【仮想通貨】IOTA(アイオータ)とは/IoT実現のための少額決済に特化した暗号通貨

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

【仮想通貨】IOTA(アイオータ)とは

IOTA(アイオータ・通貨単位;MIOTA)とはIoTのデバイス同士の通信のために作られた仮想通貨となります。

IOTAは、マイクロソフト、富士通、そして、その他20以上の企業とパートナーを結び、モノのインターネット(IoT)のための、データを公共的にアクセス可能にする新しい市場を開拓することを目的としており、時価総額トップ10位にも入っていました。

※上記通貨を購入するには、「Zaif(ザイフ)」「bitFlyer(ビットフライヤー)」などに登録し、ビットコインを購入してから海外取引所「Binance(バイナンス)」送金し購入する必要があります。(Binanceの登録・送金方法などこちら

Binance(バイナンス)無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

IOTA(アイオータ)の特徴

IOTA(アイオータ・通貨単位;MIOTA)とはIoT(Internet of Things)実現のための少額決済に特化した仮想通貨で,以下のような特徴があります。

IOTAは、マイクロソフト、富士通、そして、その他20以上の企業と提携を結び、モノのインターネット(IoT)のための、データを公共的にアクセス可能にする新しい市場を開拓することを目的としており、時価総額トップ10位にも入っていました。

①ブロックチェーンではなくTangleを使用している

IOTA(アイオータ)はブロックチェーン技術を用いずに,Tangleと呼ばれるDAG(有向非循環グラフ)を用いています。

従来のブロックチェーン技術ではトランザクション(取引)を発行する立場と承認する立場の人がいて,一部の人に対しての優遇を引き起こしてしまうという欠点がありました。Tangleでは新しいトランザクションが到着すると前の2つのトランザクションを承認する必要があります。トランザクションを発行するユーザーは別のトランザクションを承認することで,ユーザー一人ひとりがネットワークセキュリティに貢献することになります。

②IoTに特化した暗号通貨

IoTは日常生活をより便利にする仕組みであり,今後IoTデバイスはどんどん増えていくでしょう。しかし,モノがインターネットを経由してデータをやり取りするには実質コストがかかり,また多くの送信プロセスを必要とします。

このIoTの仕組みを簡略化し,また一回一回の少額の支払いを可能とするのが,IOTA(アイオータ)の大きな利点となります。

③決済・送金手数料が無料

IOTA(アイオータ)は送金手数料や決済手数料がかからないという特徴があります。

例えばビットコインなどでは,「マイナー」と呼ばれるいわば管理者のような存在が取引の正確性を保ちます。その手間や費用をかけて取引の正確性を保ったことに対する報酬として新たなビットコインでが支払われるのです。マイナーたちによってビットコインの取引は不正なく行われ,ビットコインの手数料はマイナーたちの収入になっているため,手数料はどうしても必要な存在となってしまいます。

IOTA(アイオータ)ではこういった特別なマイナーを設けず,一人一人が取引の承認者となっております。このように決済プロセスを簡略化することによってコストを削減し,送金手数料や決済手数料を0にし,送金やデータの送信を容易にしています。

④マイクロペイメント

マイクロペイメントとは「少量の取引」といった意味です。

IOTA(アイオータ)で送金手数料や決済手数料がかからないので,少額決済に適しているといえるでしょう。

概要

通貨コード(シンボル)IOTA(MIOTA)
発行開始2017年06月11日
承認アルゴリズム
発行上限2,780,000,000 IOT
現在の流通量2,780,000,000 IOT
ブロック認証サイクル
公式サイトhttp://iota.org/
ブロックチェーンExplorerhttp://www.iota.tips/
備考IoT(Internet of Things)実現のための少額決済に特化した仮想通貨

 

「IOTA(アイオータ)」の買い方・購入方法

この通貨は、現在国内取引所で購入することはできません。

購入するには、海外取引所「Binance(バイナンス)」から購入する必要があります。購入方法は以下の通りです。

  1. 国内取引所「Zaif(ザイフ)」「bitFlyer(ビットフライヤー)」などに登録でビットコインなど購入する
  2. 海外取引所Binance(バイナンス)に登録する((Binanceの登録・送金方法などこちら
  3. 海外取引所へビットコインなどを送金する
  4. 買いたい通貨を購入する

以上の手順を踏みます。国内取引所の登録が完了してれば30~1時間程度の作業で購入することが可能です。

「IOTA(アイオータ)」チャート・価格推移

出典:https://coinmarketcap.com/currencies/iota/

「IOTA(アイオータ)」を購入するならBinance

Binace(バイナンス)

おすすめポイント

  • 仮想通貨取引量世界7位!
  • 取扱い仮想通貨100種類以上!
  • 取引手数料0.1%!
  • ビットコインの分裂コインにも対応!

仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」は2017年7月に開設された中国の仮想通貨取引所です。日本語対応も開始しており、取引量も世界7位、取扱通貨も100種類以上と急成長してる仮想通貨取引所です!

また、取引手数料も0.1%と安く「メールアドレス」と「パスワード」だけで無料登録できます!(登録時間は1分程度)

公式サイトへ

仮想通貨取引量世界7位!

中国の仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」は2017年7月に開設された中国の仮想通貨取引所ですが、2017年11月時点で世界で仮想通貨取引量 ・流通量が7位と急成長をしている取引所になります!9月には日本語対応も開始してています!

取扱い仮想通貨100種類以上!

Binance(バイナンス)」の取扱い仮想通貨銘柄・種類は100種類以上になっています。国内で取扱数が最も多い「Coincheck(コインチェック)」でも13種類であり、その10倍以上のアルトコインなどを扱っています!

取引手数料0.1%

また、「Binance(バイナンス)」の取引手数料は、全て一律0.1%になっておりアルトコインも安く取引できるため、この点はおすすめです!

ビットコインの分裂コインにも対応!

Binance(バイナンス)」は、2017年11月25日にビットコインのハードフォーク(分裂)により誕生したビットコインダイヤモンド(BCD)の配布など、世界で最も早く配布対応をしており、今後も続くビットコインの分裂コインの配布にも対応してくれる可能性が高い取引所なっています!

公式サイトへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう