2018年に入り、リップル(XRP)が47%以上暴落/アナリストは懐疑的

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

仮想通貨リップル、2018年の最初の数週間で40%以上暴落

  • リップル(XRP)は、CoinMarketCapによると火曜日の午後130円~140前後近くで取引され、これまでの47%以上暴落している。
  • 最新リップル価格は、CoinMarketCapは、リップル価格が高い韓国の取引所からの価格を除外している。
  • ビットコインは、今年で16%以上暴落

2017年にビットコインから注目を奪ったリップルですが、2018年の最初の数週間で40%以上暴落し波紋を呼びました。

リップル(XRP)は、火曜日の午後140円近くで取引されていましたが、今年に入り47%以上減少しています。 2017年からリップルは35,500%以上上昇し、300円まで高騰していました。

対照的に、ビットコイン約1,500%上昇しましたが、2018年に16%以上低下しています。

※時間がなく全文の記事が読めないけどリップルを今すぐ買いたい!という方は、「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

CoinMarketCapリップル価格は、リ約20セント高い韓国の取引所を価格を除外している数値になります。Cryptocurrencyのデータサイトは、1月8日に「世界の他の国々からの価格の極端な相違」のために価格を除外していると発言しました。

CoinMarketCapによると、リップルの時価総額は、第3位の暗号通貨となっていました。

アナリストはリップル(XRP)の価格に懐疑的

しかし、数名のアナリストは、投資家がXRPの潜在的な利用について過度の懸念を抱いている可能性があると警告した。

Rippleは100以上の金融機関がネットワークを使用しているいますが、Cuallixという1つの銀行だけしか、まだXRPを使用してないいと言われています。

木曜日にMoneyGramは、XRPの支払いをテストすると発表しました。しかし、プレスリリースには、パイロットの開始日時枠が記載されていませんでした。

また、RippleはCNBCのコメントには要請に即座に反応しなかったようです。

参照元:https://www.cnbc.com/2018/01/16/ripple-tumbles-more-than-40-percent-to-start-2018.html

リップル(XRP)が暴落した場合に利益を出す方法とは

リップル(XRP)などが暴落・急落した時に利益を出す方法があることを皆さんは知っていますか?

DMM bitcon」なら、ビットコイン、イーサリアム、リップル、ネム、ライトコイン、ビットコインキャッシュなどのアルトコインのレバレッジ取引(FX)が可能で、「空売り」というトレード手法を用いることで利益を出すことが可能です!

DMM BitcoinのFXならリップルの空売りが可能!

FXなどは、実際にビットコイン自体の受け渡しをせずに、売買した時の差額に相当する日本円のみで決済する「差額決済取引」のことを指します!

そのため、売りから入る「空売り」が可能なことです。上記のように、FXは差額決済なので先に高値で売って、安くなった時に買い戻して利益を出すことが可能になります!

DMM Bitcoinの無料登録はこちら

リップル最新ニュース一覧へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう