ウクライナ当局がビットコイン制限設定へ/公式仮想通貨実装を検討

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

ウクライナ当局がビットコイン制限を設定

ウクライナ当局は、仮想通貨部門の包括実装に向け、政府監視者、官庁や中央銀行が協力する組織を作成した。

ウクライナの安全保障機関が昨日発表した声明では、安全保障会議の中で、長らく続いた仮想通貨についての会議の記録流ことが分かった。会議の参加者、国内安全保障会長Oleksandr Turchynov(アレクサンダー・タキノフ)氏などは、国内の仮想通貨の流通に規制がないことに関しての多くの問題を挙げた。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

ビットコインは国内の経済と安全に悪影響

仮想通貨の流通の監視ができない状態は、国内の経済と安全に有害でありうると熱弁したTurchynov氏は、

「世界中で大量に開発された仮想通貨を見て、この国にも関係する問題として見なければいけない。」

これを基に、ウクライナの役員は市場監督官、財務局、監視員で構成された組織を設け、目標として仮想通貨の制御の法案提示、仮想通貨業界の監督、暗号を用いての取引とその参加者の監視、さらに仮想通貨を収入としている利用者への課税を挙げた。

さらに、「これに加え当局は、仮想通貨取引の情報を法執行機関に共有し、該当機関の義務として、法や財政団体が定めた期間中のすべての取引の情報を保管と、要求に応じて顧客の情報の開示を設ける。」とした。

この政府組織はウクライナ国内銀行、財務省、証券・株式市場委員会、保安庁、警視庁、ウクライナ財政監視機関、ウクライナ財政業務機関、特別通信・情報保護機関それぞれの代表で構成される。

「これら制度の設計・設置の一部として、仮想通貨流通の包括的な制限、この分野の犯罪防止を目標とした国際協調が含まれる。」

不思議なことに、この申告では国内仮想通貨の開発予定をほのめかす文も含まれており、

「ウクライナ銀行は独自の仮想通貨の開発の必要性を議論している。」

と書かれていた。

ウクライナの中央銀行は、すでに国内の仮想通貨取引への規制の骨子を設定する意思を明らかにしており、これにより「ビットコインの法と規制の基準を制定する」と2017年半ばに中央銀行の告知に記されていた。

参考:https://www.ccn.com/ukraine-will-regulate-bitcoin-considers-issuing-state-cryptocurrency/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう