仮想通貨市場が急落し2日で30兆円が消えた/仮想通貨が暴落した3つの理由

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

仮想通貨が値崩れした3つの理由

「2日で30兆円が消えてしまった。」

今週の仮想通貨市場の崩壊は予期していた未来を無にし、多くの新規参入してきた投資家は胃をキリキリさせたことだろう。過去数ヶ月間、市場は混乱状態であったが、大部分の通貨は過去最高値に達した。

※レバレッジ取引・FX、また暴落時でも利益を出したい方は「GMOコイン」などに登録に登録しましょう。

GMOコイン無料登録はこちら

 

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

ドージコインでさえ高騰

しかし、技術開発の進んだものドージコインとニッチビジネスチャンスがあったものデンタコインには、一時10億ドルの価値がついた。そして、火曜日の朝から、価値は減少し始めた。

実際、そのようものはたくさん存在しており、大部分の仮想通貨は、水曜日まで2桁台の低下を続けている。 2つの最も人気のある仮想通貨であるビットコインとイーサリアムは、心理的な価格ラインを下回った(それぞれ10,000ドルと1,000ドル)。

そして、エンタープライズブロックチェーンのスタートアップRipple Inc.のネイティブ仮想通貨であるXRP(リップル)は、小口の投資家とスタートアップにコインを魅力的に見せ、1ヵ月の強気の買い相場の後、火曜日に約50%の価値を失った。

いつものように、仮想通貨愛好家はいわゆるガチホパターンを再現し、これが購入するのに最適な時期であることを広めるためにソーシャルメディアを利用した。

しかし、ここ4年以上にわたる浮き沈みを経験していない人は、市場が上昇している理由を知ってたとしても、何が起こったのか疑問に思うかもしれない。

そして、市場が水曜日の夜に入り回復し始めたということは、特定するのは難しいが、そこにここ2日の下げ相場となったイベントの合流点がある。

①中国・韓国などの仮想通貨取引規制のニュース

これまでの一般的な説明では、中国や最近の韓国の政府による強行姿勢により、多くの投資家が市場から逃たことになっている。

中国は過去に市場が落ち込む原因を作った。例えば、2013年中国人民銀行により決済会社がビットコイン取引を行うことを禁止した時、市場は下落した。

また、9月に中国がICOを禁止し、国内の仮想通貨取引を停止したが、市場は分散しており、元の値段に戻るのに時間はかからなかった。

月曜日に公開されたものでは、韓国の監督当局は、仮想通貨取引関係について綿密な調査を行い、匿名の取引口座に罰金を貸している。

将来のビットコインの価格に賭けることを可能にするゲームを設計した、リスク管理システムのRiskboneとLeveltradingfieldのCEO、Lanre Sarumi(ラネル・サルミ)は、厳格な規制のニュースは、「下げ圧をかける」と語った。

また、ニューヨークの投資銀行Canaccord Genuityのアナリスト、Michael Graham(マイケル・グラハム)は、「規制当局への不信感は、人々が慎重な物語を作成する助けをしている」と語った。

②個人投資家のパニック売り

次に、とても多くの専門家が仮想通貨市場の一部ととなっている。

サルミによれば、人口統計学的な変化が下落を促進する可能性がある。

その教養のある投資家による仮想通貨通貨への関心は、有益な発展として見られてはいるが、複雑なツールの使用によって価格に影響を及ぼすことは、仮想通貨業界の多く、特に初心者の個人投資家にとっては良いこととは言えないだろう。

例えば、より経験豊かな投資家は「ストップロスをサポートに置いている」とサルミ氏は語った。

ストップロスとは、ブローカーが特定の価格に達したときに資産を売却する注文である。

相当数の投資家が同じ価格を中心にストップロスを抱え、価格がその数を下回ると、その売り注文は、反対側の需要とは関係なく一気に置かれてしまう。

その急落により、市場が崩壊したかのように見え、パニック売りを引き起こす可能性がある。

サルミは続けた:

「これらのサポートが破られると、ストップオーダーが市場にあふれ、さらに下げ圧がかかってしまう。」

加えて、先月のCboeとCMEによるビットコイン先物の登場は、業界の成熟の兆しとして楽観視されていたが、先週の先物契約の期日はある恐怖の源となった。

先物商品は非常に新しく、デリバティブの開発は仮想通貨市場の成熟の鍵であるため、「最初の期日については緊張している」とグレアム氏。 「いくつかの期日をすぎれば、仮想通貨関連の人々に信頼を与えることができます。」 (今日、Cboeの最初のビットコイン先物契約は期日を迎えた。)

このように、市場をより安定に保つための機関投資家の数はまだ膨大ではない。

③取引所のインフラ負担

仮想通貨への関心の高まりは、市場のインフラにも大きな負担をかけている。

「ほとんどの企業が新しいユーザーの流入から起こる問題に直面している。そして、ほとんどの企業はそれにより大きな打撃を受けている」

とBitstampのCEO、Nejc Kodric(ネック・コドリック)は述べている。

1つは、いくつかの取引所が新しいユーザーの登録を中止したのだ。

例えば、Bitfinexは、既存の長期ユーザーベースの取引、サポート、および検証を維持するため、12月の間アカウント登録を一時的に閉鎖した。その後金曜日には、口座開設を再開したと発表した。

さらに、仮想通貨取引所Krakenを使用している多くのユーザーは、ソフトウェアのアップグレード(約2時間かかると考えられていた)が2日間続き、その期間の取引が中断された。

大部分のエコシステムはまだ新しく、問題が発生しやすいことは理解しているが、市場インフラがダウンすると、多くの人々は不安になってしまう。

それに加えて、BitConnectは、BCCトークンが問題を起こし、少なくとも一時的に現金を出すことができなったため、貸し出しと取引のプラットフォームを閉鎖したと発表した。

ここ数日での売りや傍観といった投資家の本能について話しているグラハムは、

「それらを集めて、市場の過熱と休憩を取る必要があるような物語を作るのは簡単です。」

と述べた。

参考: https://www.coindesk.com/three-possible-reasons-the-crypto-markets-tanked-this-week/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう