【TDアメリトレード】ビットコインは若年層が投資を始める「いい機会」

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

投資資業者であるTDアメリトレードはビットコインのような仮想通貨を、若者を取引に興味を持ってもらう良い手段と見ている。

月曜日、CNBCに対し、マーケティング戦略部長のJJ Kinahan(ジェジェイ・カナン)氏は、仮想通貨業界を、取引に興味のない人々に、取引を紹介するチャンスだと話した。

Kinahan(カナン)氏は:

「人によっては、我々は若い世代に金融取引を広めれていないと不満を言います。初心者にこの商品で始めてほしいとまでは思わないが、一番いい機会ではあります。」

またKinahan(カナン)氏は、若年層は、所持金の9割を投資に必要だと考えるが、企業側は基本的に1割の投資しか顧客に勧めないと話した。

「その理論に賛成かと問われると、そうは思わないが、我々が『それは間違っている』と言うのは適切ではない。」と彼は言った。

この発言は、先月行われたTDアメリトレードの発表に続いたものである。また、この発表では、12月10日に開始されたCBOEのビットコイン先物契約を提供することが明らかにされた。

参照元

https://www.coindesk.com/td-ameritrade-bitcoin-great-opportunity-to-get-millennials-trading/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう