RDN(ライデンネットワークトークン・Raiden Network)価格の高騰理由/1ヶ月で5倍以上急騰

 

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】bitbank(ビットバンク ) 高セキュリティの仮想通貨取引所だから安心!

▼【登録無料】土日・即日入金したいなら住信SBIネット銀行に登録しましょう!

住信SBIネット銀行の申込はこちら!

 

RDN(ライデンネットワークトークン・Raiden Network Token)とは/即時で低料金でスケーラブルな支払いを可能にするオフ・チェーンネットワーク

Raiden Network (ライデンネットワーク)とは、低料金でスケーラブルな支払いを可能にするオフチェーンネットワークで、通貨単位はRDN(ライデン)と呼びます。RDNはERC20互換のトークンで、Raiden Networkはイーサリアム上で構築されています。簡単に言うとビットコインのライトニングネットワークのような役割を目指しています。

今回はRDNの高騰理由についてご紹介していきます。

※RDNを購入するには、「Coincheck(コインチェック)」「Zaif(ザイフ)」などに登録し、ビットコインを購入してから海外取引所「Binance(バイナンス)」「Kucoin (クーコイン)」など送金し購入する必要があります。(Binanceの登録・送金方法などこちら

Binance(バイナンス)無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト

RDN(ライデンネットワークトークン・Raiden Network)の高騰理由

RDNは低料金でスケーラブルな支払いを可能にするオフチェーンネットワークで、イーサリアムブロックチェーン上で構築されています。

現在ビットコインやイーサリアムは「スケーラビリティ」の問題に直面しており、「送金遅延」「手数料の高騰」などの問題が発生しています。

この問題を解決するためするものとしてビットコインでは「ライトニングネットワーク」が注目されています。この技術はセキュリティを保ったまま、送金をより迅速かつ安価に行うことを可能にするものですが、近年問題となっているイーサリアムの送金遅延などもライデンネットワーク・Raiden Network Tokenを利用することで解決できるとされています。

イーサリアムのスケーラビリティ・送金遅延などの問題が表面がすればするほどライデンネットワークが注目されており価格が上がっていることが想定されます。

また、直近「Binance(バイナンス)」ユーザー増加の影響により、軒並みアルトコインの価格が上がっていますが、その影響で買われてることも予想されます。

RDN(ライデンネットワーク・Raiden Network Token)の買い方・購入方法・取引所

RDNは、現在国内取引所で購入することはできません。

RDNを購入するには、海外取引所「Binance(バイナンス)」「Kucoin (クーコイン)」などから購入する必要があります。購入方法は以下の通りです。

  1. Coincheck(コインチェック)」「Zaif(ザイフ)」などに登録
  2. 国内取引所でビットコインなど購入する
  3. 海外取引所Binance(バイナンス)に登録する(Binanceの登録・送金方法などこちら
  4. 海外取引所へビットコインなどを送金する
  5. RDNを購入する

以上の手順を踏みます。国内取引所の登録が完了してれば30~1時間程度の作業で購入することが可能です。

RDN(ライデンネットワークトークン・Raiden Network)とは

RDN(ライデンネットワークトークン・Raiden Network Token)とは、オフ・チェーンのスケーリング・ソリューションであり、ステートチャネルの研究・開発などを行うネットワークです。

ステートチャネルとは

ステートチャネルとは、オフチェーン処理の1つで、ブロックチェーンのメリットを最大限残しつつ、オフチェーン処理を個なうことで、低コスト・高速送金などを行うことを目的とした技術です。ビットコインのライトニングネットワークもステートチャネルの一種と言えます。

高速処理かつ安い手数料

RDN(ライデンネットワークトークン・Raiden Network)は、オフ・チェーン処理を行うことで、オンチェーン上では実現できなかった低手数料・高速処理をすることが可能になります。 そのため振込手数料は格段に安くすることが可能です。

プライベート

RDN(ライデンネットワーク・Raiden Network)上の 個々の転送は、グローバル共有台帳には記入されません。

相互運用可能

RDN(ライデンネットワーク・Raiden Network )は、イーサリアム標準化トークン(ERC20)なら動作させることが可能です。

マイクロペイメントが可能

RDN(ライデンネットワークトークン・Raiden Network)は、オフ・チェーン処理を行うことで手数料を安く抑えることが可能です。そのため、少額決済が可能です。

概要

通貨コード(シンボル)RDN
発行開始2017年11月8日
承認アルゴリズム
発行上限100,000,000 RDN
現在の流通量50,000,000 RDN
ブロック認証サイクル
公式サイト公式サイトリンク
ホワイトペーパー
ブロックチェーンExplorerブロックチェーンサイト
備考

RDN(ライデンネットワーク・Raiden Network Token)の技術

ライデンネットワークは、イーサリアムブロックチェーンの上にあるインフラストラクチャレイヤーです。基本的な考え方は単純ですが、基礎となるプロトコルは非常に複雑で実装は簡単ではありません。

しかし、開発者は簡単なAPIを利用して、ライデンネットワークに基づいたスケーラブルな分散アプリケショーン(Dapps)を構築することが可能です。

Raiden Network 101

ブロックチェーンは、すべての転送の順序と結果にグローバルなコンセンサスが必要であるため、うまく拡張できません。そのため、全ての参加者は、共有元帳へのすべての更新について学習する必要があります。

ハードウェアと帯域幅の制約により、分散型ネットワークで共有できる1秒あたりの更新数が制限されます。

雷電ネットワークの基本的な考え方は、ブロックチェーンのコンセンサスのボトルネックを避けることです。これは、オフチャネルで、つまり転送ごとにブロックチェーンを介さずに、値を安全に転送することを可能にする支払いチャネルのネットワークを活用することによって行われます

RDN(ライデンネットワーク・Raiden Network Token)の使い道


ライデンネットワークの基本的な利用方法は、支払いです。現在、世界のペイメント業界は毎年約2兆ドルの収益を生み出しており、その成長が続いています。

小売支払

ブロックチェーンベースの支払いを大衆にもたらすために競合するいくつかの高プロファイルEthereumトークンベースのプロジェクトがあります。
特に発展途上国では、これらの努力は潜在的に数百万人の人生を改善する可能性がある。ライデンネットワークは、スケーラブルなテクノロジーと競争力に大きく依存しているため、重要な要素となります。

P2Pキャッシュ


私達が知っているように現金は、キャッシュレスの社会に向かっています。
スケーラブルなブロックチェーンベースの支払いは、新しい世代の期待に合わせてユーザーエクスペリエンスを更新しながら、現金の非公開かつ分散された性質を維持するのに役立ちます。

マイクロペイメント(少額決済)


ブロックチェーンは、今後のマシンツーマシン経済の支払いインフラストラクチャになるための有力候補です。IoTは、商取引の数を一桁増やすことができ、移転コストが安くなるほ使い道が多くなります。マイクロペイメントは、API、帯域幅、コンピューティングパワー、ストレージ、電気、基本的にあらゆるインフラストラクチャへのきめ細かなアクセスを得るために使用できます。

同じようにウェブページ、ゲーム、ビデオ、またはオーディオストリーミングなどのコンテンツまたはエンターテイメントにも当てはまります。

今日すでに提案された分散型アプリケーションの多くは、ネットワーク内の参加者間の協調行動を促すための小額決済に頼っています。

インスタントトークンスワップ(トークン間の交換)


支払いの次に、トークンの交換はおそらくブロックチェーンの2番目に顕著な使いみちです。
現在のトークン化の傾向が続く場合、さらにこの動きはに加速します。 ライデンネットワークのアトミックトークンスワップ機能をベースにした分散型の交換は、低コストでトークンを即座に交換できるようにします。

 

RDN(ライデンネットワーク・Raiden Network Token)を購入するならBinance

Binace(バイナンス)

おすすめポイント

  • 仮想通貨取引量世界7位!
  • 取扱い仮想通貨100種類以上!
  • 取引手数料0.1%!
  • ビットコインの分裂コインにも対応!

仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」は2017年7月に開設された中国の仮想通貨取引所です。日本語対応も開始しており、取引量も世界7位、取扱通貨も100種類以上と急成長してる仮想通貨取引所です!

また、取引手数料も0.1%と安く「メールアドレス」と「パスワード」だけで無料登録できます!(登録時間は1分程度)

公式サイトへ

仮想通貨取引量世界7位!

中国の仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」は2017年7月に開設された中国の仮想通貨取引所ですが、2017年11月時点で世界で仮想通貨取引量 ・流通量が7位と急成長をしている取引所になります!9月には日本語対応も開始してています!

取扱い仮想通貨100種類以上!

Binance(バイナンス)」の取扱い仮想通貨銘柄・種類は100種類以上になっています。国内で取扱数が最も多い「Coincheck(コインチェック)」でも13種類であり、その10倍以上のアルトコインなどを扱っています!

取引手数料0.1%

また、「Binance(バイナンス)」の取引手数料は、全て一律0.1%になっておりアルトコインも安く取引できるため、この点はおすすめです!

ビットコインの分裂コインにも対応!

Binance(バイナンス)」は、2017年11月25日にビットコインのハードフォーク(分裂)により誕生したビットコインダイヤモンド(BCD)の配布など、世界で最も早く配布対応をしており、今後も続くビットコインの分裂コインの配布にも対応してくれる可能性が高い取引所なっています!

公式サイトへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう