【ベネズエラ政府】石油関連の仮想通貨ペトロ・トークンのホワイトペーパーを否定

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!
【1位】Zaif(ザイフ)剛力彩芽起用CMスタート!手数料安さNo1!
【2位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位
【3位】GMOコイン リップル/ライトコイン購入におすすめ!

 ※【注意】絶対に複数取引所に登録して資産を分散しておきましょう!資産を失うリスクがあります!

【ベネズエラ】石油関連の仮想通貨ホワイトペーパーを否定

ベネズエラ政府は、石油を担保にした仮想通貨のホワイトペーパーの噂を、「虚偽の報告」として反対している。 南米諸国は、この嘘の情報がどのようなものであるかを正確には確認しなかったが、ベネズエラの仮想通貨資産とその関連する活動の監督局(先月最初に発表された作業を監督するために最近作成されたもの)は、ロイターに石油関連のホワイトペーパーを認めていないことを説明した。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
Zaif【コインチェックからの乗り換えにおすすめ!】取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト

ペトロ・トークンのホワイトペーパーへのリンクが存在

このホワイトペーパーはまだ公開されていないが、ベネズエラのニコラ・マドゥロ大統領は「すぐに」そうなるだろう、と言った。

およそ2週間前のレディットへの投稿では、このホワイトペーパーへのリンクが存在するという声もある。また、ベネズエラ政府がまだ確認していない文書だが、それが政府の公式ウェブサイトに現れたようだ。

このドキュメントは公式リリース前の初期バージョンであるかどうかはまだ分からない。

論争の的になっている「ペトロ・トークン(石油トークン)」は、先月発表されたが、何年もの不況の中で金融制裁を迂回するという目的がある。

ベネズエラの現在の通貨通貨であるボリバルは、最近政府が10万もの手形を発行したことによる、激しいインフレの影響を受けている。

しかし、この発案は、ベネズエラの政府、すなわちマドゥロ大統領に反対する政治勢力によって支配されている立法府の一部から批判を受けている。例えば、このコンセプトは、国会では「違法」と呼ばれているようだ。

参照元

https://www.coindesk.com/venezuela-pushes-back-against-white-paper-claims/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

国内取引所ランキング!(複数取引所登録は必須です)

【1位】GMOコイン - リップル/ライトコインを購入するならおすすめ!

※GMOコインならリップル・ライトコイン・イーサリアムなど複数通貨取引も簡単!レバレッジ5倍まで取引可能!

【2位】Zaif(ザイフ)- コインチェックからの乗り換えならザイフ

取引手数料の安さ日本一マイナス0.05%!ビットコインだけでなく、ネム(XEM)・モナコイン(MONA)を購入するならZaif(ザイフ)がおすすめ!

【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量世界一のbitFlyer(ビットフライヤー)。ビットコイン現物・FXならbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめ!レバレッジ最大15倍!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内仮想通貨取引所ランキングを全部見たい方はこちら