世界大富豪ウォーレン・バフェットが仮想通貨を買うとしたら/リップル(XRP)と4つのコイン

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

バフェットが仮想通貨を買うとしたら: Ripple(リップル)と4つのコイン

ウォーレン・バフェット氏はビットコインと仮想通貨に投資することは絶対にないと宣言しています。

彼はすべての仮想通貨が悪い結末になる可能性が高いと言いました。

このような言葉から、オマハの賢人には仮想通貨とそれが何を生み出すかに興味が無いことが考えられます。

Fortune Magazineの記事によると、バフェットは、ビットコインに賭けるための他の方法を見つけるかもしれないようです。

また彼は、「仮想通貨のすべてで5年のプットオプションを購入することができればうれしい」と述べています。

プットオプションとは、その価格が下がると儲かるような投資商品です。

この最後の声明から、私は、バフェットが仮想通貨について心の変化を起こしたら、どのようなコインを買うのか考えてみた。

以下のリストは、私がバフェット氏が所有しても良いと思うであろう5つのコインを予想し、まとめたものです。また、なぜそのコインを選んだかの理由も併記しておきます。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

1.Ripple(XRP)-リップル、エックスアールピー

リップル(Rippleは、明らかにバフェットが両足を突っ込むコインです!

なぜでしょうか?

まず、リップルのCEO、Brad Garlinghouse(ブラッド・ゲーリーハウス)は、自分のやるべきことを知っているようです。

多くの人は、彼の先見的なアイデアや未来の計画において、彼をAmazonのCEO、Jeff Bezos(ジェフ・ベゾス)と比較しています。

バフェット氏は、この比較をもとに、XRPの親会社であるRipple Labsのビジョンを信頼するでしょう。

それに加えて、Ripple Labsには、さまざまなバックエンドの送金サービスを利用したい銀行とのパートナーシップのリストがあります。

これは、それ自体が証明であり、バフェット氏が仮想通貨上で見たいと思うものです。 ビットコインが持つ弱点は、それが単なる価値の貯蓄だけになってしまっていることです。ウォーレン・バフェットは、実際に動いている製品やサービスを見たいと思っています。iPhoneやソーダのような有形のものです。(彼はAppleとCoca-Colaの両方に投資しています。)

バフェット氏がリップルを買う理由の3つ目は、現在の市場の修正のためです。今月16日にXRPが0.98ドルで取引されているのを見ましたが、12月中旬以来見たことのない価格になっています。

→XRPを購入するなら「GMOコイン

2.Ethereum(ETH)- イーサリアム

イーサリアムは、ビットコインに比べ、取引手数料の削減とトランザクションの高速化により、ユーザーを徐々に獲得しています。これにより、約1,345ドルの高値をつけました。

これは、バフェットがイーサリアムを購入して保持する理由の1つです。多くの人がそのトランザクションを利用しています。これにより、時間とともにその価値は評価されていくでしょう。

もう一つの理由は、最近の市場の修正です。

ETHはこれを書いている時点で881ドルで取引されています。今年一番のETHを買うタイミングです!

バフェットがETHを購入する第三の理由は…はい…そうです…管理チームです。

Vitelik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)が率いるファンデーションチームは、2013年にICOが始まってから、動き続けています。これは一貫性として良い指標であり、バフェットは一貫性を愛しています。

→ETHを購入するなら「Zaif ( ザイフ)

3.TRON(TRX)- トロン

私はオマハの賢人が買うと確信しているもう一つのコインはトロンです。

最初の理由は、そのコインの管理チームです。

トロンはジャスティン・サンが率いる優秀なチームで、ジャック・マーの配下にあると噂されています。これに加えて、TRON(トロン)は2018年にいくつかの大きなパートナーシップを結んでいます。 TRON(トロン)がバフェットの心に浮かぶ2番目の理由は、現在の価格です。

TRXは過去2日間で約0.04ドルに落ちました。これは購入し数年間HODL(ガチホ)良いタイミングです。

TRXの価格は12月にどうなっているでしょうか?

最終的な理由としては、バフェットはそのコンセプトに興味があります。 TRONチームには、ウェブサイトとtwitterで表明した通り、2018年に向けての明確な目標を記した非常に精巧なロードマップがあります。

→TRXを購入するなら「バイナンス(Binance)

4.Stellar Lumens (XLM) – ステラ、ルーメン

今までのすべてのコインと同様に、XLMは、現在の低価格と、若干未知ではありますがその管理チームの存在でリストに入れました。

このコインにバフェットが興味を持つ最大の理由はおそらく、Stellar(ステラ)の目標がオープンソースであること、そして、実生活の経済問題を解決する助けとなることだからです。

私がXLM(ステラ)について多くのことを学んだとき、私は、世界が効率的な経済システムの中で平等な権利を持つバラ色の場所のようになればという考えを持ちました。その目標は人類のすべてに利益をもたらすことです。

以上の理由から、私はXLMがバフェットの慈善活動の性質と社会の改善に沿っていると考えています。そして彼はコインを購入し、おそらく彼は購入したコインの一部を慈善団体に寄付するでしょう。

→XMLを購入するなら「バイナンス(Binance)

5.Crypterium(CRPT)- クリプタリウム

クリプタリウムはこのリストの中では変化球と言って良いでしょう!

なぜでしょうか?

それはちょうどICOが完了したところで、Crypterium(クリプタリウム)のコインはどの取引所にも配布されていないからです。

ICOの参加者のみが、ERC20(イーサリアムのトークンの一つ)互換のウォレットに安全に保管しています。

もしあなたがCrypterium(クリプタリウム)に興味がわいてきたとしたら、あなたは私と同じタイプの仮想通貨忍者(Crypto ninja)です!

そうでない場合は、続きを読んでください…

このICOはインターネット上で数々の衝撃をうんでおり、Crypto-Verseはそれまでに見たことがないCrypto Currency Bankingを約束しています。スーパースターの経営陣が運営するCrypterium(クリプタリウム)は、仮想通貨の所有者が、金銭の使用と同じように簡単に商品やサービスの購入できるようにしたいと考えています。

Crypterium(クリプタリウム)のチームは、支払いのためのモバイルアプリを開発しようと考えています。それは、仮想通貨関連ソフトのApp Store、ブロックチェーンベースのローン、法定通貨のレジシステムのような販売管理システムなどがあります。

オマハの賢人は、パーソナル・コンピュータのアイディアを見捨てたことを認めた。

ウォーレン・バフェットが伝統的で安定していると考えているのとは対照的であるかもしれませんが、オマハの賢人はかつて彼が1991年にビルゲイツのパーソナル・コンピュータのアイディアを見捨てたことを認めました。

そして2人の億万長者が、お互いの友人を通して、彼らが最高の仲間になるとは思っていませんでした。

ウォーレンがCrypterium(クリプタリウム)を「特定の方法で」紹介された場合、それを受け入れる可能性があります。

最後に、この記事はオマハの賢人が仮想通貨を受け入れたら、という仮説的な状況に基づいています。

このようなことが起こる可能性は非常に低いですが、仮想通貨がバフェットのような信頼できる投資家からの大きな支持を得ることを願っています。

参照元

https://www.theindependentrepublic.com/2018/01/17/ripple-xrp-and-4-other-coins-バフェット氏-would-buy/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう