米大手ECサイトOverstockがジョージ・ソロス氏のファンドから一億ドル調達しブロックチェーン業務へ投資

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

米大手ECサイトOverstockがジョージ・ソロス氏のファンドから一億ドル調達

Overstock.com(米業者大手EC業者)は多額の出資を受け入れ、CEOのPatrick Byrneは、その多くが同社のブロックチェーン業務に対し投資していく、と述べている。

同社は、今週、証券取引委員会(SEC)に、ある投資家が1億ドル分の株式を購入する権利を行使したことを明らかにした。同氏は、この投資家を特定しなかったが、、億万長者ジョージ・ソロスが運営しているクオンタムファンドだと語った。

Byrneは、1億ドルの出資のうち2,000万ドルを、経済学者のHernando De Sotoと提携しているブロックチェーンの財産権を扱うジョイントベンチャーであるDe Soto Inc.に出資する予定である、と述べた。

残りの8,000万ドルについて、Byrneは、Medici Venturesの子会社であるブロックチェーンベンチャーと、OverstockのECプラットフォームに資金を投資する予定である、と述べた。

しかし、Byrneは、将来的にはその2つのビジネスがより密接な関係を持つことを見据えているようだ。

「おそらく、Overstockは2つの別々の事業をもつ企業であるとの考えを改める時でしょう。 我々のプラットフォームには、先月、4000万人のユニークユーザーが集まってきました。ブロックチェーンのアプリケーションを開発する中で、小売業は、私たちが期待するブロックチェーン資産を周知しトラフィックをもたらすという点で、非常に貴重なものです。」

Byrneは続けてCoinDeskに語った。

「小売業を関与させることで、私たちが作り出すことができるのは、2つの宇宙の間をつなぐワームホールです。それは、従来の宇宙と仮想通貨による宇宙です。」

Quantum Fundはプレス・タイムによる質問に応えなかったが、11月にOverstock株を購入する権利を手に入れたことを発表した。

Byrneは、資本市場向けのOverstockのブロックチェーン開発プラットフォームであるtZEROについて、そこは収益の一部を投資する領域である、と述べた。しかし、12月にtZEROによってICOで発行されたトークンを購入するために、Quantumの資金は使用されなかった。

しかし、別途、Overstock自身が他の資金で3千万ドル相当のtZEROトークンを購入していることをByrneはCoinDeskに語った。

1月16日現在のICOの初期段階において、tZEROは、トークンの購入に関心を持つ投資家から、約1億ドルの投資を受けた。

そして、Overstockは、「リスク管理の専門知識を持ちウォールストリートを闊歩する」人材を雇用する予定である。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう