【公式ブログ翻訳】Ripple(リップル)従業員紹介: シニアディレクター「ラゴー・バトゥラ」

▼当サイトで申込みが多い国内取引所はこちら!(複数取引所に登録して資産分散しておきましょう!)

【1位】GMOコインレバレッジ取引やリップル、ライトコイン購入におすすめ!
【2位】bitbank(ビットバンク ) リップル取引量No1高セキュリティ仮想通貨取引所

 

リップル従業員紹介: シニアディレクター「ラゴー・バトゥラ」

※この記事は、リップル公式ブログで掲載された内容を翻訳しています。

リップル(Rippleの成長と成功は、同社で働く明るく元気な人々の勤勉さのおかげです。

リップルのエンジニアリングチームは、国境を越えた支払いを改善するソリューションを開発するうえで重要であり、最近、エンジニアリングの上級ディレクター、ラゴー・バトゥラが加わり、グローバルな決済領域でのさらなる革新を推進します。

この従業員のスポットライトでは、Battulaはなぜ彼が同社に入社したか、そしてリップルでの彼の役割において最も楽しみにしていることを詳しく聞いていきます。

※時間がなく全文の記事が読めないけどリップルを今すぐ買いたい!という方は、「GMOコイン」「ビットバンク(Bitbank)」で購入しましょう!

GMOコイン無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

 順位取引所特徴公式
GMOコイン リップル・ライトコインを購入するならGMOコイン!公式サイト
Bitbank高セキュリティ取引所/リップル取引量No1公式サイト
bitFlyerビットコイン取引量世界一/FXの最大レバレッジ15倍公式サイト

Q:なぜリップルに入社したのですか?

ラゴー・バトゥラ:デジタル経済には多くの革新があり、消費者の視点から多くのクールなことが起こっています。

国内決済の分野でも多くの革新がありましたが、クロスボーダー決済をリアルタイムで送信することは、依然として革新を必要とし、解決すべき難しい問題です。

Brad Garlinghouse(ブラッド・ゲーリングハウス)(CEO)と会い、彼のビジョンを聞いた後、リップルは本当に素晴らしいことをしているのだとはっきりと分かりました。実際には、これは私の人生でこれまでにやった仕事の中で最も変革的な仕事であり、この旅の一員になれることを光栄に思います。

Q:リップルで働いている中で最も驚いたことは何でしたか?

ラゴー・バトゥラ:最も驚くべきことは、企業や金融機関が持っていた考え方と、当社の技術と製品ソリューションを採用しようとするマインドセットの転換です。

それは本当に良い方法で非常に驚くべきことでした。私はとても興奮しています。

顧客は当社の技術を採用し、当社のソリューションを使用することを非常に望んでくれています。彼らは、私たちがやっていることの価値を理解してくれています。

さらに、私の仲間たちは非常に賢明で非常に謙虚で、私たちの価値は仲間であると言っても過言ではありません。

Q:これまでのあなたのキャリアにおける最大の成果について教えてください。

ラゴー・バトゥラ:私のキャリアを振り返ってみると、個々のパーツよりも全体の合計としてどうなったかの方が大事だと思っています。しかし、イントゥイット、ペイパル、アップルなどのテクノロジー企業で働いたことは私にとっての最大の成果です。

各社では、モバイルウォレット、金融プラットフォーム、消費者向けおよびエンタープライズアプリケーションなどの革新的な消費者向けの製品を開発したチームの一員でした。

しかし、もし私がどれか1つを選ぶなら、イントゥイットでの仕事が最もエキサイティングでした。 イントゥイットの財務データプラットフォームを構築したエンジニアリングチームを組織しました。 Mint、Quicken、QuickBooks、TurboTaxなどの製品は、毎日何千もの金融機関のプラットフォームで毎日使用されています。

それは、非常に通信量が多いシステムです。私たちは多くの銀行と一緒に仕事をしたので、私自身は銀行業界に身をおいていると思っています。

Q:2018年のエンジニアリングにおける3つの優先事項は何ですか? また、チームリップル全体で、それはどういう意味を持ちますか?

ラゴー・バトゥラ:No.1の目標は、企業の顧客ニーズを満たし、スムーズな体験を提供するために、RippleNetとxVia、xCurrent、xRapidの背景にあるコアの部分を迅速にスケールアウトすることです。

私たちはこれを、拡張性が高く、迅速で信頼性の高い方法で構築しています。

No.2は多くのスマートな人を雇うことです。私はスケーラブルな金融システムを構築した経験のあるエンジニアを雇うことを考えています。

私たちが急速に成長している中でのNo.3は、文化です。

大きなリップルファミリーを構成する中心となる価値を維持することが重要です。エンジニアリングの観点からは、これはブロックチェーン領域の急速な変化と急速な技術革新を継続し、新しいアイデアを試していくことを意味します。

Q:今年はどのような課題に取り組もうとしていますか?

ラゴー・バトゥラ:私たちはアーキテクトとデザインで挑戦をしています。

飛行機が離陸している間に滑走路を建設しているように感じるでしょう。しかし、我々がこの挑戦をする中で、より多くのことをやってみたいのです。同時に、我々は顧客に利益をもたらす拡張性の高いRippleNetプラットフォームを構築していきます。

私たちは、引き続き顧客にスムーズな体験を提供することに注力していく必要があります。これは技術的な課題であり、エンジニアリングで立ち向かっていきたいことです。

Q:ノンエンジニアからのエンジニアリングに対する最大の誤解は何ですか?

ラゴー・バトゥラ:私の経験ですが、エンジニア以外の人が、問題を定義するのではなく解決策を定義する傾向があることが最大の誤解です。

私がオススメしたいのは、エンジニアが顧客の靴で歩けるようにし、「問題の定義」をエンジニアに提出し、より多くの質問をできるようにすることです。これにより、エンジニアはより良い解決策を見出し、エンジニア以外の者がエンジニアに問題の解決を依頼しないという一連の問題を解決することができます。

Q:仕事の中で最も楽しいものは何ですか?

ラゴー・バトゥラ:仕事で楽しい部分は、私たちの製品が顧客に使用されているのを見ることです。エンジニアリングを使って、革新的かつ問題解決のための製品とソリューションを考え出し、お客様が当社の製品を使用して気に入ってくれることが生きがいです。

顧客が製品を気に入ってくれた時が、エンジニアにとっての至福のときです!

また、リップルでの作業は本当に楽しいです。仕事、仕事、仕事だけではなく、社会的な出来事がたくさんあります。たとえば、ワイン・クラブ、ヨガ・クラブ、サッカー・マッチ、多くのチーム・アクティビティがあります。

Q:リップル社の従業員が、エンジニアリングチームと作業の詳細を知りたい場合、どのようにすれば良いでしょうか?

ラゴー・バトゥラ:私に直接聞きに来てください。私たちは多くのミートアップを企画し、より多くのエンジニアリング中心のブログを公開しています。すべてのブログ記事はリップルのウェブサイトに掲載される予定です。これは私たちが改善できる分野であり、人々が私たちに興味をもち、私たちがしていることを理解してもらえるようになりたいと思っています。

リップル最新ニュース一覧へ

参照元

https://ripple.com/insights/ripple-employee-spotlight-raghu-battula-sr-director-of-engineering/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう