ゴールドマンサックス:ビットコインは貨幣の仕組みが不十分な国では有効であると発言

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

ゴールドマン・サックス:不安定な経済状況においては、代替通貨として有効

ゴールドマン・サックス(Goldman Sachs)が発行した新しいレポートでは、ビットコインと仮想通貨が、不安定な経済状況において、いかに代替通貨の機能を持たせるかに興味があるようです。

その発表は水曜日だったが、ゴールドマンサックスのストラテジスト、ザック・パンデル(Zach Pandl)とチャールズ・ヒメルベルグ(Charles Himmelberg)によって書かれたこのレポートは、他の国による米ドルの利用、つまり国境を越えて利用できる取引の媒体、取引所の需要があることをしめしている、とのBloombergの情報である。

ドルはうまくいっているが、最終的に、すべての場合において最高の通貨とは言えない。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

 伝統的な貨幣の仕組みが不十分な国では有効である

2人のストラテジストが説明したように、

「伝統的な貨幣の仕組みが不十分な金融システムの国や地域では、ビットコイン(より一般的には、仮想通貨)が現実的な代替案になる可能性がある。」

しかし、現存している仮想通貨は必ずしもその用途には適していない、との報告がある。

「われわれの調査によると、長期にわたる仮想通貨の収益は、グローバルな実質生産量の伸び率(1桁台の数値)と同等かそれよりも若干低くなる可能性がある。」

とパンデルとヒメデルク氏は書いている。

仮想通貨は金やその他の金属に似た資産として考えられるべきである、と彼らは付け加えた。

また、実際に独自の暗号通貨を開始した国はないが、一部の政府はこれに向けての準備をしている。

特に、ベネズエラのニコラスマドゥロ大統領(Nicolas Maduro)は先月、同国が経済救済のため独自のトークンを作成すると発表した。しかし野党の国会議員を含む、政府高官はこの考えに強く反対している。

参照:https://www.coindesk.com/goldman-sachs-bitcoin-viable-money-troubled-economies/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう