Blockchain CEO「2018年中に世界中の中央銀行がビットコインとイーサリアムを保有するだろう」と発言

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

Blockchain CEO「2018年中に世界中の中央銀行がビットコインとイーサリアムを保有するだろう」

Coinbaseの次に最も広く利用されている仮想通貨ウォレットであるBlockchainのCEOであるPeter Smith(ピーター・スミス)は、2018年に中央銀行がBitcoin(ビットコイン)やEthereum(イーサリアム)のネイティブトークンであるEther(イーサ)のような主要な仮想通貨を保有始めると述べました。

「今年は、中央銀行がバランスシートの一部にデジタル通貨を保有するようになる初めての年になると思う。 ビットコインはすでに供給量上位30位の通貨であり、このトレンドと準備金の一部として仮想通貨を保持する圧力は、価格が上昇するにつれて加速するだろう。」

とスミスは指摘する。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

一部の中央銀行ではBitcoinを保有

2017年12月、ブルガリア政府は、法的捜査と、闇ネット市場の運営者の取り締まりで押収された資金によって、30億ドル以上のビットコインを計上したことが報告された。

5月にブルガリア当局は、ビットコインの価格が15,000ドルであることから、現在は213,519のビットコインを保有し、総額32億ドルを超えることを公式に表明した。

「この犯罪行為の結果として、2015年だけに関税局が記録した損害は、約1,000万レヴァ(Leva,ブルガリアの通貨単位)に登る。また現在までに、主な容疑者の仮想通貨ウォレットには合計213,519のビットコインが見つかった。」

とブルガリア政府は述べている。

世界の中央銀行が仮想通貨の大量取得する可能性

世界の中央銀行は、ビットコインの法執行に加えて、仮想通貨市場が過去数年間に指数関数的に増加したため、ビットコイン、イーサリアム、およびその他の主要な仮想通貨を大量に取得する可能性が高い。

特にBitcoinは2,500億ドルの市場価値評価を達成している。また、アナリストは、仮想通貨市場は特別な価値市場となり進化を続け、最終的に8兆ドルの金市場と競合するほどになると予想している。

さらに、40兆ドルのオフショア・バンキング市場、8兆ドルの金市場、50兆ドルの法定通貨市場をターゲットにして、ビットコインが世界経済の準備通貨になるならば、各国政府は主な財務当局としてビットコインとアルトコインを扱う必要がある。

しかし、市場でのビットコインや他の仮想通貨の獲得においては、2年以上にわたって中国、ヨーロッパ、英国の主要中央銀行や政府機関の一部が中央銀行のもと仮想通貨通貨を発行することに取り組んできた。

その2年の間、数億ドルの研究開発費が投資されたが、中央銀行は政府主導のもと、仮想通貨のテストにも至っていない。中央銀行発行の仮想通貨の発展が進まなかったのは、非現実的かつ野心的な計画が積極的に実施されてしまった結果である。

仮想通貨とブロックチェーンベースのネットワークの目的はすべて、地方分権という基本的な概念に基づいている。

ブロックチェーンネットワークでは、ユーザーは支払い、取引、および情報をP2P(ピアツーピア)で送受信できるのだ。

将来、中央銀行が、ビットコインをサポートする技術を信用するかどうかはそれほど重要ではないだろう。

仮想通貨が世界準備通貨になる

仮想通貨が世界準備通貨になる兆しを見せ始めた時、ビットコインの投資とセキュリティ上の価値において、政府は大量の仮想通貨を取得する可能性がある。

参照元

https://www.ccn.com/blockchain-ceo-central-banks-will-hold-bitcoin-ether-2018/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう