【SEC米国証券取引委員会】仮想通貨ETF取下げの理由を発表

▼DMMビットコインがスマホアプリをリリース開始!

仮想通貨の「現物取引」「レバレッジ取引」を一つのアプリに集約。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップルなど7通貨、全14銘柄(通貨ペア)の取引が可能!

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所
【3位】bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコインFX取引量世界1位

 

【SEC米国証券取引委員会】仮想通貨ETF取下げの理由を発表

規制当局から発行されたスタッフレターによると、仮想通貨に関連する上場投資信託(ETF)の上場を希望する企業は、米国証券取引委員会(SEC)の懸念事項によりその承認プロセスが遅れる可能性がある。

1月18日に2つの投資協会に応え、公開書簡はSECの投資管理部門のDalia Blass(ディレア・ブラス)ディレクターによって書かれました。

同部門は、仮想通貨関連の投資信託会社、ETFへの投資家からの関心が高まっている一方で、

「このようなファンドが個人投資家に提供される前に、重要な投資家保護に関する問題を検討する必要がある」

と述べている。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

バリュエーション、流動性、保管、アービトラージ、市場操作の問題

Blassディレクターによると、懸念事項は主に、バリュエーション、流動性、保管、アービトラージ、市場操作の5つの分野である。

例えば、スタッフレターで指摘されたように、SECは、仮想通貨価格のボラティリティと、ブロックチェーンフォークのような技術的な変化の中で、仮想通貨関連ETFがどのように公正に価格設定されるかを評価する必要がある。

さらに、流動性においては、そのような革新的な商品を個人投資家がどのように償還ができるかを検討しなければならないというもっとも重要な課題がある。

仮想通貨に投資するファンドを開始することは適切ではない

書簡からの引用、

「上記の質問に答えることができるようになるまで、仮想通貨および関連製品に投資するファンドの登録を開始することは適切ではないと考えており、ファンドの提供者に、提出した登録陳述書を撤回するよう頼んだ。」

Blassディレクターのコメントは、仮想通貨関連のETFを上場しようとしている企業からSECに提出されたものに対して出された。今月CoinDeskが報道したように、、規制当局の評価と流動性への懸念のため、これらの提出書類の一部は引き続き撤回されている。

昨年、SECはまた、ビットコイン投資家Cameron(キャメロン)とTyler Winklevoss(テイラー・ウィンクルボス)によって提案されたビットコイン関連商品の申請を却下した。

参照元

https://www.coindesk.com/sec-outlines-reasons-for-reluctance-to-list-cryptocurrency-etfs/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう