中国Alibaba(アリババ)が仮想通貨マイニングプラットホームを開始

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

中国Alibaba(アリババ)が仮想通貨マイニングプラットホームを開始

中国Eコマース、そして技術の大手Alibaba(アリババ)はひっそりと仮想通貨マイニングプラットホームを発動していると、不確定ではあるが現地メディアの報道でわかった。

Tencent Newsによると、Alibaba(アリババ)は2017の10月10日に「P2P Nodes」と呼ばれるプラットホームを南京の関連当局で登録したとのことだ。

「Alibaba(アリババ)は最近「P2P Nodes」という仮想通貨マイニング場を開始しており、利用規約内の規約によると、中心の動作環境はAlibaba East China Ltd.によるもののようだ。当会社は2017年10月10日に南京にて登録を済ませたという報告があがっている。」

と、荒い翻訳だが書かれている。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

Alibaba(アリババ)はマイニングプラットフォームをEコマース部門に取り入れる

このプラットホームが、既にユーザーを受け入れ始めているかはこの報道からは確認できない。

このニュースはcnLedgerにより初めて西洋の読者に公開され、本人によると、元の報道の翻訳を見る限り、Alibaba(アリババ)はマイニング施設をいずれEコマース部門に取り入れる可能性があるとメディアが煩瑣している模様。

別のTencent記事では、動作管理は第三者機関が行うと記されており、すなわちマイニング施設はクラウドサービスとして稼働し、ユーザーが会社からハッシュパワーを借りる形になると予想される。

この報道では、Alibaba(アリババ)は「とても慎重に」計画を進めており、ユーザーはAlipayを通して預金を引き出せるものの、マイニングしたコインを直接引き出すことはできないと、利用規約に明記されている模様。

先月ジャック・マーは「ビットコインはあまり自分に合わない。」と発言

もしこの報道が正しければ、Alibaba(アリババ)創立者のJack Ma氏の先月の、当社は仮想通貨には進出しないという発表を踏まえると、Alibaba(アリババ)の手のひら返しが確定する。

「我が社にはまだ早いと思います。」と彼は話し、会社は不換紙幣中心のフィンテック、Alipayなどに集中をすると加えた。

「ビットコインはあまり自分に合わない。」

中国の中央銀行は最近国内の仮想通貨業界の制限を強くしており、この報告の時期も注目すべき事実だ。

今月上旬、監督者が地方自治体やユーティリティ供給会社に対し圧力をかけはじめ、仮想通貨マイニング事業を感化の規制を呼び掛け、中国がこの発達中の業界に引き込まれるのを防止することを目指しているそうだ。

また、CCNの報道で、中央銀行の役員が、中国本土外部が拠点の仮想通貨取引場所へのアクセスを禁止する計画で、昨年始まった国内取引の廃止に続く集中型取引への規制の一環のようだ。

参照元

https://www.ccn.com/alibaba-quietly-launches-cryptocurrency-mining-platform-unconfirmed-local-report/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう