米大手決済サービスMoneyGram(マネーグラム)がリップル(XRP)と提携/国際送金の迅速化のためXRPを利用した送金テストを開始

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

1月11日、リップル公式ブログの発表により、世界第2位の送金事業社であるMoneyGramが、RapidXRPを活用した国際送金テストを開始することを発表しました。

先日、リップル2018年中に国際送金事業トップ5位のうち3社がXRPを利用した送金テストを開始することを発表していましたが、今回の発表を受けてMoneyGramであることがわかりました。

※時間がなく全文の記事が読めないけどリップルを今すぐ買いたい!という方は、「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

MoneyGram(マネーグラム)とは

マネーグラム (MoneyGram) は国際的送金ネットワークのサービスを行なっている会社です。アメリカ合衆国テキサス州ダラスに本拠地をおき、ニューヨーク証券取引所に上場している企業で、世界約200カ国・地域に23万拠点のネットワークを有しています。マネーグラムの事業は、国際送金事業と、Financial Paper Products事業の二つに分かれており、日本で事業を展開しているのは国際送金事業のみである。

マネーグラム (MoneyGram) の国際送金サービスは、世界400以上の銀行に10分程度で、お金を送金できるサービスを提供しており、国際送金を行った時、付与される8桁の照会番号を、マネーグラム窓口で伝えることで口座入金される仕組みになります。

MoneyGramは国際送金の迅速化のためにXRPを活用【公式ブログより】

国際送金は大きなビジネスです。2016年には、海外労働者による本国の家族への仕送りや、海外のビジネスパートナーとの取引決済のためなどに、$600Bnもの国際送金の取引が行われました。

送金業者は顧客に海外送金サービスを提供していますが、残念ながら現在の送金モデルでは、送金の流動性調達のために世界各地の口座に事前のファンディングをする必要があります。このプロセスのため、送金はコストが高く時間がかかるものになっており、送金業者にとっても、また顧客にとっても悩みの種でした。

顧客がより素早くかつ低コストで国際送金を実行できるように、世界最大の送金業者の一社であるMoneyGram社は送金フローにおいてXRPを活用します。

XRPを活用することで、MoneyGramは、多くの金融機関が長年直面している流動性の問題を解決することができ、かつ時間とコストを削減することができます。加えて、顧客はリアルタイムで、追跡可能でかつ高い確実性のある送金を行うことができるようになります。

XRPxRapidによりオンデマンドで流動性を調達

MoneyGramは、Rippleのオンデマンド流動性を提供するプロダクトであるxRapidを通して、XRP Ledger上に固有のデジタルアセットであるXRPにアクセスし、送金フローの中で活用することができます。

仕組みは以下のとおりです。xRapidXRPを通してリアルタイムの外国為替 (FX) の決済を可能とします。金融はそれによって流動性を解放し、たった一つのファンディングされた送金元アカウントから複数のコリドーにアクセスすることが可能となります。

更に、金融機関はオンデマンドの迅速な決済が可能となり、FXコストと送金手数料を削減することができるようになります。顧客は送金ステータスについてリアルタイムの透明性を得ることができるようになります。

MoneyGramAlex Holmes社長はプレスリリースで以下のとおり述べています。「Rippleはブロックチェーン技術の最先端を走っている会社であり、xRapidのパイロットを楽しみにしています。この取り組みは効率性を高め、MoneyGramの顧客へのサービスを向上することに貢献すると信じています。」

Rippleは国際送金の改善に尽力

Rippleは今日国際送金において存在する非効率性や問題を解決することに専念しています。それは銀行、事業会社、またはその他の金融機関による、世界中全ての送金が対象となります。

RippleCEOであるBrad Garlinghouseは以下のとおり述べています。「送金に関する問題は銀行だけではなく、MoneyGramのような、海外労働者が愛する家族のために送金を行う手助けをする送金業者にも影響を与えています。3秒以内での決済を可能とするXRPのようなデジタルアセットを活用することで、私たちの顧客は情報と同じように瞬時に送金をすることが可能となります。」

xRapidの詳細については、RippleSolutionsページをご参照ください。

SBIレミットとリップルの関係性

また、SBI子会社であるSBIレミットも国際送金サービスを提供しており、マネーグラム (MoneyGram) とSBIレミットは提携関係にあります。現在SBIミレットは世界各国と32万以上の拠点から国際送金などが可能ですが、マネーグラム (MoneyGram)とリップル(XRP)の国際送金テストで成果がでれば、SBIミレットでのリップル取り扱いも必然的に行われると思われます。

今後も国際送金事業社2社と提携予定

今後、大手国際送金企業2社との提携が予定されています。2018126日にリップル社CEOサンフランシスコで開催される「Blockchain Connect Conference」に参加予定ですが、この大手国際送金企業2社の発表があるか楽しみにしておきたいとところです。

国際送金事業者として有名なのは「Western Union」「TransferWise」「World Remit」「PayPal」などですが、PayPayなどだと面白くなりそうです。

リップル最新ニュース一覧へ

リップル(XRP)購入するのにおすすめ取引所

GMOコイン

おすすめポイント

  • 東証一部上場!GMOインターネットグループが運営する取引所!
  • 口座開設完了すると、20,000Satoshiプレゼント!
  • 入出金・取引手数料が無料!

ビットコイン国内取引所のGMOコインは、“GMOクリック証券”など、GMOインターネットグループが運営する仮想通貨FX・売買サービスです。

GMOコインは、取引手数料・口座開設が無料であり、口座開設完了(=ログイン後に口座開設コードの入力および2段階認証設定を完了)すると20,000Satoshiプレゼントキャンペーンがあります。

おすすめポイント

公式サイトへ

※GMOコインの登録方法がわからない方は「GMOコイン口座の作り方」の記事を参考にしてください!

1.入出金・取引手数料が無料!

GMOコインの1番のメリットは、入出金時や取引時にかかる手数料が「全て無料である」ということです。

特に嬉しいのが「即時入金手数料が無料」である点です。即時入金は、銀行から入金をすると、すぐに口座反映される仕組みですが、手数料が無料なので「口座残高がないけど、今すぐ買いたい!」という時に、すぐにお金を入金して取引することが可能になります!

 

2. 口座アップグレードで「20,000Satoshi」プレゼント!

また、GMOコインでは口座プランをアップグレードするだけで、「20,000Satoshi」がプレゼントされます!

「Satoshi」って何?

「Satoshi」というビットコイン単位の大きさは、下記になります。

「1Satoshi=0.00000001BTC=1億分の1BTC」

日本円で言うと“約0.007円”です。つまり20,000Sahoshiとは、約140円がプレゼントされることになります!

ノーリスクで、ビットコインをもらえるので、かなり嬉しいキャンペーンです。

公式サイトへ

bitbank.cc(ビットバンク)

おすすめポイント

  • 50種類以上の高機能の取引ツールを提供。
  • 国内最大級のビットコインメディアをBTCNを運営!
  • 取引手数料マイナスーボーナス0.05%!

ビットバンク(bitbank.cc)は、ビットバンク株式会社が運営する仮想通貨取引所であり、国内最大級のビットコインニュースの「BTCN」を運営する信頼ある取引所です!

また、取引手数料がマナイス0.05%と取引するたびに"ボーナスが貰える"取引所です!

公式サイトへ

※bitbank.ccの登録方法がわからない方は「bitbank.cc口座の作り方」の記事を参考にしてください!

ビットコイン取引手数料マイナス0.05%

ビットバンク(bitbank.cc)の最大のメリットは、ビットコインを含む仮想通貨の取引手数料がマイナス0.05%だということです。メイカーとして注文を取引板に並べた際に、手数料0.05%のボーナスを貰うことができます!

50種類以上の高機能取引ツールを提供。

ビットバンク(bitbank.cc)は、プロ向けの仮想通貨取引所です。

50種類以上の豊富なテクニカル分析に対応しており、チャートも見やすく、「トレンド線」「MACD(マックディー)」「ボリンジャーバンド」「ストキャスティクス」「移動平均線」などにも対応しております!

国内最大級のビットコイン関連メディアを運営!

また、ビットバンク株式会社は、国内最大級のブロックチェーン・ビットコイン関連情報を提供している「BTCN」を運営しており、ブロックチェーンや仮想通貨に関する最新情報や相場に関する情報などを日々提供しています。

自社でメディアを運営していることは"信頼できる証"であり、取引所だけでなく「BTCN」も参考にすることをおすすめします!

公式サイトへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう