米連邦保安官局が5,400万ドル相当のビットコイン売り出しへ

 

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】bitbank(ビットバンク ) 高セキュリティの仮想通貨取引所だから安心!

▼【登録無料】土日・即日入金したいなら住信SBIネット銀行に登録しましょう!

住信SBIネット銀行の申込はこちら!

 

米連邦保安官局が5,400万ドル相当のビットコイン売り出し

米連邦保安官局(Marshals Service)は今月下旬に3,800以上のビットコインをオークションで販売すると発表した。

このオークションは、1月22日に行われる予定である。また、このオークションは、2016年以来、2,700ビットコイン(当時は約160万ドル相当、現在は約5100万ドル相当の金額)を売却したことに始まった。

11月1日時価では、3,813BTC(ビットコイン)は約5,400万ドルの価値がある。

当局によると、オークションは、3,813BTCが複数のオークションブロックに分割されるとしている。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト

1月22日からオークション開始

米連邦保安官局は説明した:

オークションは、1月22日の午前9時30分から午後3時30分までの6時間の期間に行われ、入札は事前登録された入札者からの電子メールで受け付けられます。3,813BTCは11ブロックで販売されます。 500BTCの5ブロック、100BTCの5ブロック、およそ813BTCの1ブロックが含まれます。

予定されている参加者は、1月19日正午で当局で登録されるようだ。また、オークションの当選者には同日に通知される。

当局は、今では廃止された闇市場であるSilk Road(シルクロード)から押収されたビットコインに関連して、いくつかのオークションを開催してきた。それは、数カ月の長いプロセスにわたって、144,000以上のビットコインをオークションしたものである。

参考: https://www.coindesk.com/us-marshals-service-to-auction-off-3800-bitcoins/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう