800億ドル近い資産を持つリップル/毎月何億ドルも現金化している理由とは

 

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】bitbank(ビットバンク ) 高セキュリティの仮想通貨取引所だから安心!

▼【登録無料】土日・即日入金したいなら住信SBIネット銀行に登録しましょう!

住信SBIネット銀行の申込はこちら!

 

800億ドル資産のリップル /毎月何億ドルも現金化している理由とは

16ヶ月前、Alpabetのグーグル社、有名投資家アンドリーセンホロウィッツ氏などからの資金調達に続いて、典型的なシリコンバレーの資金調達ラウンドで株式を売却することによりRippleは5500万ドルを調達した。また、そのラウンドで、約4億ドルのバリューがついた。

今日、サンフランシスコのスタートアップは、会社の所有権や支配権を放棄することなく、毎月そのような金額を何度も現金化することができるのだ。

※時間がなく全文の記事が読めないけどリップルを今すぐ買いたい!という方は、「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト

毎月何億ドルも調達できるリップル

リップルは、銀行が迅速な世界的な金融決済に使用するソフトウェアを開発している。しかし、現在の価値のほとんどは、1年前に不明瞭だったデジタル通貨であるXRPの創設者であり、現在は約1,300億ドルの市場価値を持つXRP(リップル)の大半を所有している。

1年間で200倍まで高騰したXRP

ビットコインのように公に取引されているXRPは、昨年から説明できないほどの上昇局面に入った。1月初めの3.84ドル高から、1.30ドル(火曜日の30%減を含む)まで急落はしたものの、過去12ヶ月では依然として約200倍も上昇している。

リップルは、作られている1000億XRPのうち約600億XRPを所有しており、その保有分は800億ドル近くの市場価値をもたらしている。

CEOのブラッド・ゲーリングハウスは、「一部の銀行が同社のソフトウェアのために数百万ドルを支払っていると語った」が、同社の収益は不明である。

それにもかかわらず800億ドルは合理的な投資家が、その会社を大切にする場所よりはるかに先行している。

厳しい企業価値

Rippleは突然マーケットにトークンがあふれることに対しての懸念を取り除くために、毎月販売できるXRPの量を制限している。

同社はXRPの550億ドルを安全なエスクロー口座(売り手と買い手の間に第三者である金融機関を介して、条件付で譲渡金額を決済するため)に入れ、毎月最大10億XRPをリリースすることができる。

リップルは1月の間にこの量を売ったことは一度もなく、12月には2016年中旬以来1月平均3億XRPを売り出しているという。

2017年3四半期間で9,000万ドルの売上

また、リップルは保有分を毎月少しづつ売却することで、同社は2017年の最初の3四半期で9,000万ドルを上回る売り上げを作った。

Cryptocurrency ripple falls 5 percent

リップルはまだ第4四半期のXRPレポートをリリースしていないが、プログラムに従って同量を販売し続けていれば、第4四半期で7500万ドル以上、半期で1.5億ドルの売り上げがあるだろう。

しかも、そこには直接販売で作られた売り上げは含まれていないのだ。同社は市場にどれくらいのXRPが市場に流通するかを決定できるので、四半期ごとに数億ドルの売り上げを立てる理由はない。

しかし、その能力を持っているだけで、リップルは類まれなキャッシュポジションを手に入れている。また、高値での販売により資金を素早く調達でき、野心的な新しいプロジェクトや他のスタートアップに投資することができる。

素早い資金調達とスタートアップへの投資

Rippleの役員は、Omniというストレージのスタートアップの2500万ドルの資金調達ラウンドの一環として、XRPの一部を投資した。

サンディエゴの仮想通貨ヘッジファンドであるCrypto Asset ManagementのマネージングディレクターであるTimothy Enneking(ティモシー・エネキング)は、「おそらく、彼らは地球上の他のどの企業よりも現金を必要としない。」と述べた。

Lightspeed Venture PartnersのJeremy Liew(ジェレミー・リュウ)は、通貨が価値を持ち、消費者がピアツーピア決済に集中する前である、2013年にリップルに投資した。

彼は役員ではなく、会社と密な関係ではないが、突然に潜在的価値の高い株式を見つけるのだ。

その株式をどのように評価するかを正確に把握することは簡単なことではない。Lightspeedは、民間企業の非流動的な株式を保有しているのだが、その価値は、非常に激しいボラティリティーの資産から得られたもので、長期的に細かく切り分けて収益化する予定である。

Jeremy Liew氏

「これはまったく前例のないことだ」とLiew(リュウ)は言う。

「前四半期の終わりまではそれほど重要ではなかったので、今考えなければならない」

先週Deep Value Researchのレポートによると、Seagateは2016年にリップルに投資して、80億ドル近くの株式を保有することができたという。同社は公表していないが、1月8日の報告以来、株式は20%上昇した。

アンチビットコイン

リップルのお金を生み出す能力は素晴らしいが、創業者は仮想通貨とブロックチェーンの世界で多くの論争を呼んでいる。

ビットコインは、流通するためにマイニングが必要で、分権化された通貨であり、ナカモトという偽名を使用した不思議で未確認の人物によって作成された。

対照的に、リップルとその支払いシステムは、大部分のXRPを所有する単一の会社によって作られたものであり、市場に存在する量をコントロールしている。

Redditや他の批評家は、リップルが「薄い空気から」通貨を作り出したことがどれほど狂っているのかについてコメントしている。さらに、通貨はほとんど使用されていないため、価格急上昇を正当化することはさらに困難である。

Rippleの中核製品xCurrentは、国境を越えた支払いを迅速に解決できるメッセージングソリューションとして銀行で使用されている。

しかし、彼らはXRPを使っていないのだ。

xRapidと呼ばれる、より新しくかつまだ初期のRipple製品は、金融機関が通貨を迅速かつ安価にXRPに変換し、リアルタイムでデジタルで取引することを可能にするものである。

先週、リップルはxRapidの最初の重要な顧客を発表をした。それによると、MoneyGramがこの技術とXRPを使って資金を移転するコストを削減するとしている

ラテンアメリカとアジアに送金することに焦点を合わせた送金中継事業者のViamericasは、XRPをテストしていると言った。

Rippleは、ネットワーク上での平均トランザクションの処理に2〜3秒かかると主張している。 Bitcoinトランザクションは、Blockchain.infoのデータによると、平均で約51分かかっている。

リップルCEO「私は個人的にビットコインを買っている」

リップルの最高経営責任者(CEO)は、リップル・エクイティとXRPを現在の価格で組み合わせた数十億ドルを個人的に所有していると指摘している。

「私は個人的にビットコインを買っている。なぜなら、それは価値の保存における問題を解決すると考えているからだ。」

言い換えれば、ゲーリングハウスはビットコインをデジタル金の一種である、

投資先の多様化を目指す投資家を引き付けるものであると見ている。しかし、彼が正ししければ、XRPは特定の用途を持っており、それは金融企業がブロックチェーンを通じて取引する方法なのだ。

ゲーリングハウスは、「我々はXRPの速度と需要を推進させる。」と述べた。

Brad Garlinghouse(ブラッド・ゲーリングハウス))

そのような話は、XRPの価格の変動を説明するのに役立つが、価値を把握することが容易になるわけではない。

急激な価格上昇についての最善の説明は、仮想通貨への世界的な関心の高まりと、そのような資産の購入、売却、保有を可能にするオンライン取引の普及である。

Enneking(エネキン)は、彼のCrypto Asset Managementファンドのために、最近XRPを売り、ビットコインとイーサリアムを買っていると述べた。

「多くの銀行がリップルを使って数十億ドルを移動させると、XRPの価値が高まるのはなぜですか?彼は言った。 “私は何が価格形成をしているのか理解できない。」

2017(そして2018年まで)で私たちに仮想通貨についておしえてくれたことがあるとすれば、それは極端なボラティリティが標準になっているだけである。XRPが3ドルを超えて急上昇したのと同じくらい早く、XRPが10セント以下でクラッシュする可能性がある。

このようなリスクがあるからこそ、リップルは毎月のXRP売上を最大化し、現金ポジションを可能な限り抑えることが理にかなっている。

しかし、ゲーリングハウスは、彼がその方法をとっていることを知らせなかった。

「私がしていることはすべて、XRPの生態系にとって最善の利益になると考えている。」

リップル最新ニュース一覧へ

参考記事

https://www.cnbc.com/amp/2018/01/16/why-ripple-is-not-cashing-out-its-xrp-holdings.html?__twitter_impression=true

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう