リップル大暴落の後も、2018年最高の仮想通貨がリップルXRPである5つの理由

▼【国内トップクラス!】低リスクで安定的に資産を増やしたい方におすすめ!全自動で世界水準の資産運用を実現するロボアドバイザー!

【登録無料!】Wealthnavi(ウェルスナビ)

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】bitbank(ビットバンク ) 高セキュリティの仮想通貨取引所だから安心!

▼【登録無料】土日・即日入金したいなら住信SBIネット銀行に登録しましょう!

住信SBIネット銀行の申込はこちら!

 

2018年最高の仮想通貨はリップルコイン

数ヶ月前にビットコインが投資家の間ではおなじみの名前になった。

しかし、人々はすでに発車してしまった列車のようにビットコインをとらえていた。そして、多くの少額投資家が、夢の行き先に連れて行ってくれる、億万長者になれるような別の電車に乗りたいと考えていた。

※時間がなく全文の記事が読めないけどリップルを今すぐ買いたい!という方は、「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト

Ripple XRP高騰により、数日で億万長者が数千人誕生

そして驚くべきことに、リップルはそのような投資家のトンネルの終わりに光をさした。 XRP(リップル)の価格は1カ月以内に0.35ドルから3.81ドルに上昇した。

実際に数日で数千人のリップル投資家が億万長者になったのだ。

だが、リップルはついこの2日間でかなり暴落してしまった。

既に48時間で時価総額の50%を失ったのである。このような大暴落の後、多くの投資家たちは、その急落がリップルバブル崩壊の始まりであり、リップルの技術では3.81ドルという高い市場価格を正当化できないと主張している。

そして、多くの人々は、リップルのコンセプトが、仮想通貨のテーマと全く反対であるという主張をしている。

また、XRP(リップル)の高騰のために、銀行が分散型通貨をコントロールしようとしているのだ。

(注:私たちはどんな仮想通貨の拡散や衰退も狙ってはいない。この記事はあくまで誤解を招く外部情報や外部要因から、その情報のせいでパニックになってRipple(リップル)を売っている投資家を守るためのものである。 仮想通貨への投資には元金全体を失うなど巨額のリスクが伴い、賢明に投資する必要があることを覚えておいてほしい。)

しかし、あなたがXRP(リップル)を売る前に、その崩壊の側面とXRP(リップル)の今後の展望を考慮する必要がある。

今回の暴落は、ほぼ全ての仮想通貨で起きた

1.XRP(リップル)だけでなく、他のほとんどすべての仮想通貨が多くの時価総額を失ったことを覚えておいてほしい。 通貨の時価総額は、Ripple(リップル)を50%のプレミアムで取引していた韓国の取引所のデータが除外されたからだ。

2. 仮想通貨が高値に達するたびに、少しの落ち込みがある。過去においても、XRP(リップル)は6月にINR40に触れ、その後6ヶ月間で上昇した。Ethereum(イーサリアム)、Litecoin(ライトコイン)、IOTA(アイオータ)、ビットコインでも同じことが起こったのだ。

3.なぜ世界中の有名な投資家や取引所のオーナーがリップルのマイナスの点を上げているのか考えなければならない。ここでは、状況を賢く捉える必要があるのだ。

過去にJamie Dimon(ジェーミー・デーモン)のような大物がビットコインを詐欺だと呼んだとき、ビットコインにも同じことが起こったことを考えればわかる。

莫大な資金を持つこれらの大物の多くが、多くの人が「ビットコイン」と呼ばれる黄金の列車に乗ったことがないため、ビットコインの価値を減らすために否定的な言葉を使用しているのだ。

そのために、ビットコインが否定的な宣伝によって大幅な価格修正をしてしまったのである。

また、リップルにも同じシナリオが適用され、次のビットコインとして登場した。

そして再び、これらの投資家達は、「Ripple(リップル)」と呼ばれる別の黄金の列車をつかむ機会を逃したのだ。

4. 仮に仮想通貨またはビットコイン / リップル/ イーサリアムの成長が実際にバブルの場合はどうなるのか?

我々は、仮想通貨のボラティリティーの高さによりそのような価格が付いていることは単なる推測であり、何のことはないという事実を知っている。

しかし、それは2018年が仮想通貨バブルの終わりを意味するのだろうか。明らかにそうではない。

なぜそう言えるのか。

バブルが金融市場に打撃を与えるたびに、ドットコムバブル(1995〜2001年から続いている)やインドの住宅バブル崩壊もしくはHarshad Mehta Scam(ハーシャッド・メサによる犯罪)など、少なくとも4年間は、2016年は暗号バブル全体が出現し始めた年であり、2017年は他のアルトコインにとって決定的な年であり、2020年には過去のバブルの歴史を考慮すると、バブルの終わりになるかもしれない。

リップル(XRP)の価格が10,000円になる可能性もある

これは単に2018年が単なる始まりであることを示しており、Ripple(リップル)やその他のBitcoinを含むアルトコインは、現在のレベルから100倍も成長する可能性がまだあるのだ。

5. Rippleの共同設立者、CEO、従業員がXRPトークンを大量に所有している。銀行や金融機関は、XRP(リップル)を使用して世界のビットコインとEthereum(イーサリアム)の大部分を購入していて、 Ripple(XRP)のコンセプトは分散されたテーマに完全に逆らっているのだ。

だから何なのだ。Ripple(リップル)は2018年には10ドルに達するだろう。

最低でも1,000円以上価格は高騰する

たとえ上記で言及した点のいずれかが近い将来真実であると判明したとしても、Ripple(XRP)は、2018年だけで少なくとも7〜10ドルの価格水準に触れることになるだろう。

XRPトークンの供給が膨大なために、XRPがBitcoinを第一位の仮想通貨として置き換えられる可能性を誰もが考えている。

リップルが数ヶ月で1位になることは間違いないが、たとえ何かが起こってリップルは長期的には1位を維持できない可能性もある。
しかし、みんなBitcoin(ビットコイン)を一度は2位にしてみたいと思っているのだ。だから、確実にRipple(リップル)の価格は近い将来に10ドルに急上昇するだろう。

リップル(XRP)が購入できる国内取引所

現在、国内取引所でリップル(XRP)を取り扱いしている取引所は「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」「DMM bitcoin」「BitTrade」「QUOINEX」「Coincheck」など6社があります。

リップル(XRP)の取引(売買)手数料/スプレッド/セキュリティGMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」の2社がおすすめ!

リップル(XRP)取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所取引(売買)手数料特徴公式
GMOコイン無料【GMOインターネット(東証一部上場)グループだから安心】レバレッジ取引5倍/全取り扱い通貨5種類!公式サイト
ビットバンク無料リップル含む全6種類/コールドウォレット・マルチシグ対応だからセキュリティ安心!公式サイト
DMM bitcoin (レバレッジ取引:建玉金額の0.04% / 日 ) リップル、ネムなどのレバレッジ取引5倍可能!F公式サイト
4位BitTrade 0.25%~0.45% 安心の国内MT4取扱業者/全取り扱い通貨5種類!公式サイト
5位QUOINEX0.25% 通貨ペア数14種類!人気の通貨ペアからマイナーな通貨ペア豊富!公式サイト
6位Coincheck 無料 日本No1仮想通貨取引所/全13種類取り扱い通貨/現在取引停止中 公式サイト

また、リップル(XRP)のレバレッジ取引(FX)をしたい方は、国内で唯一レバレッジ取引(最大5倍)が可能なDMM bitcoinに登録しましょう!

最も安くリップル(XRP)を購入できるおすすめ取引所・手数料比較ランキング

リップル最新ニュース一覧へ

参照元

https://abrition.com/ripple-xrp-still-best-crypto-2018-even-downfall/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう