認アルゴリズム
発行上限4,660,000,000 AION
現在の流通量613,000,000 AION
ブロック認証サイクル
公式サイト公式サイトリンク
ホワイトペーパー公式サイトリンク
ブロックチェーンExplorerブロックチェーンサイト
備考

AION(アイオン)の買い方・購入方法・取引所

AIONは、現在国内取引所で購入することはできません。

AIONを購入するには、海外取引所「Binance(バイナンス)」から購入する必要があります。購入方法は以下の通りです。

  1. bitflyer(ビットフライヤー)」「Zaif(ザイフ)」などに登録
  2. 国内取引所でビットコインなど購入する
  3. 海外取引所Binance(バイナンス)に登録する(Binanceの登録・送金方法などこちら
  4. 海外取引所へビットコインなどを送金する
  5. AIONを購入する

以上の手順を踏みます。国内取引所の登録が完了してれば30~1時間程度の作業で購入することが可能です。

AIONを購入するならBinance

Binace(バイナンス)

おすすめポイント

  • 仮想通貨取引量世界7位!
  • 取扱い仮想通貨100種類以上!
  • 取引手数料0.1%!
  • ビットコインの分裂コインにも対応!

仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」は2017年7月に開設された中国の仮想通貨取引所です。日本語対応も開始しており、取引量も世界7位、取扱通貨も100種類以上と急成長してる仮想通貨取引所です!

また、取引手数料も0.1%と安く「メールアドレス」と「パスワード」だけで無料登録できます!(登録時間は1分程度)

公式サイトへ

仮想通貨取引量世界7位!

中国の仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」は2017年7月に開設された中国の仮想通貨取引所ですが、2017年11月時点で世界で仮想通貨取引量 ・流通量が7位と急成長をしている取引所になります!9月には日本語対応も開始してています!

取扱い仮想通貨100種類以上!

Binance(バイナンス)」の取扱い仮想通貨銘柄・種類は100種類以上になっています。国内で取扱数が最も多い「Coincheck(コインチェック)」でも13種類であり、その10倍以上のアルトコインなどを扱っています!

取引手数料0.1%

また、「Binance(バイナンス)」の取引手数料は、全て一律0.1%になっておりアルトコインも安く取引できるため、この点はおすすめです!

ビットコインの分裂コインにも対応!

Binance(バイナンス)」は、2017年11月25日にビットコインのハードフォーク(分裂)により誕生したビットコインダイヤモンド(BCD)の配布など、世界で最も早く配布対応をしており、今後も続くビットコインの分裂コインの配布にも対応してくれる可能性が高い取引所なっています!

公式サイトへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう