中国マイニングプール会社ViaBTCが仮想通貨マイニング市場閉鎖を発表

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!
【1位】Coincheck(コインチェック)【出川哲朗を起用した新CMスタート】
【2位】Zaif(ザイフ)※【急上昇】取引手数料マイナス0.05%キャンペーン実施中!
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)

DMM Bitcoin』オープン記念キャンペーン中!

  • 手数料最安値水準!
  • 取引できる仮想通貨は豊富な7種類!
  • リップル・ネム・イーサリアムなどレバレッジ取引可能!

DMM Bitcoinの無料登録はこちら

中国でマイニングプールを運営するViaBTCは、今週マイニングの市場を閉鎖すると発表した。

これは、当局の新たな禁止措置によるものである。

1月8日の声明で、ViaBTCは、1月10日に特定のハッシュパワー(および関連する仮想通貨による対価)を購入できる市場を閉鎖すると発表した。 また、「投機をコントロールし、投資家の利益を守る」ことを望んでいる。

ViaBTCは、「クラウドマイニングの契約を早急に完了してください。皆様のご協力、感謝いたします。」と述べた。

ViaBTCは、2016年11月にクラウドマイニングサービスを開始した。

ViaBTCが中国の当局の仮想通貨取引に対する取り締まり(2016年の開始直後)に対応し、仮想通貨の取引所を停止した数カ月後に、マイニングの市場が閉鎖された。その上、当局は、 9月にICOを禁止している。

この2つの出来事が関連しているという明確な根拠はないが、中国の関係者は国内のビットコインマイニング事業を徐々に閉鎖しようとしている、という新たな報道が出ている。

週末に開示された、中国の規制当局であるインターネット金融リスク管理の主要グループからの文書によれば、当局は地元のマイナーの支援を減少し、権力と土地の乱用に関する対策を求めている。その文書の一部で、その対策案を10日までに準備するよう要請した。

新疆事務所の代理人は、その文書が真実であることをQuartzに確信させたが、さらにコメントすることを拒否した。

さらにブルームバーグが示しているように、中国のマイナーは、ヨーロッパと北アメリカへ移動しようとしている。そして、中国の政府関係者は、マイニングエコシステムの「秩序ある」停止を規定したい、としている。

参考:https://www.coindesk.com/viabtc-announces-shutdown-of-crypto-mining-contract-market/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

国内取引所ランキング!

【1位】Coincheck (コインチェック)

ビットコイン・仮想通貨の取引量No.1なら「コインチェック」がおすすめ!スマホアプリも使いやすく、取扱い仮想通貨種類も13種類と日本一。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

【2位】Zaif(ザイフ)

取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!ビットコインだけでなく、ネム(XEM)・モナコイン(MONA)を購入するならZaif(ザイフ)がおすすめ!

【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量世界一のbitFlyer(ビットフライヤー)。ビットコイン現物・FXならbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめ!レバレッジ最大15倍!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内仮想通貨取引所ランキングを全部見たい方はこちら